野球トリビア厳選ベスト18「ピノの一塁到達タイムは2.5秒」

野球情報
スポンサーリンク

野球トリビア厳選まとめ。ポテンヒットの正式名、ゴロ・ゲッツーの語源(由来)、東京ドーム使用料金、沢村賞はサイヤング賞よりも前に存在した!?現在のプロ野球中継でもお決まりとなっている「センターバックスクリーン(横)からのカメラアングル」はテレビ東京が発祥!?

野球トリビア

【1. ポテンヒットの正式名】
日本では打球がフラフラと上がり、野手の間にポトリと落ちるヒットを「ポテンヒット」と呼ばれるが、
正式には「テキサス・リーガーズ・ヒット」という。

由来は、その昔に
「テキサスリーグ所属の選手がよくポテンヒットを打っていたこと」、
「テキサス独特の風がポテンヒットを生みやすい状況である」
というのが由来とされている。

 
【2. ゴロの語源】
日本では転がる打球の事を「ゴロ」と呼ぶ。
ゴロの語源(由来)は諸説あるが、有力とされるのが、
英語でゴロの事をグラウンダー(grounder)
と呼ぶ事から、groをグロと略し、最終的には
ゴロに定着したという説がある。

他の説としては、
昔は丸い石の事を「ごろた石」と呼び、ごろた石が転がるありさまを「ゴロ」と呼ぶ省略説、
乱雑な様子を表す「ごろちゃ」から「ごろ」と呼ぶ省略説がある。

 
【3. ゲッツーの語源】
ゲッツーの語源は「ゲットツーアウト」の略。
※「ゲッツー」=和製英語

ゲットツーアウト → ゲットツー → ゲッツー
と言ったところだろうか。

 
【4. ラッキーセブンの語源】
「ラッキーセブン」とは19世紀のアメリカの試合で7回の攻撃でバッターが打ち上げた平凡なフライが、風に運ばれスタンドに入りホームランになり、「lucky seventh」と呼んだ事が由来とされる。

 
【5. 野球に関する記念日】
野球にはあまり知られていないような「記念日」がある。

例えば、2月5日は「プロ野球の日」。
なぜ2月5日なのかという理由は、全日本職業野球連盟を結成した日にちが、1936年2月5日だったから。当時のチーム数は「7」であった。

・東京巨人軍(現 読売ジャイアンツ)、
・大阪タイガース(現 阪神タイガース)、
・名古屋軍(現 中日ドラゴンズ)、
・阪急(現 オリックスバファローズ)、
・大東京軍(後の松竹ロビンス、現在は消滅)
・東京セネタース(名古屋金鯱軍と対等合併、後に大洋軍を結成)
・名古屋金鯱軍
(大洋軍(西鉄軍)=現在の埼玉西武ライオンズの母体となった球団)

※その他野球に関連する記念日一例
ベースボール記念日:6月19日
野球の日:8月9日
プロ野球ナイター記念日:8月17日
プロ野球誕生の日:12月26日

 
【6.バッテリーの日】
バッテリーの日は12月12日。
野球の守備位置で1を投手、2を捕手と表し
投手と捕手を「バッテリー」と呼ぶ事が由来となっている。

ちなみに、
11月11日は「電池の日」
数字の11を漢数字で書くと「十一」
これを乾電池のプラス極とマイナス極に
見立てた記念日である。

 
【7. ハーラーダービー】
投手の最多勝争い=ハーラーダービーの「ハーラー」とは
英語の「hurl (投げつける) 」の意味から
hurler (投手)
derby (競うこと)
となっている。

ハーラーダービーという言葉が日本で本格的に使われだしたのは戦後で、プロ野球が再開された1946年頃だという。

 
【8. 東京ドーム使用料金】
東京ドームの使用料金は2時間20分の利用で
平日であれば、35万円 (午前・午後)
休日は45万円 (午前・午後)
夜間での使用 (17時以降)は +10万円 となる。

オールナイト (23:30~5:00) は80万円
その他オプションとして
電工掲示板 (1試合14万円) 等がある。

※初回投稿2014年

プロ野球雑学

【9. 沢村賞はサイヤング賞よりも前に存在した】
沢村賞は1947年に導入。
一方、サイ・ヤング賞は1956年からと「沢村賞」の方が歴史は長い。

サイ・ヤング賞とは
メジャーリーグで活躍した名投手サイ・ヤングの功績を称え設けられた。

シーズンで最も活躍した投手に贈られる、とても名誉ある賞。

 
【10. テレビ東京が発祥のカメラアングル】
現在のプロ野球中継でもお決まりとなっている
「センターバックスクリーン(横)からのカメラアングル」。
実は、このアングルはテレビ東京が発祥(初)と言われている。
理由は、プロ野球中継をする際、他局では複数のカメラで中継をするのに対し、テレ東では他局に比べ、お金がなく「バックスクリーンのカメラ1台のみ」で中継をしていた時代があった。
その結果、「バックスクリーンからのアングル」が
各局でも広まっていき、現在の野球中継のお決まりのアングルへと変化していった。

 
【11. 降雨コールドゲーム】
プロ野球の試合の途中に大雨が降り、審判が試合を打ち切ることを「降雨コールドゲーム」という。

5回裏まで終了していれば試合は成立するが、
過去には濃霧や日没という珍しい理由で試合が打ち切られた事もあった

 
【12. プロ野球選手はバイク禁止】
基本的にプロ野球選手はバイクに乗ることを球団が禁止している。理由はバイクは危険だから。(プロ野球選手は身体が資本であり、万が一事故になった場合ケガなどを恐れがある)

スポンサーリンク

ただし前例(例外)があり、
元近鉄のタフィー・ローズ選手がバイクに乗って球場まで行っていたと言う話もある

サイレントトリートメント

【13 .サイレントトリートメント】
本塁打を放ち、ベンチへ戻ると、監督、コーチ、選手たちが無反応。

本来であればホームランを打った選手を祝福をするのを、あえて一旦無視をし、その後祝福をするという行為「サイレントトリートメント」。

メジャーリーグで話題となり、その後、日本のプロ野球でもみかけるようになった。

過去には前田健太投手や大谷翔平選手も歓迎を受けた。

そもそも、
「サイレントトリートメント」とは
本場メジャーリーグではどのような選手が対象かご存知だろうか。

それは、
メジャーリーグで初ホームランを打った選手が受ける、MLB独特の「新人歓迎の儀式」。

日本のプロ野球ではヤクルトに復帰した青木宣親外野手がサイレントトリートメントを受けていたが、
本場MLBの「新人」という条件には当てはまらないが、話題となった

鉄人・金本の連続試合出場が途切れた意外な理由

【14. 鉄人・金本知憲】
金本知憲選手の連続試合出場数は1766。
実は、この連続試合出場記録は
「意外な出来事」で途切れてしまった事をご存知だろうか。

その意外な出来事が起きたのは
2011年4月15日の中日戦(ナゴヤドーム)。

1998年7月から続けてきた連続試合出場「1766」が途切れた理由は、
一塁走者「俊介の盗塁失敗」。

金本は八回2死一塁から代打で登場したが、
金本の打席での2球目に一塁走者の俊介が盗塁失敗。

ルール上、打席に立ったことで出場自体は認められるが、
打撃の完了に至らず、その裏の守備につかなかったため、
野球規則の連続試合出場の条件を満たせず、記録は思わぬかたちで途切れてまった。

 
【連続フルイニング出場】
プロ野球記録の連続フルイニング出場1492は
前年の2010年4月に途切れた

野球実戦知識

【15. 変化球トリビア】
変化球の球種の数は、一説によると、140種類以上といわれている。

「フォーク」と「スプリット」は呼び方が違うだけで、全く同じボール。
※そもそも「フォーク」は和製英語である為、ストレートを直球(真っ直ぐ)と呼ぶかストレートと呼ぶかの違いに似ているかもしれない。

投手がフォークといえばフォーク。スプリットといえばスプリットという事なのだろう。

昔はボールを人差し指と中指で挟み、落ちるボールといえばフォークが一般的だったが、最近ではスプリットと変換されている事が多い。

フォークを武器に、アメリカに渡った上原浩治投手を例にすると、かつては「フォーク」と言われていたのが、最近では「スプリット」と呼ばれる事が多い。

※フォークボール=和製英語
※スプリッド= split fingered fastball (スプリッド・フィンガー・ファスト・ボール)

困ったら原点とは

【16. 困ったら原点】
野球の投手の「原点」とは
「外角低めのストレート」のこと。

これは名将・野村克也監督の考えとして有名である。

つまり、ピッチャーの基本は「外角低めのストレート」(困ったらアウトロー)と野村監督は何度も語っています。

野球は投手

【17. 野球は「投手」】
これは一概には言えませんが、
ノムさんも『野球は投手』、『投手と捕手で8割』などと語っています。

他にも「投手が9割」や「プロや大学は5~6割」
などの見方もあるようです。

結論としては
投手と捕手(リードを含む)は
勝敗に大きく関わっている事は間違いありません

ピノの一塁到達タイムは2.5秒

【18. ピノの一塁到達タイム】
ナムコの大ヒット作、野球ゲームの代表格として挙げられるほどの名作ファミスタこと「ファミリースタジアム」。

そんなファミスタの中の選手で一番人気、パッと名前を思い浮かべる選手と言えば「ピノ」ではないだろうか。

プロ野球でも俊足の選手のあだ名がピノだったりする程、ピノの知名度は広く浸透しています。

そんなピノの
一塁到達タイムは驚異の2.5秒!!

と言っても速いのか、どのくらいなのか、数字だけではあまり良く分からないという人も中にはいると思いますので、具体的な例を紹介。

 
【MLB一塁到達タイムランキング】
MLB一塁到達タイムランキング(2016)。
このランキングではバント以外で打席から一塁まで全力疾走した際の「平均タイム」を算出。

※2016年に最低75打席で全力疾走した選手を対象にデータ化し、ランキングにしている。

1位はロイヤルズの「ビリー・バーンズ」外野手の3.83秒

5位はマーリンズのイチロー外野手の3.94秒だった。

関連記事 
▼MLBスタッツキャスト(2016)
野球走塁俊足データ「MLB一塁到達タイムランキングTOP5」

この結果から
ピノの一塁到達タイム2.5秒は「現実では不可能」という結論となる

※ピノの一塁到達タイムは(約)2.5秒。シリーズやレベルによって多少異なる場合もある



スポンサーリンク