中日ドラゴンズ情報。鳥山明は中日ファン。厳選トリビア

スポンサーリンク

【中日ドラゴンズ】ファン・OB厳選まとめ。鳥山明は中日ファンで、ドラゴンボールの作品名の由来は「ドラゴンズのボール」から。本人も「生まれも育ちも名古屋。当然、ドラゴンズファン」と語っている。その他にも、スピードワゴンの井戸田潤、レジェンド山本昌投手情報など

鳥山明は中日ファン

ドラゴンボールの著者である鳥山明氏は
愛知県名古屋市出身。

地元愛知県名古屋市に本拠地を置く
プロ野球チーム「中日ドラゴンズ」のファンである。

本人も
「生まれも育ちも名古屋。当然、ドラゴンズファン」
と語っている。

 
【ドラゴンボールの作品名の由来】
「ドラゴンボール」の作品名の由来は
「ドラゴンズのボール」からと言われる。

 
【代表作】
「ドラゴンクエスト・シリーズ (キャラクターデザイン) 」や
「ブルードラゴン」などドラゴン関連の作品や
キャラクターが数多く登場している。

鳥山明の代表作でもある
「ドクタースランプ」では
竜(ドラゴン) が中日ドラゴンズのユニフォームを
着ているシーンがあります。

スピードワゴン井戸田

中日ファンとして知られる
お笑い芸人、スピードワゴンの井戸田潤氏。

Twitterでは、野球・中日ドラゴンズ情報も数多くツイート。
ドラゴンズ愛がツイートから伝わってきます。

 
【井戸田潤】

愛知県小牧市出身
愛知県立小牧工業高等学校卒業

父親は、元愛知県小牧市議会副議長の井戸田富隆 氏。

元妻は安達祐実

レジェンド・山本昌

【来季50歳「9割方引退でしょう」】
2014年11月5日
自身最後の契約更改交渉は、
現状維持の4000万円でサイン。

契約更改の席上で落合GMから
「50(歳)まで頑張れ。給料は変えないから」
と、口約束したことを明かし、
「契約書よりも口約束の方が重かった」と語った。

本人は「9割方引退」とも語っているが、
「優勝に貢献できれば考えます。すべて結果です」
と成績によっては現役続行もあり得るとしたが、
15年10月7日が公式戦最終登板となった。

 
【山本昌プロフィール】
山本昌(やまもとまさ)
本名:山本昌広(やまもと まさひろ)
1965年8月11日
東京都大田区生まれ
神奈川県茅ヶ崎市出身
186cm 87kg
左投左打
投手

日本大学藤沢高等学校
83年ドラフト5位で中日入団
中日ドラゴンズ (84~15、16)

スポンサーリンク

初出場:1986年10月16日
最終出場:2015年10月7日(公式戦)
引退試合:2016年3月5日

現役期間は32年
実働29年間で通算219勝
NPB史上最年長試合出場、最年長勝利投手などの記録をもつ。

山崎武司・番組企画

お笑い芸人コンビ・マテンロウのアントニーが
自身のインスタグラムに
TBS水曜日のダウンタウンの番組(ホームランバー企画)で共演した、
元プロ野球選手で中日OBの
「山崎武司」氏との画像を投稿した。




 
ホーム ページトップ  

スポンサーリンク