楽天来季2020開幕予想スタメンオーダー、野手戦力データ

楽天
スポンサーリンク

【東北楽天ゴールデンイーグルス】「やる気マックス!イーグルス!」ロッテとの4対3大型トレード(!?)に、牧田に、ロメロ…読売顔負け・大補強の2020年開幕予想スタメンオーダー、外国人枠予想、開幕戦データ、個人的オーダー&戦力評価、年齢・血液型・出身地、データ(予測)等まとめて紹介

楽天2020予想スタメンオーダー

東北楽天ゴールデンイーグルス2020開幕予想スタメン
1.(左)(島内宏明△)
2. 遊 茂木栄五郎△
3. 二 浅村栄斗
4. ― ブラッシュ
5. ― (ロメロ)
6. ― 鈴木大地△
7.(一)銀次△
8. 捕 ― ― ―
9.(中)(辰己涼介△)

※△は左打ち、■は両打ち
鈴木大地、ロメロは20年新加入
赤字は2020東京オリンピック(侍ジャパン)代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性あり、は穴と予想(赤字=本命、オレンジ=対抗、緑=穴)

 
【三木肇新監督】
来季の楽天・一軍監督には平石洋介前監督にかわり三木肇氏が就任。
その為、
 大幅なオーダー変更の可能性も考えられる(選手・打順・守備・起用法など) 

 
【鈴木大地を獲得】
ロッテから国内フリーエージェント権(FA)を行使した鈴木大地選手が楽天へ移籍。
FA宣言後の残留を認めていたロッテ、巨人との争奪戦も
推定年俸4年総額7億円の条件で楽天入りとなった。

鈴木は内外野を守れるユーティリティープレイヤー。
さらに2014年から17年までチームのキャプテン、
19年には選手会長を務めた「キャプテンシー」にも注目だ。

キャプテンシー:キャプテンとしてチームを統率する力(指導力)

楽天2020外国人枠予想

投手野手
ブセニッツブラッシュ
(宋家豪ソン チャーホウ)(ロメロ)
– – –(ウィーラー)

※外国人枠は4

楽天今季開幕スタメン

楽天2019開幕オーダー
1.中 田中和基 (25)■
2.遊 茂木栄五郎 (25)△
3.二 浅村栄斗 (29)
4.左 島内宏明 (29)△
5.三 ウィーラー (32)
6.一 銀次   (31)△
7.指 ブラッシュ (30)
8.捕 嶋基宏  (35)
9.右 オコエ瑠偉 (22)
今季開幕一軍メンバー(野手)

【捕手】
37 嶋基宏  (35)
44 足立祐一 (30)

【内野】
3 浅村栄斗 (29)※New
5 茂木栄五郎 (25) △
6 藤田一也 (37)△
26 渡辺直人 (39)
33 銀次   (31)△
40 ウィーラー (32)※
66 村林一輝 (22)

【外野】
7 辰己涼介 (23)△※
9 オコエ瑠偉 (22)
25 田中和基 (25)■
35 島内宏明 (29)△
49 橋本到  (29)△※
69 ブラッシュ (30)※

※△は左打ち
※■は両打ち
※浅村、ウィーラー、辰巳、橋本到、ブラッシュは19年新加入

楽天今季CSスタメン

【楽天2019スターティングラインナップ(比較)】

打順開幕戦CS初戦CS第3戦
1(中)田中■(左)島内△(左)島内△
2(遊)茂木△(遊)茂木△(遊)茂木△
3(二)浅村(二)浅村(二)浅村
4(左)島内△(指)ブラッシュ(指)ブラッシュ
5(三)ウィーラー(一)銀次△(一)銀次△
6(一)銀次△(右)渡邊△(三)藤田△
7(指)ブラッシュ(三)ウィーラー(右)渡邊△
8(捕)嶋(捕)足立(捕)太田
9(右)オコエ(中)オコエ(中)辰己△

赤字は2020東京五輪代表候補と予想 (赤字=本命、オレンジ=対抗、=穴)

※開幕戦=3月29日
※CS初戦=10月5日
※CS第3戦(楽天最終戦)=10月7日

今季CS第3戦ベンチ入りメンバー(15名)
対ソフトバンク先発:高橋礼

【投手(8名)】
宋家豪
森原康平
青山浩二
高梨雄平△
松井裕樹△
ブセニッツ
安樂智大
辛島航△

【捕手(2名)】
足立祐一
堀内謙伍△

【内野手(2名)】
村林一輝
ウィーラー

【外野手(3名)】
下水流昂
フェルナンド
オコエ瑠偉

ロッテと楽天4対3トレード!?

ロッテは楽天から4名(美馬、ハーマン、小野、西巻)の選手を獲得。
一方で楽天はロッテから3名(鈴木大地、涌井、酒井)の選手の入団が決まり、
結果的に
 ロッテと楽天との間で4対3の大型トレード のようなかたちとなった。

(ロッテ:美馬、ハーマン、小野、西巻)
(楽天 :鈴木大地、涌井、酒井)

美馬学投手FA
ハーマン投手自由契約
小野郁投手人的補償
西巻賢二内野手戦力外
鈴木大地内野手FA
涌井秀章投手金銭トレード
酒居知史投手人的補償

楽天からロッテへ移籍した西巻賢二内野手は
高卒2年目・20歳で戦力外となった。

西巻は2017年ドラフト6位で楽天入団。
プロ1年目から一軍で25試合に出場。
打率.247 (77-19)の成績を残し、
U-23W杯日本代表にも選ばれていた。
しかし、今季プロ2年目は(茂木の復帰・レギュラー定着などがあり)出場機会に恵まれず、
一軍での出場は2試合のみ。

楽天2019ドラフト指名選手

楽天は東北(岩手)出身の怪物・佐々木朗希投手のハズレ1位として
大阪ガスの小深田大翔内野手を指名。
2位には智弁和歌山高の黒川史陽内野手を指名するなど
今年のドラフトでは「野手」の補強が目立った。

×(外れクジ)佐々木朗希投手大船渡高
1位小深田大翔△内野手大阪ガス
2位黒川史陽△智弁和歌山高
3位津留崎大成投手慶大
4位武藤敦貴△外野手都城東高
5位福森耀真九産大
6位瀧中瞭太Honda鈴鹿
7位水上桂捕手明石商高
育成1位江川侑斗大分高
育成2位小峯新陸△鹿児島城西
育成3位山崎真彰△ハワイ大
育成4位澤野聖悠△誉高

※投手の場合△は左投げ
※打者の場合△は左打ち

 
【石井GMの隠し球・山崎を逆輸入】
楽天は育成ドラフト3位にサプライズ指名として、
米ハワイ大の山崎真彰やまざき まあきを指名。
山崎は東京学館浦安高卒でOBには石井一久GMがいる。
※同校出身のプロ野球選手は石井一久GM以来2人目

年俸:300万円(+支度金300万円)
背番号:140
※金額は推定

指名:7人 ※育成除く
合計:11人 (育成4人含む)

スポンサーリンク

【投手野手別】
投手:3 (1)
野手:4 (3)

【ポジション別】
投手:3 (1)
捕手:1 (1)
内野:2 (2)
外野:1

【投手左右別】
右投げ:3
左投げ:0 (1)

【野手左右別】
右打ち:1 (1)
左打ち:3 (2)

※()内の数値は育成契約選手

年齢・血液型・出身地データ

選手名年齢血液型出身地
島内宏明30B石川
茂木栄五郎26O東京
浅村栄斗30O大阪
ブラッシュ31不明アメリカ
銀次32A岩手
ウィーラー33不明アメリカ
鈴木大地31O静岡
辰己涼介24A兵庫
オコエ瑠偉23O東京

※年齢=2020年の満年齢

楽天2020個人的オーダー

個人的な楽天イーグルス2020オーダー
1.遊 茂木栄五郎△
2.二 浅村栄斗
3.右 ブラッシュ
4.指 ロメロ
5.三 鈴木大地△
6.左 島内宏明△
7.一 銀次△
8.捕 (併用)
9.中 辰己涼介△

 
【チーム打撃成績(規定打席到達選手)】
※規定打席=試合数×3.1 (端数は四捨五入)

選手打率本塁打打点得点圏長打率出塁率OPS盗塁盗塁死失策
銀次.304556.307.382.370.752254
鈴木.2881568.286.454.373.826312
島内.2871057.342.407.372.779340
茂木.2821355.282.421.358.7797511
浅村.2633392.257.507.372.878117
ブラッシュ.2613395.303.540.397.936231
ウィーラー.2431967.234.418.320.7383510

※銀次はパ・リーグ4位の打率.304をマーク。
鈴木大地(リーグ8位)、島内(10位)、茂木(12位)、
浅村(15位)、ブラッシュ(17位)、ウィーラー(28位)。
パ・リーグ規定打席到達は30名
(打率リーグ1位は西武森友哉の.329、打率リーグ30位はロッテ中村奨吾の.232)

※得点圏打率=二塁または三塁に走者がいる時の打率。
この数字が高いほどチャンスに強いとされる。
過去には楽天・高須洋介選手が得点圏打率が高い(勝負強い)事から
「必殺技仕事人」という愛称で呼ばれた。

 
【試合 – 打席 – 打数 -安打】
銀次 141 – 590 – 529 – 161
鈴木 140 – 614 – 527 – 152
島内 133 – 585 – 506 – 145
茂木 141 – 648 – 568 – 160
浅村 143 – 635 – 529 – 139
ブラ 128 – 527 – 426 – 111
ウィ 117 – 472 – 411 – 100

【OPS】
ブラ .936
浅村 .878
鈴木 .826
島内 .779
茂木 .779
銀次 .752
ウィ .738

楽天2020予測戦力評価

予測戦力評価
投手力:15 (先発7 救援8)
打撃力:16 (長打力8 得点力8)
機動力:15
守備力:17
選手層:17

合計:80 (A)

※今季ポストシーズン終了後、11月時点の評価
※最大評価=20.0
※先発=最大評価10.0、救援=最大評価10.0となり、()内の数字を足した合計が最大評価20.0となる。
※合計最大評価100.0
※最大ランク「A+」、最低ランク「C」
90~100=A+80~89=A、70~79=B+、60~69=B、50~59=C+、40~49=C

【2019パ・リーグチーム防御率】

チーム防御率
ソフトバンク3.63
楽天3.74
日本ハム3.76
ロッテ3.90
オリックス4.05
西武4.35

【2019パ・リーグ打撃成績】

球団打率本塁打打点盗塁長打率出塁率
西.265174718134.428.344
.2519353248.365.325
.251183559113.410.312
.25114158948.390.333
.24915861375.402.330
.242102516122.353.309

※リーグ1位の成績は赤字で表示

優勝チームに名捕手あり

『優勝チームに名捕手あり』
『優勝チームに名捕手あり』

野村克也氏の名言(理論)である。

ソフトバンクにしても西武にしても
 強いチームには名捕手が存在する。 

(ソフトバンク=甲斐拓也)
(西武=森友哉)

西武・森は今年首位打者を獲得。
「打てる捕手」として大活躍。MVPも獲得した。

セ・リーグ王者の巨人は小林、炭谷、大城と3人とも他球団でもレギュラークラスの捕手ばかり。

これまで楽天の正捕手としてチームを引っ張ってきた嶋基宏を放出した来季(以降)、
 楽天が優勝争いをする場合、
カギとなるのは「捕手」(嶋基宏にかわる正捕手)かもしれない。 

ソフトバンク平石コーチ

平石洋介・前(一軍)監督が
来季からソフトバンク一軍打撃兼野手総合コーチに就任。

平石コーチは2011年に引退後、
12年~19年まで楽天でコーチ・監督として指導。
二軍監督、
一軍ヘッドコーチ(ヘッド兼打撃コーチ)、
一軍監督経験があり、楽天の選手を知り尽くしたとも言える存在。
ソフトバンクは対楽天戦に有利となることは言うまでもないだろう

まとめ

  • オフに積極的に補強
  • ロッテと楽天の4対3大型トレードのような結果に
  • 牧田和久投手を獲得
  • 前オリックス主砲・ロメロを獲得
  • 嶋基宏捕手(今季35歳)と今江年晶(36)の両ベテラン野手を放出
  • 来季からは(今季楽天二軍監督をつとめた)三木肇新監督が一軍の指揮をとる。その為、オーダー変更も有り得る
  • 平石洋介前監督が宿敵ソフトバンクの一軍打撃兼野手総合コーチに就任



スポンサーリンク