巨人外国人問題、優良助っ人ロペスに続きゲレーロ放出…なぜ?

巨人
スポンサーリンク

【読売ジャイアンツ】優良助っ人ロペスを14年に放出(15年~DeNA移籍)→19年にはゲレーロが退団。巨人ファンからは『なぜ?』の声が。データと共に理由を解説。過去には(現)DeNA監督のアレックス・ラミレスも

巨人外国人問題・ゲレーロ退団なぜ?

巨人外国人問題 ロペスゲレーロ放出 なぜ

2019年オフ、ゲレーロが巨人を退団。
ファンからは『なぜ?』という疑問の声が多い。

巨人がゲレーロを放出した主な理由とされるのが
「高額年俸」である。

※高額年俸(19年推定4億円)の他に
「レフトの守備に不安」、「年齢(20年満34歳)」
などが挙げられる

・高額年俸がネック(2年契約の最終年で更新なし)
・外国人枠問題
・新たな外国人を獲得(パーラ)
・年俸カット、パーラに期待(20年推定1億6500万円)
・守備力向上(レフトの守備に不安)
・年齢
・投手力強化(メルセデス&デラロサ残留、サンチェス&ビエイラ獲得)

など

 
ゲレーロは19年、「打撃面」では成績を残していた
が、退団…
(OPS.863でも契約更新なし)

そもそもゲレーロは「長打率(長打力)が売り」の『バッター』。
(守備力も考慮するのであれば)
パ・リーグ向き(指名打者向き)だったのかもしれない

打率本塁打打点長打率出塁率OPS
19.2372154.526.337.863
18.2441540.460.325.785
17.2793586.563.333.896

赤字はリーグ1位の成績

ゲレーロを獲得した年(2017)のOPSは.896、
19年が.863 …
獲得時と打撃面ではさほどかわらずといったところで、本人は残留を望んでいたという。
となると退団原因は?
(やはり、ゲレーロはパ・リーグ向きだったようだ。ソフトバンクがバレンティンを獲得したように)

【推定年俸】
19年:4億円 (巨人)
18年:4億円 (巨人)
17年:1億5000 (中日)

【試合数 – 打数】
19年:101 – 287
18年: 82 – 287
17年:130 – 469

 
【19年チーム打撃成績(規定打席到達者)】
※規定打席=試合数×3.1 (端数は四捨五入)

選手打率本塁打打点盗塁盗塁死長打率出塁率OPS
坂本勇.311409453.575.396.971
.2922789125.495.388.884
亀井.284135591.440.346.786
岡本.265319430.485.343.828

※坂本勇はセ・リーグ5位の打率をマーク
丸(9位)、亀井(11位)、岡本(24位)

【打数】
坂本勇  555
岡本   555
丸    535
亀井   450
ゲレーロ 287

 
【2019セ・リーグ打撃成績】

球団打率本塁打打点盗塁長打率出塁率
.2639054563.381.317
.25718362783.422.335
.25414056281.392.324
.25194509100.362.319
De.24616357540.398.315
.24416763062.398.329

【2019セ・リーグチーム防御率】

チーム防御率
阪神3.46
広島3.68
中日3.72
巨人3.77
DeNA3.93
ヤクルト4.78

※リーグ1位の成績は赤字で表示

ファンの声
ファンの声
ゲレーロの退団は納得いかない
ゲレーロの放出は謎だ

ホセ・ロペスは14年に放出

14年にはロペスを放出。
15年~DeNAでプレー。

スポンサーリンク

ロペスの主な退団理由は
阿部慎之助の一塁転向
とされている。

※阿部ファーストの他にも「成績低下」、「外国人問題」などが挙げられる

・阿部慎之助が一塁コンバート
・成績低下(打率など)
・外国人枠問題
・アンダーソン&セペダ残留
・投手力強化(マシソン残留、マイコラス&ポレダ獲得)
など

【守備】
19年ゴールデングラブ賞を受賞(4年連続5度目)
18年には一塁手史上初のエラーゼロを記録(シーズン守備率10割)

だが、守備の指標であるポジション別『UZR』は下位(19年は6人中5位)となっている
※19年セ・リーグ一塁手UZRランキング
1位:ビシエド(中) 5.5
2位:村上宗隆(ヤ) 4.87
3位:マルテ (神) 4.85
4位:バティスタ (広) -1.3
5位:ロペス (De) -3.9
6位:岡本和真(巨) -8.7

ゴールデングラブ賞を含む「記者投票」は『いいかげん過ぎる』
との声もある。

【野球通(野球フリーク)の声】

ファンの声
記者投票の賞は「価値なし」
記者さん、もっと野球を知るべき
タイトル・賞の決め方かえるべき
何が基準?エラー数だけで決められては(過去も含めて)ヤクルト坂口、ビシエドらがかわいそう
過去には遊撃手のゴールデングラブが(源田ではなく)『今宮!?』理由を説明せよ

過去にはラミレスもDeNAへ放出

『アレックス・ラミレス』、『ホセ・ロペス』
いずれも「前巨人」→DeNAの優良助っ人外国人である。

ラミレスは13年~14年の2年間DeNAでプレー。その後16年から(DeNA1軍)監督

ロペスは15年~ 主力(中軸打者・レギュラー)
である。

(補足情報)
※12年~15年のDeNA監督は
現役時代「巨人一筋」の中畑清

ファンの声
ファンの声
元巨人(巨人出身)が多い

ヘラルド・パーラ(20年新加入)

ヘラルド・パーラ
1987年5月6日生まれ
ベネズエラ出身
180cm 95kg
左投左打
ポジション:外野手、一塁手
※メジャーでは主にライト、レフトでの出場
ゴールドグラブ賞を2回獲得(2011年、13年)
守備力は高く、強肩

年俸(2020年):150万ドル(約1億6500万円)
※金額は推定。日本円で1ドル=110円で計算

【今季MLB成績】
試合119 打率.234 (274-64)
本塁打9 打点48 盗塁8
長打率.391 出塁率.293 OPS.684

【MLB通算成績】
試1466 率.276 (4761-1312)
本88 点522 盗96 
長.404 出.323 OPS.727

【巨人監督・コーチ厳選データ】

順位1軍監督1軍ヘッド2軍監督1軍作戦1軍打撃総合※
2020?原辰徳元木大介阿部慎之助吉村禎章後藤孝志・石井琢朗
20191高田誠吉村
20183高橋由伸村田真一川相昌弘吉村

※20年『野手総合コーチ』:後藤孝志、石井琢朗
※18・19年『打撃総合コーチ』:吉村禎章よしむら さだあき
19年~第三次原政権
第二次原政権:06~15
第一次原政権:02~03



スポンサーリンク