ソフトバンクホークス2020開幕予想スタメンオーダー

スポンサーリンク

【福岡ソフトバンクホークス】2020年開幕予想スタメンオーダー、順位予想、外国人枠予想、年齢・血液型・出身地データ、開幕戦データ、ホークス2020個人的オーダー&戦力評価等まとめて紹介。「王者」ソフトバンク過去6年で日本一5回。黄金期突入か

ソフトバンク2020開幕予想オーダー

ソフトバンクホークス2020年(開幕戦)スタメンオーダーを予想。

正直、補強がなくとも4年連続日本一を狙える戦力。
控え選手が他チームの主力・レギュラークラスである。

その為、誰が何番を打とうが不思議ではないというチームで 2020年も「日本一候補の筆頭」 である事は変わらないだろう(と予想する)。

そんな中、オフにヤクルトの主砲「バレンティン獲得」!!!
『守備どうする!?』や『まさかの入団』などと驚きの声もあったようだが、バレ加入でのソフトバンク2020オーダーを予想した。

ホークス2020開幕予想オーダー
1. ー ー ー ー
2. 遊 今宮健太
3.(ー)(グラシアル)
4.(中)柳田悠岐 △
5.(ー)バレンティン
6. ー ー ー ー
7. 三 松田宣浩
8. ー ー ー ー
9. 捕 甲斐拓也

※△は左打ち
赤字は2020東京オリンピック代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性ありと予想(赤字=本命、オレンジ=対抗)
※松田宣浩内野手は東京五輪の「ムードメーカー」等の役割としても期待される
バレンティンは20年新加入
※バレンティンは外国人枠には含まれない。(来季から外国人枠解除)

 
バレンティン加入でこれまで以上の強力打線となる事が予想されるが、「守備」に不安が残るとの意見もある。
グラシアルとデスパイネが残留となれば「バレンティンとデスパイネ」の二人をスタメン出場させるオーダーがベースとなるのか、
それとも(バレとデスパは指名打者限定にして、守備範囲を広くする等)守備力も意識した野球をするのかがポイントになりそうだ。

バレンティン プロフィール

ウラディミール・ラモン・バレンティン
(Wladimir Ramon Balentien)

1984年7月2日生まれ
オランダ(王国)キュラソー島出身
185cm 100kg
右投右打
外野手
来季背番号:4
来季推定年俸:5億円 (2年契約)
※川島慶三は「4」→「99」に変更

【経歴】
シアトル・マリナーズ (2007~09)
シンシナティ・レッズ (09)
東京ヤクルトスワローズ (11~19)
福岡ソフトバンクホークス (20~)

【国際大会・オランダ代表経験】
04年 五輪
13年 WBC
15年 プレミア12
17年 WBC

※2020年から外国人枠解除となる

【外国人枠解除となった外国人選手一覧】
※外国人選手第1号は西武の投手(1995年)

95年 郭泰源 投手 西武
04年 ローズ△ 外野 巨人
08年 ラミレス
09年 カブレラ 内野 オリックス
10年 シコースキー 西
11年 ミンチェ 西
11年 フェルナンデス 西
17年 スタンリッジ ロッテ
18年 メッセンジャー 阪神
19年 バレンティン

※△は左打ち

以上のデータから「西武ライオンズの選手が多い」という特徴がある。
(郭泰源、シコースキー、ミンチェ、フェルナンデス、さらに言えばカブレラは元西武。10人中5人が西武に所属していたという結果だ)

ソフトバンク2020外国人枠予想

投手 野手
(モイネロ△) – – –
(バンデンハーク) – – –
(ムーア△)

※外国人枠は4
※△は左投げ
ムーアは20年新加入

年齢・血液型・出身地データ

選手名 年齢 血液型 出身地
牧原大成 28 A 福岡
今宮健太 29 O 大分
グラシアル 35 不明 キューバ
柳田悠岐 32 AB 広島
バレンティン 36 不明 オランダ(キュラソー島)
デスパイネ 34 不明 キューバ
中村晃 31 O 埼玉
内川聖一 38 B 大分
松田宣浩 37 B 滋賀
甲斐拓也 28 O 大分

※年齢=2020年の満年齢

ポストシーズンスタメン

CS2019ファーストステージ第1戦
対楽天戦スタメンオーダー

CS対楽天戦(第1戦)
1.二 明石健志 △
2.遊 今宮健太
3.左 グラシアル
4.中 柳田悠岐 △
5.指 デスパイネ
6.右 中村晃 △
7.一 内川聖一
8.三 松田宣浩
9.捕 甲斐拓也
(CSファーストステージ楽天第1戦)ベンチ入りメンバー

【投手】
モイネロ
髙橋純平
森唯斗
甲斐野央
嘉弥真新也
石川柊太
武田翔太
松田遼馬

【捕手】
髙谷裕亮

【内野手】
周東佑京
牧原大成
川島慶三
髙田知季

【外野手】
長谷川勇也
福田秀平

赤字は2020東京オリンピック代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性あり、は穴と予想(赤字=本命、オレンジ=対抗、緑=穴)

 
2019プレミア12日本代表でシーズン30発、(規定打席)チーム1の打率.260を誇る松田宣浩が7番、8番の下位打線に座るという「強力オーダー」。

※周東佑京選手は50m5秒7、スリーベース(打ってから三塁までの到達)のタイムが10秒55で 球界トップクラスの俊足。 東京五輪での選手登録の枠は24人となり「足(あし)のスペシャリスト」が代表に選ばれるのかという点も注目したい。
また、2020年の開幕スタメン入りするのか、ポジションは内野(二塁手、三塁手)か、外野か、このあたりも気になるところだ

ソフトバンク開幕戦データ

ホークス2019開幕戦オーダー
1.二 牧原大成 (27)△
2.遊 今宮健太 (28)
3.中 柳田悠岐 (31)△
4.指 デスパイネ (33)
5.左 グラシアル (34)
6.一 内川聖一 (37)
7.三 松田宣浩 (36)
8.右 上林誠知 (24)△
9.捕 甲斐拓也 (27)
開幕戦一軍メンバー

【捕手】
12 髙谷裕亮 (38)△
31 栗原陵矢 (23)△
62 甲斐拓也 (27)

【内野】
0 髙田知季 (29)△
1 内川聖一 (37)
4 川島慶三 (36)
5 松田宣浩 (36)
6 今宮健太 (28)
22 西田哲朗 (28)
27 グラシアル (34)
36 牧原大成 (27)△

【外野】
9 柳田悠岐 (31)△
37 福田秀平 (30)△
51 上林誠知 (24)△
54 デスパイネ (33)
60 釜元豪 (26)△

※()内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち

18年の規定打席到達は
上林、松田宣、中村晃、柳田、デスパイネの5人。
中村晃は「自律神経失調症」と診断され離脱。開幕戦には出場できなかった。

 

【開幕戦データ】

19年 千賀滉大 5-4 西 ○

・開幕戦成績※過去五年
18年 千賀滉大 2-0 オ ○
17年 和田毅 3-1 ロ ○
16年 摂津正 3-7 楽 ●
15年 摂津正 1-3 ロ ●
14年 摂津正 11-5 ロ ○

19年を含めた過去六年では四勝二敗。
17年~19年と三連勝中。

 
【千賀滉大】
19年の開幕投手はエース・千賀滉大。
2年連続2度目。
(18年には育成出身で史上初の開幕投手を記録した)

 19年の開幕戦の「第1球目」に自己最速となる161キロを計測。話題となった。 

ドラフト2019指名選手

×(外れクジ) 石川昂弥 内野手 東邦高
1位 佐藤直樹 外野手 JR西日本
2位 海野隆司 捕手 東海大
3位 津森宥紀 投手 東北福祉大
4位 小林珠維 東海大札幌高
5位 柳町達△ 慶大
育成1位 石塚綜一郎 黒沢尻工高
育成2位 大関友久△ 仙台大
育成3位 伊藤大将 内野手 八戸学院光星高
育成4位 勝連大稀△ 興南高
育成5位 舟越秀虎 城北高
育成6位 荒木翔太 千原台高
育成7位 村上舜△ 山形中央高

※投手の場合△は左投げ
※打者の場合△は左打ち

スポンサーリンク
指名:5人 (育成7人)
合計:12人 (育成7人含む)

【投手野手別】
投手:2 (2)
野手:3 (5)

【ポジション別】
投手:2 (2)
捕手:1 (1)
内野:1 (3)
外野:1 (1)

【投手左右別】
右投げ:2 (0)
左投げ:0 (2)

【野手左右別】
右打ち:2 (4)
左打ち:1 (1)

※()内の数値は育成契約選手

ホークス2020個人的オーダー

個人的スタメン
1.二 川島
2.中 柳田 △
3.一 (グラシアル)
4.指 バレンティン
5.左 長谷川 △
6.三 松田宣
7.右 中村晃 △
8.捕 甲斐
9.遊 今宮
個人的・周東起用オーダー
1.二 川島
2.左 柳田 △
3.一 (グラシアル)
4.指 バレンティン
5.右 中村晃 △
6.三 松田宣
7.遊 今宮
8.捕 甲斐
9.中 周東 △

野球ゲーム「ファミスタ」ではレギュラーも狙える周東選手の存在も忘れてはいけない。周東がスタメンに入る事で守備範囲を含めた走力をいかした野球が可能となる

ソフトバンク2020予想戦力評価

予想戦力評価
投手力16 (先発8 救援8)
打撃力16 (長打力9 得点力7)
機動力17
守備力17
選手層18

合計84(A)

※最大評価=20.0
※先発=最大評価10.0、救援=最大評価10.0となり、()内の数字を足した合計が最大評価20.0となる。
※合計最大評価100.0
※最大ランク「A+」、最低ランク「C」
90~100=A+80~89=A、70~79=B+、60~69=B、50~59=C+、40~49=C

【2019パ・リーグチーム防御率】

チーム 防御率
ソフトバンク 3.63
楽天 3.74
日本ハム 3.76
ロッテ 3.90
オリックス 4.05
西武 4.35

【2019パ・リーグ打撃成績】

球団 打率 本塁打 打点 盗塁 長打率 出塁率
西 .265 174 718 134 .428 .344
.251 93 532 48 .365 .325
.251 183 559 113 .410 .312
.251 141 589 48 .390 .333
.249 158 613 75 .402 .330
.242 102 516 122 .353 .309

※リーグ1位の成績は赤字で表示

ソフトバンク3年連続日本一

「げごくじょう」。

プロ野球のCS(クライマックスシリーズ)から日本シリーズの時期になるとよくみかける言葉だ。

「げごくじょう」とは
下位の者が上位の者を倒すこと。下の者が上の者に勝つ事。
「下剋上」、「下克上」
の他に「下尅上」、「下刻上」、「下極上」と表記される場合もある。

 
(戦国時代)最大の「げごくじょう」は織田信長とも言われるが、
近年の日本のプロ野球界では「千葉ロッテマリーンズ」が記憶に新しい。

 
以下は西村京太郎の名言である。

『追う者は前方の闇を探れば良いが、追われる者は後方の闇も探らなければならない。』

※西村京太郎 (にしむら きょうたろう)
本名:矢島喜八郎 (やじま きはちろう)
1930年9月6日生まれ
小説家、推理作家

 
2019年のソフトバンクも強かった。
西武からFAの浅村栄斗内野手(二塁手)の獲得に失敗するも
終わってみれば3年連続日本一(2年連続シーズン2位からの日本一)。

ホークスが浅村を獲得していたらと思うと
鬼に金棒、
いや「ソフトバンクに浅村」
だったかもしれない。

 
※ソフトバンクは浅村栄斗内野手、西勇輝投手の獲得に失敗。「二兎を追う者は一兎をも得ず」といったところだろうか。

過去6年間で5度日本一

ソフトバンクは2014年~19年、
過去6年間で日本一5回という常勝軍団。

この6年間で日本一(日本シリーズ進出)を阻止したのは、16年の大谷翔平擁する日本ハムであった。

ソフトバンク過去六年間の順位

19年:2位 ※日本一
18年:2位 ※日本一
17年:1位 ※日本一
16年:2位 
15年:1位 ※日本一
14年:1位 ※日本一

近年、ここまで強いチームはあっただろうか。
過去には巨人のV9があるが、数字だけでは無い、それ以上の強さを感じる。

打倒読売(打倒巨人)ではなく、
打倒ソフトバンク。

強すぎて面白いのはソフトバンクファンだけではないだろうか。

(多くの)プロ野球ファンは強すぎを求めていないかもしれない。

試合結果でもスコアが10対0、26対0よりも、1対0、2対1、8対7の方が面白い(盛り上がる)。

競馬でもディープインパクト(最強馬・一番人気)ばかり勝ってはおもしろくないと思う人もいるだろう。
穴馬(大穴)と呼ばれる馬が勝つから面白いのだ。

 
【ソフトバンク最大のライバルは楽天!?】
ソフトバンクの2019年CSから日本シリーズの成績は10勝1負。
CSファーストステージ対楽天の初戦に負け、先に王手を許したがその後2連勝、
CSファイナル対西武に4連勝、
日本シリーズ対巨人に4連勝、

結果10連勝という圧倒的な強さであった。
この結果からも、先に王手(後1勝でCSファイナルステージ進出)を取り、ソフトバンクと接戦を繰り広げた「ソフトバンク-楽天戦」が(ポストシーズン)ベストゲーム(事実上の日本シリーズ決勝戦)と呼べるのではないだろうか。

以上の事なども考慮し、来季もこの2チームが上位と予想する。

ソフトバンク2020順位予想

現時点でのパ・リーグ2020年の予想順位は以下の通り。

【パ・リーグ2020予想順位】

1位 ソフトバンク
2位 楽天
2位 西武
4位 ロッテ
4位 日本ハム
4位 オリックス

ソフトバンクの日本一を阻止するとすれば
「資金力もある」楽天が有力か。
その資金力から今オフの楽天の補強にも注目だ。

 
では、今年の(個人的な)予想はどうだっただろうか。
2019開幕前に予想をした結果は以下の通り

パ・リーグ2019予想順位
【パ・リーグ2019予想順位】

1位 ソフトバンク
2位 西武
2位 楽天
2位 日本ハム
5位 オリックス
6位 ロッテ

【2018年の順位と倍率予想】
1 西 10.0 ○○
2 ソ 1.8 ◎◎
3 日 10.0 ▲△
4 オ 20.0 ☆☆
5 ロ 20.0 注注
6 楽 10.0 △▲

【マークの説明】
◎:本命
最も勝つ確率が高い球団。トップ評価。

○:対抗
2番手評価。

▲:単穴
3番手評価。

△:連下
2・3位(CS進出)の可能性がある球団。

☆:星
◎○▲△以外で、勝てる可能性がある穴。

注:注意
3位までの可能性があると思われる球団。

実際の2019順位は
1位 西
2位 ソ
3位 楽
4位 ロ
5位 日
6位 オ

予想(の順番)と比べると
1位 ソ→西
2位 西→ソ
3位 楽→楽
4位 日→ロ
5位 オ→日
6位 ロ→オ

という結果でした。

 
※20年予想順位は今季シーズン終了後の時点での予想

【パ・リーグ2020予想順位】

1位 ソフトバンク ◎◎◎
2位 楽天 ○○▲
2位 西武 ▲▲○
4位 ロッテ △△
4位 日本ハム △
4位 オリックス

来季からヤフオク→PayPayドーム

来季からヤフオクドーム(福岡ドーム)の球場名が
「福岡PayPayドーム」に変更するとソフトバンクが2019年11月1日に発表。
略称は「PayPay(ペイペイ)ドーム」

これはPayPay株式会社がネーミングライツ(命名権)の取得により決定。

これまでの球場名は「福岡ヤフオク!ドーム」で、
略称『ヤフオクドーム』としても知られていた。

まとめ

  • ホークス黄金期突入か
  • 3年連続日本一。補強はなくとも問題なしか
  • 巨大戦力・選手層がアツい
  • 資金力も豊富
  • バレンティンを2年契約総額10億円で獲得(金額は推定)
  • メジャー通算54勝マット・ムーア投手を1年契約、推定年俸3億円で獲得

以下は西村京太郎の名言
『世の中、お金だけではどうにもならない事があります。
でも、大抵は、お金でどうにかなるのも事実です』




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク