野球ルール「ダートサークル」の意味、振り逃げとの関係とは

野球実戦(実践)知識
スポンサーリンク

【野球】意外と知らない「ダートサークル」がある理由。さらに、(プロでも)振り逃げで必ず出塁できる方法をまとめて紹介。ダートサークル=和製英語であり、英語では「Dirt Cutout」と呼ばれている※野球実戦(実践)知識・野球ルール・頭脳プレー

ダートサークルの意味

「ダートサークル」をご存知だろうか。

ダートサークルとは
バッターボックス(ホームベース)の周りにある「円」の事

野球場ダートサークル

「ダートサークル」=和製英語であり、
英語では「Dirt Cutout」と呼ばれている。

では野球経験者でもあまり知られていないであろう「ダートサークル」の意味
(ダートサークルがある理由)を知っているだろうか。

ダートサークルの意味、それは
「振り逃げの権利がある打者が、サークルの外に出ると自動的にアウトになる」

と言うもの。

ではなぜ野球経験者でも知らない人がいるのか、
その理由は、まずこの権利を使用したケースに遭遇しないからとも考えられる。
振り逃げの権利があるのにサークルの外に出て自動的にアウトになるという事は怠慢プレー(たいまんプレイ)と思われ、交代させられてしまうような行動である。

相手の送球ミスやエラーで出塁できる可能性がゼロではない状況でサークルから出るような選手は、まずいないはずである(大量リードや特殊な状況を除く)

つまり、
ダートサークルは「あって無いようなもの」と思う人もいるのではないだろうか

スポンサーリンク

振り逃げで必ず出塁する方法

(ジッセンで試すか試さないかはアナタ次第ですが)
振り逃げで「必ず」出塁する方法を紹介。

条件は3つ。

1.「振り逃げが出来る」状況

2.キャッチャーが絶対に取れないような暴投(大暴投またはそのようなボール)を投手が投げた

3.「わざと」振り逃げをしてもセーフになれる球場である
※草野球や少年野球で使用されるバックネットが近かったりする球場は自己判断で(そのような球場では100%成功とはいいきれません)

 
以上の1~3の条件をクリアし、捕手の肩なども含めて改めて振り逃げで出塁できると確信すれば「わざと」振り逃げをする

すると簡単に出塁となる。

このようなケースになる事は少ないかとは思いますが、知っておいて損ではない。

※ただし、フルカウント(3ボール2ストライク)では無理に振り逃げをしなくてもフォアボールで出塁できると判断した場合は、そちらで出塁をする

『プロではそんなケースないだろう』という声も聞こえてきそうだが、伝説的な大暴投が過去に起こっている。
「(プロでも)振り逃げで必ず出塁できる方法」、具体的な例(サンプル動画)は以下の通り

【歴史的大暴投・巨人澤村】

2016年9月4日
巨人 – 中日戦(東京ドーム)
投手:澤村拓一
打者:高橋周平



スポンサーリンク