巨人2020スタメンオーダー&予想&野手戦力データ

巨人
スポンサーリンク

【読売ジャイアンツ2020まとめ(野手編)】20年巨人軍・野手情報を(厳選し)まとめて紹介。(主な)野手レギュラー陣、打順に加え、データに基づく予想(予測)も。スタメンオーダー、順位予想、外国人枠予想、年齢・血液型・出身地データ、開幕戦データ、個人的オーダー&戦力評価

巨人2020(主な)野手レギュラー・データ

評価選手守備OPS打率
パーラ△1.750.583
岡本1.471.538
坂本勇1.143.429
吉川尚△.722.125
.700.300
中島.564.231
丸△.192.067

(個人的)野手MVP:パーラ
※△は左打ち
※守備位置=主なポジション
パーラは20年新加入
※更新2020/6/23

巨人2020開幕戦スタメンオーダー

巨人2020開幕戦スターティングラインナップ
1.二 吉川尚輝 (25)△
2.遊 坂本勇人 (32)
3.中 丸佳浩  (31)△
4.三 岡本和真 (24)
5.左 亀井善行 (38)△
6.一 中島宏之 (38)
7.右 パーラ  (33)△
8.捕 小林誠司 (31)
9.投 菅野智之 (31)

※( )内の数字は20年満年齢

 
【読売ジャイアンツ・オープニングゲーム データ】

開幕戦打順202020192018
1二 吉川尚△二 吉川尚△中 陽
2遊 坂本勇遊 坂本勇二 吉川尚△
3中 丸△中 丸△遊 坂本勇
4三 岡本一 岡本左 ゲレーロ
5左 亀井△右 陽三 マギー
6一 中島左 亀井△一 岡本
7右 パーラ△三 田中俊△右 長野
8捕 小林捕 小林捕 小林
9投 菅野投 菅野投 菅野

巨人2020予想オーダー

巨人2020開幕予想スタメンオーダー巨人2020開幕予想スタメンオーダー

巨人2020開幕スタメン予想オーダー
1. ー ー ー ー
2. 遊 坂本勇人
3. 中 丸佳浩△
4.(一)岡本和真
5.(右)(パーラ△)
6.(左)(亀井善行△)
7. ー ー ー ー
8.(捕)(小林誠司)
9. 投
※△は左打ち
赤字は2020東京オリンピック(侍ジャパン)代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性ありと予想(赤字=本命、オレンジ=対抗)
坂本勇、丸、岡本の3人はレギュラー確定
※亀井は1番(先頭打者)、7番などの打順で起用される可能性あり
※捕手(小林、大城、炭谷)は激戦区
※大城一塁手、岡本三塁として起用される可能性も考えられる
パーラは新加人
※予想は開幕前(19年12月3日投稿)の情報

 
【2020年の巨人、ファンの声は】

正捕手だれ?
パーラ「打撃」はどうなの?
元木コーチが(まさかの)ヘッドコーチ!?
2019開幕一軍メンバー (野手17名)

【捕手】
10 阿部慎之助 (40)△
22 小林誠司  (30)
27 炭谷銀仁朗 (32)
46 大城卓三  (26)△

【内野】
00 吉川大幾 (27)
0 吉川尚輝 (24)△
5 中島宏之 (37)※NEW
6 坂本勇人 (31)
25 岡本和真 (23)
51 田中俊太 (26)△
56 山本泰寛 (26)

【外野】
2 陽岱鋼  (32)
8 丸佳浩  (30)△※NEW
9 亀井善行 (37)△
36 石川慎吾 (26)
39 立岡宗一郎 (29)△
44 ゲレーロ (33)

※数字は背番号
※( )内の数字は19年満年齢
※中島、丸は19年の新戦力

ポストシーズンスタメン

2019日本シリーズ第1戦
対ソフトバンク戦スタメンオーダー
相手先発:千賀滉大(対右投手)

日本シリーズ第1戦(DH有り)
1.右 亀井善行△
2.遊 坂本勇人
3.中 丸佳浩△
4.三 岡本和真
5.指 阿部慎之助△
6.一 大城卓三△
7.左 ゲレーロ
8.二 田中俊太△
9.捕 小林誠司

 
2019日本シリーズ第4戦
対ソフトバンク戦スタメンオーダー
相手先発:和田毅△(対左投手)

日本シリーズ第4戦(DH無し)
1.右 亀井善行△
2.遊 坂本勇人
3.中 丸佳浩△
4.一 岡本和真
5.左 ゲレーロ
6.三 若林晃弘■
7.二 田中俊太△
8.捕 小林誠司
9.投 菅野智之

※△は左打ち、■は両打ち
※投手の場合、△は左投げ
赤字は2020東京五輪代表候補と予想 (赤字=本命、オレンジ=対抗、=穴)

日本シリーズ第4戦ベンチ入りメンバー(16名)

【投手(8名)】
田口麗斗△
桜井俊貴
中川皓太△
鍵谷陽平
デラロサ
高木京介△
澤村拓一
大竹寛

【捕手(3名)】
炭谷銀仁朗
阿部慎之助△
大城卓三△

【内野手(2名)】
増田大輝
山本泰寛

【外野手(3名)】
陽岱鋼
重信慎之介△
石川慎吾

2019日本シリーズ0勝4負

2019年、巨人はソフトバンクとの日本シリーズで4連敗(0勝4負)
ソフトバンクの(ポストシーズン)圧倒的な強さが目立つシーズンであった。

※ソフトバンクの2019年CSから日本シリーズの成績は「10勝1負」。
CSファーストステージ対楽天の初戦に敗北、先に王手を許したがその後2連勝、
CSファイナル対西武に4連勝、
日本シリーズ対巨人に4連勝で
ポストシーズン10連勝(10連勝中)。

ソフトバンク過去六年間の順位

19年:2位 ※日本一
18年:2位 ※日本一
17年:1位 ※日本一
16年:2位 
15年:1位 ※日本一
14年:1位 ※日本一

阿部慎之助、ゲレーロの抜けた穴

来季、阿部慎之助とゲレーロの抜けた
「打」の穴を埋める事ができるのか。

阿部慎之助は現役引退
ゲレーロは退団
となったのだが、2人とも今季の中心選手であった。

高橋由伸が選手を引退した時にも重なる事なのだが、
慎之助選手の引退→(2軍)監督は
そんなに急ぐ必要があったのだろうか。
(勿論、来季41歳という年齢などの影響もあるが成績は残してた)

阿部は日本シリーズ初戦という大事な場面にスタメン出場。
しかもクリーンアップ(5番)だ。

同じくゲレーロも日本シリーズにスタメン出場をし、
クリーンアップ(5番)も打った強打者。
高額年俸、外国人枠の影響等もあり、
MLB現役「バリッバリ」のパーラを獲得した背景があるのだが、
ゲレーロが巨人を去る事に疑問を持つファンもいた事だろう。

では、2人がチームの中心選手であったというデータ
(厳選・チーム打撃ランキング)をご覧いただこう

 
【チーム打撃成績(規定打席到達)】
※19年シーズン
※規定打席=試合数×3.1 (端数は四捨五入)

選手打率本塁打打点盗塁盗塁死長打率出塁率OPS
坂本勇.311409453.575.396.971
.2922789125.495.388.884
亀井.284135591.440.346.786
岡本.265319430.485.343.828

※坂本勇はセ・リーグ5位の打率をマーク
丸(9位)、亀井(11位)、岡本(24位)

では、阿部とゲレーロのデータと比較するとどうだろうか。

選手打率本塁打打点盗塁盗塁死長打率出塁率OPS
阿部.29772700.481.411.892
ゲレーロ.237215410.526.337.863

 
阿部・ゲレーロ、2人とも規定打席に到達はしていないものの、
「OPSは岡本・亀井以上」。
(阿部のOPSは丸超え)
(ゲレーロの長打率は丸以上)

 つまり、「打」の中心選手2人を失ったという事になる。 

ゲレーロは残留を望んでいた事からも、
『これ以上打ってくれ』というのは
本人も納得いかなかったのではないだろうか。

【打数】
坂本勇  555
岡本   555
丸    535
亀井   450
ゲレーロ 287
阿部   158

巨人2020外国人枠予想

投手野手
デラロサパーラ△
メルセデス△
サンチェス

※外国人枠は4
※△は左打ち(野手)

スポンサーリンク

19年12月3日
最速167キロ右腕チアゴ・ビエイラ投手
の獲得(合意した事)を発表。背番号は49。

また、19年12月6日
今季韓国SKでプレーしたアンヘル・サンチェス投手
と基本合意に達したことが明らかとなった。

これにより投手外国人枠を
デラロサ、
メルセデス△
サンチェス
ビエイラ
らで競う事が予想される。

※△は左投げ(投手)
パーラ、サンチェス、ビエイラは新外国人

巨人開幕戦データ

【開幕データ】

2019年の開幕投手は菅野。
2年連続5度目の開幕投手となったが、広島に完封負け(黒星)。

19年 菅野智之  0 – 5 広 ●

※過去五年の開幕戦データ
18年 菅野智之  1 – 5 神 ●
17年 マイコラス 6 – 2 中 ○
16年 菅野智之  3 – 1 ヤ ○
15年 菅野智之  3 – 2 De ○
14年 菅野智之  12- 4 神 ○

※19年を含め過去六年の開幕戦の成績は4勝2敗

年齢・血液型・出身地データ

選手名年齢血液型出身地
亀井38AB奈良
坂本勇32AB兵庫
31AB千葉
岡本24A奈良
パーラ33不明ベネズエラ
大城27B沖縄
田中俊27O神奈川
小林31O大阪

※年齢=2020年の満年齢

巨人2020個人的オーダー

巨人2020個人的スタメン
1.二 吉川尚△※
2.中 丸△
3.遊 坂本勇
4.三 岡本
5.右 パーラ△
6.左 亀井△
7.一 大城△
8.捕 併用(小林、炭谷を軸に併用)
9.投

※△は左打ち
※捕手は激戦区。3人(大城、小林、炭谷)とも甲乙付け難い。固定すべきか併用すべきか難題
※選手全員、万全の状態(怪我なし)とした場合と仮定する

【捕手データ(19年シーズン成績)】

選手盗塁阻止試合打数打率本塁打打点長打率出塁率OPS
小林.41992213.244219.300.280.580
炭谷.25058126.262626.437.309.745
大城.172109294.265630.388.330.718
※小林の盗塁阻止率.419はリーグ1位(4年連続リーグトップ)

 
【ポジション予想】

守備選手
小林大城△炭谷
岡本大城△(パーラ△)
※鈴木△田中俊△山本(吉川尚△)
(岡本)※鈴木△若林△(田中俊△)
坂本勇
外野丸△パーラ△亀井△重信△(吉川尚△)

 
坂本勇、丸、岡本はレギュラー確定と予想
パーラは新加入
※鈴木大地の獲得に失敗(ロッテ→楽天へFA移籍)

ヘラルド・パーラ

ヘラルド・エンリケ・パーラ
(Gerardo Enrique Parra)

※『ジェラルド・パーラ』と表記される場合もある

1987年5月6日生まれ
ベネズエラ出身
180cm 95kg
左投左打
ポジション:外野手、一塁手
※メジャーでは主にライト、レフトでの出場
ゴールドグラブ賞を2回獲得(2011年、13年)
守備力は高く、強肩

年俸(2020年):150万ドル(約1億6500万円)
※金額は推定。日本円で1ドル=110円で計算

【今季MLB成績】
試合119 打率.234 (274-64)
本塁打9 打点48 盗塁8
長打率.391 出塁率.293 OPS.684

【MLB通算成績】
試1466 率.276 (4761-1312)
本88 点522 盗96 
長.404 出.323 OPS.727

【シャーク・ダンス】
パーラの登場曲
『BABY SHARK(ベイビー・シャーク)』
が流れると、ファンはこの曲に合わせて手を上下に叩く
「シャーク・ダンス」がお決まりとなっている

巨人2020予想戦力評価

予想戦力評価
投手力:13 (先発6 救援7)
打撃力:15 (長打力8 得点力7)
機動力:17
守備力:17
選手層:17

合計:79 (B+)

※今季ポストシーズン終了後、11月時点の評価
※最大評価=20.0
※先発=最大評価10.0、救援=最大評価10.0となり、()内の数字を足した合計が最大評価20.0となる。
※合計最大評価100.0
※最大ランク「A+」、最低ランク「C」
90~100=A+80~89=A、70~79=B+、60~69=B、50~59=C+、40~49=C

【2019セ・リーグチーム防御率】

チーム防御率
阪神3.46
広島3.68
中日3.72
巨人3.77
DeNA3.93
ヤクルト4.78

【2019セ・リーグ打撃成績】

球団打率本塁打打点盗塁長打率出塁率
.2639054563.381.317
.25718362783.422.335
.25414056281.392.324
.25194509100.362.319
De.24616357540.398.315
.24416763062.398.329

※リーグ1位の成績は赤字で表示

 
巨人ホーム球場の東京ドームはホームランが出やすく(打者有利)、
中日ホームのナゴヤドームはHRが出にくい(投手有利)!?
といった特徴が以上のデータから読み取れる(といえるかもしれない)

 
【巨人監督・コーチ厳選データ】

順位1軍監督1軍ヘッド2軍監督1軍作戦1軍打撃総合※
2020?原辰徳元木大介阿部慎之助吉村禎章後藤孝志・石井琢朗
20191高田誠吉村
20183高橋由伸村田真一川相昌弘吉村

※20年『野手総合コーチ』:後藤孝志、石井琢朗
※18・19年『打撃総合コーチ』:吉村禎章よしむら さだあき
※19年~第三次原政権
第二次原政権:06~15
第一次原政権:02~03

山口俊・球団初ポスティング容認

山口俊投手のポスティングによるメジャー移籍を容認。
ポスティングによるメジャー移籍で
読売巨人軍球団初の出来事となる。

エース(山口俊)と
打の主軸2人(阿部、ゲレーロ)
が抜けた来季、V2は容易ではないという事は言うまでもなく、
2020年のセ・リーグペナントレースは
混戦となるのではないだろうか

巨人2020順位予想

巨人の2020年の順位を予想!
オフの獲得、退団により状況はかわると思うが
日本シリーズ終了後(19年11月時点)の
セ・リーグ2020年の予想順位は以下の通り。

【セ・リーグ2020予想順位】

1位 阪神
1位 広島
1位 巨人
1位 DeNA
1位 ヤクルト
6位 中日

 
1位に5球団?と思った方もいるかと思うが、
(個人的に言えば)正直、セ・リーグの中日を除く5球団どのチームが優勝しても驚きはない。
主な理由はパ・リーグのソフトバンクのような圧倒的な強さを誇るチームは
(現時点では)セ・リーグにはいないと予想するからである。

では、2019年の(個人的な)予想はどうだっただろうか。
開幕前に当ブログが予想をした結果は以下の通り

セ・リーグ2019予想順位
【セ・リーグ2019予想順位】

1位 広島
2位 ヤクルト
2位 巨人
4位 阪神
5位 DeNA
6位 中日

【2018年の順位と倍率予想】
1位 広 2.5 ◎◎
2位 ヤ 3.5 ○▲
3位 巨 3.5 ▲○
4位 De 5.0 ☆☆
5位 中 15.0
6位 阪 4.0 △△

【マークの説明】
◎:本命
最も勝つ確率が高い球団。トップ評価。

○:対抗
2番手評価。

▲:単穴
3番手評価。

△:連下
2・3位(CS進出)の可能性がある球団。

☆:星
◎○▲△以外で、勝てる可能性がある穴。

注:注意
3位までの可能性があると思われる球団。

実際の2019順位は
1位 巨
2位 De
3位 神
4位 広
5位 中
6位 ヤ

予想(の順番)と比べると
1位 広→巨
2位 ヤ→De
3位 巨→神
4位 神→広
5位 De→中
6位 中→ヤ

という結果でした。

 
【巨人過去六年順位】

19年:1位
18年:3位
17年:4位
16年:2位
15年:2位
14年:1位

まとめ

  • 19年、日本シリーズ進出も0勝4敗。王者ソフトバンクとの戦力差はあきらかか
  • 『打』は「19年MVP坂本勇」&丸が軸。岡本、パーラ、亀井らの活躍に期待
  • 阿部慎之助選手・現役引退、20年は2軍監督
  • ゲレーロ退団
  • ビヤヌエバ退団(日本ハム移籍)
  • パーラ獲得
  • 19年エース級の活躍をした山口俊投手が球団初となるポスティングによるメジャー移籍を容認
  • 山口俊移籍、菅野不調となれば先発投手陣は手薄か