巨人2020開幕先発ローテーション&リリーフ投手予想

スポンサーリンク

【読売ジャイアンツ】巨人2020予想先発ローテーション・リリーフ、外国人枠予想、開幕データ、今季終盤ローテーション、ベンチ入りメンバー(中継ぎ・抑え)、クローザー・勝利の方程式予想など投手陣厳選データをまとめて紹介!巨人2020予想投手編

巨人2020予想先発ローテーション

巨人2020予想先発(ローテ入り)
菅野智之 (31)
(サンチェス) (31)
髙橋優 (23)△
C.C.メルセデス (26)△
桜井俊貴 (27)
– – –

※△は左投げ
※( )内の数字は20年満年齢
サンチェスは12月6日、読売ジャイアンツとの基本合意が明らかとなった

 
今季セ・リーグ最多勝(15)、最高勝率(.789)、最多奪三振(188)のタイトルを獲得した山口俊投手がメジャーポスティングを発表。
移籍となれば先発投手陣に大きな痛手となる。

そんな中、
以上の先発投手以外にローテーション入りが予想されるのが
今村信貴△
田口麗斗△
戸郷翔征らだ。

サンチェス、メルセデス△は外国人枠の競争もある。

巨人2020外国人枠予想

投手 野手
デラロサ パーラ△
(サンチェス)
メルセデス△

※外国人枠は4
※△は左投げ(投手)
※△は左打ち(野手)

19年12月3日、最速167キロ右腕チアゴ・ビエイラ投手の獲得(契約合意)を発表。背番号は49

19年12月6日、今季韓国SKでプレーしたアンヘル・サンチェス投手と基本合意に達したことが明らかとなった。

これにより投手外国人枠を
デラロサ、
サンチェス
メルセデス△
ビエイラ
らで競う事が予想される。

パーラ、サンチェス、ビエイラは新外国人

巨人2020予想リリーフ

巨人2020予想救援投手
中川皓太 (26)△
デラロサ (31)
澤村拓一 (32)
大竹寛 (37)
高木京介 (31)△
鍵谷陽平 (30)

※( )内の数字は20年満年齢

以上の他にも
田口△
宮國
野上
田原
ビエイラ
戸根△
今村△
らがリリーフ候補と予想。

※新外国人のビエイラは外国人枠の競争もある。

※戸根千明は左肘の手術を発表(8月16日登録抹消)

巨人2019開幕データ

【開幕ローテーション】

2019 2018
開幕投手 菅野 菅野
開幕第2戦 ヤングマン 田口△
開幕第3戦 野上
開幕第4戦 山口俊 山口俊
開幕第5戦 メルセデス△ 吉川光△
開幕第6戦 髙橋優△ 大竹
【開幕一軍メンバー】

18 菅野智之 (30) ※開幕投手
24 クック (32) ※NEW
30 宮國椋丞 (27)
35 桜井俊貴 (26)
41 中川皓太 (25)△
45 今村信貴 (25)△
47 吉川光夫 (31)△
50 戸根千明 (27)△
64 大江竜聖 (20)△

※数字は背番号
※( )内の数字は19年満年齢
※△は左投げ
※クックは19年の新加入

開幕時は左腕が多いのが特徴だった。

今季終盤ローテーション

【CS(対阪神)先発】
第1戦:山口俊
第2戦:メルセデス△
第3戦:戸郷
第4戦:髙橋優△

【日本シリーズ(対ソフトバンク)先発】
第1戦:山口俊
第2戦:メルセデス△
第3戦:髙橋優△
第4戦:菅野

2019日本シリーズ第4戦ベンチ入りメンバー(対ソフトバンク)

【投手8名】
田口麗斗 △
桜井俊貴
中川皓太 △
鍵谷陽平
デラロサ
高木京介 △
澤村拓一
大竹寛

※△は左投げ
赤字は2020東京オリンピック代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性ありと予想(赤字=本命、オレンジ=対抗)

今季投手陣(厳選)データ

【2019主な先発投手(厳選)】

投手 防御率 登板
山口俊 2.91 15 4 26
髙橋△ 3.19 5 7 18
メルセデス△ 3.52 8 8 22
菅野 3.89 11 6 22
桜井 4.32 8 6 29
今村△ 4.08 3 2 17

 
【2019主なリリーフ(厳選)】

投手 防御率 H S 投球回 登板
中川△ 2.37 17 16 4 3 64.2 67
デラロサ 2.25 5 8 1 0 24 26
澤村 2.61 13 1 2 2 48.1 43
大竹 2.77 8 0 4 0 26 32
高木京△ 3.83 10 0 3 1 54 55
田口△ 4.13 14 1 3 3 65.1 55
鍵谷 3.00 6 0 0 2 27 27
戸根△ 1.99 8 0 0 1 26 22.2
※H=ホールド
※S=セーブ
※投球回64.2 = 64回2/3

スポンサーリンク
巨人2020クローザー(守護神候補)予想
デラロサ
中川△
澤村
ビエイラ

巨人2020勝利の方程式予想

巨人2020個人的な勝利の方程式(投手リレー)
6回:大竹
7回:澤村
8回:中川△
9回:デラロサ

【2019セ・リーグチーム防御率】

チーム 防御率
阪神 3.46
広島 3.68
中日 3.72
巨人 3.77
DeNA 3.93
ヤクルト 4.78

アンヘル・サンチェス

最速156キロ右腕のサンチェスは今季、韓国プロ野球SKに所属し17勝5敗、防御率2.62の成績を残した。

1989年11月28日生まれ
ドミニカ共和国出身
185cm 88kg
右投右打
ポジション:投手
タイプ:先発

チアゴ・ビエイラ

チアゴ・ダ・シウバ・ビエイラ
(Thyago da Silva Vieira)

※「チアゴ・ビエイラ」の他に「チアゴ・ヴィエイラ」と表記される場合がある

1993年7月1日生まれ
ブラジル出身
188cm 95kg
右投右打
ポジション:投手
タイプ:中継ぎ・抑え

※メジャーでは主に中継ぎでの出場。最速167キロのフォーシーム(ストレート)とスライダーが武器。

背番号:49
年俸(2020年):5500万円
※金額は推定。

【経歴】
シアトル・マリナーズ (2017年)
シカゴ・ホワイトソックス (18~19年)

【今季MLB成績】
登板6、防御率9.00、1勝0敗0H0S、投球回7、与四球5、与死球0、奪三振8、暴投0、ボーク0、失点8(自責点7)

【MLB通算(3年)】
登板23、防7.36、2勝1敗1H1S、投球回25.2、与四球14、与死球3、奪三振24、暴投6、ボーク1、失点22(自責点21)

 
「球は速いがノーコン」
=三振がとれるが四死球が多いという特徴がある。

今季、投球回7に対し与えたフォアボールは5、MLB通算では25回2/3で与えたフォアボールは14、デッドボールは3。
さらに暴投6とコントロールに難がある。
与四死球で自滅パターンもありえる。

一方、三振がとれる強みがある。
今季の奪三振は8。投球回7という事から1イニング1つ以上の三振を奪っている計算だ。(通算では投球回25.2で奪三振24)

この特徴が日本の野球に通用するかがポイントとなりそうだ。

巨人ドラフト2019指名選手

×(外れクジ) 奥川恭伸 投手 星稜高
× 宮川哲 投手 東芝
1位 堀田賢慎 投手 青森山田高
2位 太田龍 JR東日本
3位 菊田拡和 外野手 常総学院高
4位 井上温大△ 前橋商高
5位 山瀬慎之助 捕手 星稜高
6位 伊藤海斗△ 酒田南高
育成1位 平間隼人△ 内野手 徳島インディゴソックス
育成2位 加藤壮太△ 埼玉武蔵ヒートベアーズ

※投手の場合△は左投げ
※打者の場合△は左打ち

指名:6人 (育成2人)
合計:8人 (育成2人含む)

【投手野手別】
投手:3
野手:3 (2)

【ポジション別】
投手:3
捕手:1
内野:0 (1)
外野:2 (1)

【投手左右別】
右投げ:2
左投げ:1

【野手左右別】
右打ち:2
左打ち:1 (2)

※()内の数値は育成契約選手

メルセデスの年俸に疑問

カープアカデミー出身のドミニカン、C.C.メルセデス投手の2020年の年俸(1100万円)に疑問の声が挙がっている。

メルセデスの18年の年俸は550万円。
13試合に登板し5勝(4負)、防御率2.05と好投。
だが、年俸は850万円。
ここで疑問を持った人も多いだろう。

19年は22試合に登板し8勝(8負)、防御率3.52と安定した成績を残した。
が、20年の年俸は1100万円(10万ドル)。

2年間の活躍で、ここまでコスパ(コストパフォーマンス)が良い選手は(近年の巨人、いやプロ野球界で)いただろうか。

今季クローザーを務めたデラロサの年俸は1億3200万円(120ドル)だった。

今後、選手の「年俸」にも注目してみてはいかがだろうか。
そこから見えてくるものもある事だろう。

※金額は推定

岩隈久志・年俸

8年ぶりの日本球界復帰となった岩隈久志投手の19年の年俸は5000万円。
今季の一軍登板は無く、20年の年俸は2000万円。
(二軍では2試合登板し、投球回2、失点0)

この一軍登板ゼロという数字は19年の年俸5000万円という点から(状態はよくはないと)よみとる事ができたかもしれない。

日本からメジャーへ移籍し、日本球界復帰となった選手の年俸は4億円や1億5000万円というのが相場というイメージを持つ人もいる事だろう。
実際に城島健司、松坂大輔、和田毅の日本球界復帰1年目の年俸は4億円。

そんな中、岩隈は日米通算170勝の実績がありながらも年俸は5000万円。この数字に少しでも疑問を持つ事はできただろうか。

※17年9月に右肩の手術以降、メジャー登板なし。来季39歳。

※金額は推定

巨人2020投手予想まとめ

  • 来季へ向けドラフト・今季オフに「投手」と外野手を中心に補強
  • 山口俊ポスティング表明
  • サンチェス投手の基本合意が明らかに
  • 楽天からFAの美馬学はロッテ移籍
  • エース不在?先発投手陣に不安か
  • リリーフ陣は今季安定した成績を残した投手が多数(中川、デラロサ、戸根など)
  • C.C.メルセデスのコスパ最強




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク