広島カープ投手まとめ。2019先発ローテーション、予想

スポンサーリンク

【広島東洋カープ】2019投手陣情報をまとめて紹介。予想、開幕一軍メンバー、新加入・新外国人、個人的評価、過去のデータ、比較など。今年のカープ絶好調男はレグナルトでMVP級の大活躍。一岡、中村恭も絶好調。不調の中崎に代わり抑えを務めるフランスアも好調だ。

広島カープ投手まとめ

主な先発ローテ ※更新6/29
  • 大瀬良 6勝5敗 防御率2.80 試合14
  • ジョンソン 6勝4敗 防3.26 試13
  • 床田 5勝4敗 防3.32 試13
  • アドゥワ 2勝3敗 防3.09 試13
  • 山口 1勝1敗 防3.13 試7
  • 九里 3勝3敗 防3.40 試14
  • 野村 3勝3敗 防4.83 試11
主なリリーフ ※更新6/29
  • レグナルト 4勝0敗0S 12H 防0.47 試34
  • 一岡 0勝0敗0S 15H 防2.05 試28
  • 中村恭 0勝1敗0S 5H 防1.71 試22
  • フランスア 5勝3敗2S 15H 防2.65 試35
  • 遠藤 0勝0敗0S 0H 防0.00 試6
  • 中崎 2勝3敗8S 3H 防4.08 試29
  • 菊池保 1勝2敗0S 2H 防4.62 試23
  • 島内 0勝0敗0S 0H 防4.38 試10
  • 矢崎 0勝0敗0S 0H 防5.63 試5
  • 中田 0勝0敗0S 0H 防10.80 試5
【6/30 ベンチ入りメンバー】
フランスア △
島内颯太郎
遠藤淳志
レグナルト △
菊池保則
一岡竜司
中村恭平 △

※△は左投げ

 
カープリリーフ陣が好調だ。
レグナルト4勝、フランスア5勝、
6/29日時点で、2人の外国人投手が合わせて9勝も挙げている。

中でもレグナルトの成績が光る。
また、一岡、中村恭の中継ぎ2人も絶好調。

一方、クローザー中崎の不調は誤算だった。

※今季から新加入の中継ぎ起用(レグナルト、菊池、島内、遠藤)が目立つ。
(データが少ない分、打ち取れる確率が上がるという見方もできるか。)

  • 更新:2019/6/30

 
カープ投手陣は2019年良い成績を残してしいても、
2018年のように勝てない。
なぜか…
それは「丸の移籍」だろう。

7/21時点で、
巨人(打線)は3番丸、2番坂本勇を中心に首位を独走。
2位DeNAは首位・巨人とのゲーム差は7、
3位広島は首位とのゲーム差は9。

打線の軸(主軸)を失ったカープ、
打線の軸が加入した巨人、
このまま首位を守り「優勝請負人・丸」となるか。

広島カープ2019先発

広島先発ローテ※更新5/25
床田 △
ジョンソン △
アドゥワ
大瀬良
野村
(中村祐)

【リリーフ】
レグナルト △
一岡竜司
フランスア △
中﨑翔太
九里亜蓮
菊池保則
中村恭平 △
山口翔

※△は左投げ
※上記のリリーフ投手は5/25時点のベンチ入りメンバー

 
レグナルトが絶好調だ。
今シーズンから加入した左腕は19試合に登板し、自責点はゼロ。(防御率0.00)
2勝0負0S、2H

※成績は5/25時点

相当な事(不調・ケガなど)がなければ、
このまま2019広島投手外国人枠はレグナルト、フランスア、ジョンソンの3人となりそうだ。

現在の外国人選手4人全員が活躍、(投手3人+野手バティスタ)
チームは首位、
このままの調子でいけば、
ヘルウェグ、ローレンス、メヒアは外国人枠の影響で一軍出場機会が限られる事が予想される。

 
【レグナルトのグローブ】
広島・レグナルト投手のグローブの刺繍が
「レグナルド」になっていたという事実。
ファンからは「レグナルド」と呼ばれる事が多いという。

 

開幕ローテ
1.(金) 大瀬良 ※カード初戦
2.(土) 床田 △
3.(日) 久里
-. (月) off 移動日・休養日
4.(火) ジョンソン ※カード初戦
5.(水) 野村
6.(木) 岡田

4/19~4/25ローテ
1.(金) 大瀬良 ※カード初戦
2.(土) 床田 △
3.(日) ジョンソン
-. (月) off 移動日・休養日
4.(火) アドゥワ ※カード初戦
5.(水) 野村
6.(木) 大瀬良

開幕から3週間。早くもローテに動きが。

4月19日~4月25日のローテは
ゴールデンウィーク(GW)前に中5日で、
エース大瀬良が先発(予告先発)。

久里、岡田にかわり、アドゥワがローテに入った。
しかも、初先発の試合で広島が勝利。
(久里、岡田が先発の試合は共に2先発で2連敗。)

【開幕一軍メンバー】
12 九里亜蓮
14 大瀬良大地 ※開幕投手(自身初)
21 中﨑翔太
28 床田寛樹 △
30 一岡竜司
43 島内颯太郎 (23)
58 レグナルト
59 菊池保則 (30)
62 ヘルウェグ
97 フランスア △
【開幕戦データ】
19年 大瀬良大地×菅野智之 広5-0巨 ○

※過去五年・開幕投手
18年 野村祐輔 中 6-3 ○
17年 ジョンソン 神 6-10 ●
16年 ジョンソン De 1-2 ●
15年 前田健太 ヤ 2-4 ●
14年 前田健太 中 3-2 ○

※19年を含む過去六年の開幕戦の勝敗は3勝3敗となった。

カープ2018先発ローテ

【開幕ローテーション】
1.(金)野村 ※開幕投手
2.(土)ジョンソン △
3.(日)大瀬良
4.(火)薮田
5.(水)高橋昂 △
6.(木)岡田


【中盤ローテーション】
1.(金)野村
2.(土)大瀬良
3.(日)高橋昂 △
4.(火)ジョンソン △
5.(水)久里
6.(木)岡田


【終盤ローテーション】
1.大瀬良
2.ジョンソン △
3.久里
4.野村

広島カープ投手陣予想

広島カープ2019投手陣予想(先発・中継ぎ・抑え)

【先発】
大瀬良 (28)
野村 (30)
床田 (24)△
岡田 (26)
九里 (28)
ジョンソン (35)△※
ローレンス (32) ※NEW
レグナルト (31)△※
アドゥワ (21)

【中継ぎ】
フランスア (26)△※
一岡 (28)
岡田
ヘルウェグ (31)※
ローレンス※
レグナルト△ ※
今村 (27)

【抑え】
中崎 (27)

※△は左投げ
※( )内の数字は2019年の満年齢
※ローレンスは復帰待ち
※外国人枠4つ。外国人投手枠は最大で3つ。

 
他にも
17年15勝の薮田(27)、中村(24)、戸田(26)、高橋昂(21)らも先発候補として挙がる。

カープ2019予想先発

【カープ2019予想開幕ローテ】

1.(金) 大瀬良 ※カード初戦
2.(土) 野村
3.(日) 床田 △
4.(火) ジョンソン △ ※カード初戦
5.(水) 岡田
6.(木) 久里

4年連続のリーグ優勝、V4を目指す広島の
開幕投手は大瀬良が濃厚。

大瀬良大地

出典:スポニチ

 

ジョンソンは対戦カード初戦となる、開幕第4戦目か開幕第2戦目の先発が予想される。
ジョンソンが第4戦目となれば、
第2戦目の先発は野村、
第3戦目は床田と続く。

ここまでの四人は
先発ローテーション入りとみていいだろう。

ローテーションの残り枠は2つ。
18年8勝の久里、
18年シーズン開幕から終盤までローテーションに入った岡田。
ポストシーズンでは中継ぎで起用されたが、
19年は先発か中継ぎか起用法も注目だ。

また、18年リリーフとして活躍したアドゥワ誠は
今季先発も視野にいれていたが、無期限二軍調整で開幕絶望的との報道も。

新外国人のレグナルトは
マイナー通算154試合で先発は4度のみだが、球団は先発として期待している。

同じく新外国人のローレンスは
昨季マリナーズで救援として11試合に登板。1勝0敗、防御率7.33。
傘下3Aでは主に先発で登板し
19試合中、16試合が先発で
7勝5敗、防御率3.31の成績。

二人の新外国人投手ともに
先発・リリーフどちらに向いているか、チーム状況によっても起用法がわかれそうだ。

そんな中で予想したローテーションは以下のとおり。

1.(金) 大瀬良
2.(土) 野村
3.(日) 床田 △
4.(火) ジョンソン △
5.(水) 久里
6.(木) 岡田、アドゥワ、レグナルト△…

※△は左投げ
 

レグナルトをローテーションとして起用するには「外国人枠」が気になる。

外国人枠は4枠。
投手だけ、野手だけで4枠を使うことは出来ず、
「3人+1人」または「2人+2人」の組み合わせとなる。

既に投手の外国人枠はジョンソン、フランスアの二人が当確(濃厚・ほぼ当確)。

残りの外国人投手は
ヘルウェグと、新外国人のローレンスとレグナルト。

野手の外国人がバティスタとメヒア。
仮にバティスタとメヒアの二人が登録となれば、
投手2人+野手2人となり
3人の外国人投手は二軍ということになる。

 
投手3人+野手1人となれば、
ヘルウェグ、ローレンス、レグナルト
3人の外国人投手の一つの枠をかけた競争となる。

【外国人枠予想】
投手3人+野手1人の場合
投手はジョンソン、フランスア、レグナルト(先発強化の場合)
野手はバティスタ

投手2人+野手2人の場合
投手はジョンソン、フランスア
野手はバティスタ、メヒア
と予想する。

 
【カープ2019先発ローテーション候補】

投手 防御率 試合 投球回 勝/負 奪三振
大瀬良 2.62 27 182 15/7 159
ジョンソン 3.11 24 144.2 11/5 113
久里 4.26 24 120.1 8/4 86
野村 4.22 20 119.1 7/6 60
アドゥワ 3.74 53 67.1 6/2 30
岡田 5.09 26 138 8/7 114
レグナルト
ローレンス

※成績は2018年
※=残りの外国人枠をかけて競争が予想される外国人投手

スポンサーリンク

カープ2019予想リリーフ

【2019勝利の方程式予想】
7回 一岡
8回 フランスア △
9回 中崎

※△は左投げ

【主な中継ぎ・抑え候補】

投手 防御率 試合 勝/負 ホールド セーブ
フランスア 1.66 47 3/4 19 1
一岡 2.88 59 5/6 18 2
中崎 2.71 68 4/2 6 32
ヘルウェグ 1.13 7 0/0 2 0
レグナルト
ローレンス
今村 5.17 43 3/2 13 1
永川 4.82 22 2/0 5 0
岡田 5.09 26 8/7 1 0
アドゥワ 3.74 53 6/2 5 0

※成績は2018年
※=残りの外国人枠をかけて競争が予想される外国人投手

ヘルウェグは18年、外国人枠の影響もあり少ない登板機会ながら防御率1.13と好成績を残した。

週刊ベースボール予想

週刊ベースボールが予想する広島カープ2019予想投手スタッフ

【2019広島予想投手スタッフ】

[先発]
大瀬良大地
△ジョンソン
九里亜蓮
野村祐輔
中村祐太
アドゥワ誠
△戸田隆矢
△レグナルト

[中継ぎ]
△フランスア
岡田明丈
一岡竜司
今村 猛
ヘルウェグ
ローレンス

[抑え]
中崎翔太
※△は左投げ

出典:週刊ベースボール

カイル・レグナルト投手

18年11月16日
広島は新外国人投手
カイル・レグナルト投手の獲得を発表。

レグナルトは
メジャーの登板経験はない。

1988年12月30日生まれ(30歳)
188cm 103kg
左投げ左打ち

契約金12万5000ドル(約1400万円)
年俸40万ドル(約4400万円)+出来高。
背番号「58」

18年はメッツ傘下3Aラスベガスで48試合に登板。
4勝1敗3セーブ、防御率4.77。

マイナー通算154試合16勝5敗12セーブ、防御率3.18

先発登板は4度のみだが、球団は先発として期待。

 
【個人的評価】
タイプ:中継ぎ (球団は先発の起用も視野)
年俸 C
実績 D
期待度 C
総合評価 C

※評価はA+が最大評価、Gが最低評価

 
一軍登板には大きな壁がある。
それは「外国人枠」である。
外国人枠は4つ。
既にジョンソン、フランスアの両投手は当確とみられ、
野手はバティスタ、メヒアがいる。

この外国人枠だが、
投手のみ四人、野手のみ四人という登録ができない。
3人+1人または2人+2人のどちらの組み合わせとなる。

以上の外国人以外にも
ヘルウェグ投手、新外国人ローレンス投手がいる。

 
広島は11月14日にジャクソン投手、カンポス投手、エルドレッド内野手の退団を発表していた。

 
【参考・比較データ】
17年は咽頭炎や左足のケガに悩まされたが、毎年のように安定した成績を残すクリス・ジョンソン投手のNPB1年目の契約年俸は7000万円

クリス・ジョンソン #42
メジャーでは未勝利だったが、3Aでは2年連続の二桁勝利、MLBドラフトでは06年にレッドソックスから一巡目指名(全体40位)という事もあり、
評価は高く、球団幹部も期待を寄せていた。

ケーシー・ローレンス投手

18年12月4日
広島は新外国人投手
ケーシー・ローレンスと契約合意を発表。

ケイシー・リー・ローレンス
Casey Lee Lawrence

1987年10月28日生まれ (31歳)
188cm 77kg
右投右打
契約金30万ドル(約3300万円)、
年俸52万ドル(約5200万円)+出来高払い
背番号:70

2017年にブルージェイズでメジャーデビュー。
シーズン途中にマリナーズへ移籍。

2018年はマリナーズでリリーフとして11試合に登板。1勝0敗、防御率7.33の成績。
傘下3Aでは主に先発として出場。
19試合に登板し、7勝5敗、防御率3.31
19試合のうち16試合が先発での出場だった。

メジャー通算成績は
38試合登板(先発2試合)、
3勝3負0ホールド0セーブ、
投球回78.2、失点60(自責点58)、
防御率6.64

 
緒方監督はローレンスについて
「面白い技巧派。外国人枠の中で投手3枠を、しっかり回しながらやりたい」

と期待のコメント。

 
【個人的評価】
最速150キロの技巧派右腕。
コントロールに定評がある。
タイプ:先発・中継ぎ
年俸 C
実績 C
期待度 C+
総合評価 C+

※最大評価はA+、最低評価はG

 
【カープファンの有名人・有吉弘行】




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク