プロ野球順位予想2019。セ・パ12球団、解説者データ

スポンサーリンク

【セ・パ12球団順位予想まとめ】各球団の戦力を数字化。過去のデータなども考慮し順位を予想!プロ野球2019年順位予想・戦力データ分析。解説者の予想順位も紹介。独自の競馬新聞風・予想で優勝オッズやコメントも紹介。複数の解説者はセ巨人、パはソフトバンクが上位と予想。

プロ野球順位予想2019

球春到来!
また今年もこの季節がやってきた。
プロ野球キャンプがスタートである。

連日、スポーツ紙、ネットニュース、スポーツニュース番組はこの話題で盛り上がりをみせている。

今年の「顔」は各球団、様々。

広島では巨人から移籍した長野久義外野手。
この人は電撃移籍後、各メディアが注目。
2019年ここまでのプロ野球界で一二を争うほど、お騒がせ(よくも悪くも)をしたのではないだろうか。

そのきっかけをつくったと言ってもよいのが
巨人の丸。
この人の人気も目立つ。
今年もヘルメット用のフェイスガードを着用し、プレーするようだ。

ヤクルトはミスター・トリプルスリー山田哲人。
週刊誌も賑わしたが、
プレーでも賑わす。

中日はゴールデンルーキー根尾。
この人の人気は入団時から凄かった。
視力検査の様子も、でかでかとスポーツ紙に載るなど人気は既に超一流。
開幕一軍、開幕スタメンなど
実力でも、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。

他にも中日は、平成の怪物・松坂大輔投手の存在も忘れてはいけない。

DeNAでは筒香、
阪神では新加入の西らがプロ野球キャンプをあつく、盛り上げる。

そんなプロ野球の現時点での順位を
あらゆるデータを考慮し予想していきたいと思う。

井端弘和順位予想

まずは中日、巨人で活躍をした井端弘和氏が予想した、2019年プロ野球順位予想
セ・リーグの順位が以下の通り。

1位 広島
2位 巨人
3位 DeNA
4位 中日
5位 ヤクルト
6位 阪神

※この順位は1月27日に放送された
「ショウアップナイタースペシャル 球春到来 プロ野球・キャンプの歩き方~沖縄編~」に出演した井端弘和氏が、その日の時点でセ・リーグの順位予想を行ったもの。

エモやん順位予想

著書「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもお馴染みのエモやんこと江本孟紀氏がプロ野球12球団の順位を予想した。

セ・リーグは
1位 巨人
2位 広島
3位 ヤクルト
4位 阪神
5位 DeNA
6位 中日

パ・リーグは
1位 ソフトバンク
2位 日本ハム
3位 西武
4位 楽天
5位 オリックス
6位 ロッテ

とエモヤンは予想した。

赤星憲広順位予想

阪神OBの赤星憲広氏による、
プロ野球2019年順位予想が、
日本テレビ Going! Sports&News
にて紹介された。

去年の2018年順位予想では、
2位阪神と6位ヤクルトの順位が逆であったが、
それ以外の順位は的中させている。

1位 広島 → 広島○
2位 阪神 → ヤクルト×
3位 巨人 → 巨人○
4位 DeNA → DeNA○
5位 中日 → 中日○
6位 ヤクルト → 阪神×

そんな中で、
赤星氏が予想したプロ野球2019年の順位は以下の通り。

【セ・リーグ】
1位 広島
2位 巨人
3位 ヤクルト
4位 阪神
5位 DeNA
6位 中日

【パ・リーグ】
1位 ソフトバンク
2位 日本ハム
3位 西武
4位 オリックス
5位 ロッテ
6位 楽天

(赤星) ソフトバンク絶対だとは思わないんですよ1位は。

(上田) なるほど。日ハムとの2強?

(赤星) まあ、パ・リーグももつれると思いますけど

(上田) ソフトバンクが強そうだなって感じですか?

(赤星) ただ、毎年ケガ人が出ているので、今も中村選手がケガをしてたり、去年は今宮選手が抜けてしまったので、優勝できなかったと思うんですね。だから、そういう怖さはありますよね。

(上田) 楽天は、なんと言っても則本選手が抜けたのがちょっといたいですよね。
はい。という訳でね。ロッテファンのかわりに僕が言いましょう。あかほし~。

参考:Going! Sports&News

 
【中村晃】
ソフトバンク・中村晃選手(29)が
「右腹斜筋筋挫傷」と診断され、
工藤監督は中村について
開幕は「厳しいかもしれない」
とコメント。

全治、(一軍)復帰は未定。

個人的セ・リーグ順位予想

プロ野球2019順位予想セ・リーグ

それでは個人的な順位予想をしていきます。
順位予想をするには、何の根拠もなく予想しては深い予想順位にはなりません。

まずはセ・リーグの昨シーズンの順位と過去の順位をみていきましょう。

1位 広島
2位 ヤクルト
3位 巨人
4位 DeNA
5位 中日
6位 阪神

次は過去5年の順位です。

【過去5年の順位】

広島
18年1位
17年1位
16年1位
15年4位
14年3位

今年、V4を目指す広島。
今年も優勝候補筆頭とされる。
競馬で例えれば単勝1倍後半~2倍前半といったところか。

(優勝予想)単勝オッズ:2.5


ヤクルト
18年2位
17年6位
16年5位
15年1位
14年6位

狙うは15年以来のV。
優勝のカギは投手陣。

単勝オッズ:3.5


巨人
18年3位
17年4位
16年2位
15年2位
14年1位

優勝狙える。キーマンは菅野、丸、坂本あたりか。

単勝オッズ:3.5


DeNA
18年4位
17年3位
16年3位
15年6位
14年5位

ここ三年はCS争いに加わっている。

単勝オッズ:5.0


中日
18年5位
17年5位
16年6位
15年5位
14年4位

セ・リーグ5強1弱となる可能性もある。
ここ5年でセ・リーグで唯一CS進出経験がない。
今年も厳しいか。

単勝オッズ:15.0


阪神
18年6位
17年2位
16年4位
15年3位
14年2位

監督もかわった。
選手も投手陣(先発)を中心にかわった。
今年は選手・首脳陣がうまくはまれば、何かありそうな予感だ。

単勝オッズ:4.0


競馬新聞風・予想
1位 広 2.5 ◎ 王者の走りV4へ
2位 ヤ 3.5 ○ 前走好成績
3位 巨 3.5 ▲ なんとかCS
4位 De 5.0 ☆ 一発ある
5位 中 15.0    厳しいか
6位 阪 4.0 △ 一発警戒

◎:本命
最も勝つ確率が高い球団。トップ評価。

○:対抗
2番手評価。

▲:単穴
3番手評価。

△:連下
2・3位(CS進出)の可能性がある球団。

☆:星
◎○▲△以外で、勝てる可能性がある穴。

注:注意
3位までの可能性があると思われる球団。

 
【戦力分析】
各球団の戦力を数字化

※最大評価5.0
※合計最大評価35.0
※32.0~35.0=A+、29.0~31.5=A、26.0~28.5=B+、23.0~25.5=B、20.0~22.5=C+、17.0~19.5=C

 

【広島】
投手7.5 (先発3.75 救援3.75)
打撃8 (長打力3.5 得点力4.5)
機動力4.5
守備力4.5
選手層4.5

合計29 (A)


【巨人】
投手8 (先発4 救援4)
打撃8 (長打力4 得点力4)
機動力3
守備力3.5
選手層4.5

スポンサーリンク

合計27 (B+)


【ヤクルト】
投手7.5 (先発3.75 救援3.75)
打撃8.5 (長打力4 得点力4.5)
機動力2.5
守備力3
選手層4

合計25.5 (B)


【阪神】
投手9 (先発4.5 救援4.5)
打撃6 (長打力2.5 得点力3.5)
機動力3
守備力3
選手層4

合計25 (B)


【DeNA】
投手5 (先発2.5 救援2.5)
打撃8.5 (長打力4.5 得点力4)
機動力3
守備力4
選手層3.5

合計24 (B)


【中日】
投手3 (先発1.5 救援1.5)
打撃6.5 (長打力3 得点力3.5)
機動力3
守備力4
選手層2.5

合計19 (C)

 

1位 広 2.5 ◎◎
2位 ヤ 3.5 ○▲
3位 巨 3.5 ▲○
4位 De 5.0 ☆☆
5位 中 15.0
6位 阪 4.0 △△

 
【予想結果】
以上の結果から

セ・リーグ2019順位予想
1位 広島
2位 巨人
2位 ヤクルト
4位 阪神
5位 De
6位 中日

と予想。

 

阪神が好調となれば、

1位 広島
2位 巨人
2位 ヤクルト
2位 阪神
5位 De
6位 中日

と、CS争いが激しくなる可能性もある。

個人的パ・リーグ順位予想

プロ野球順位予想2019パ・リーグ

続いてパ・リーグの順位予想。

パ・リーグの昨シーズンの順位は以下の通り。

1位 西武
2位 ソフトバンク
3位 日本ハム
4位 オリックス
5位 ロッテ
6位 楽天

次は過去5年の順位です。

【過去5年の順位】

西武
18年1位
17年2位
16年4
15年4位
14年5位

昨年はリーグ優勝だが、
菊池、浅村、炭谷の流出で戦力ダウンは間違いない。

(優勝予想)単勝オッズ:10.0


ソフトバンク
18年2位 ※日本一
17年1位 ※日本一
16年2位 
15年1位 ※日本一
14年1位 ※日本一

昨シーズンの順位は2位でも結局は日本一になり、
ここ五年間のプロ野球界では「無双」もしくは無双に近い状況ともいえる。

浅村(西武→楽天)がFAでソフトバンクに加入していたら、まさに鬼に金棒、ソフトバンクに超一流二塁手。ソフトバンクに穴なし。
という状況だった。

過去5年で4度の日本一という「絶対的王者」。
この最強軍団の日本一を阻止するには、16年日本ハムの大谷翔平のような怪物級・主柱の存在が必要か。

競馬で例えれば怪物馬級の単勝1倍前半~後半といったところか。

ソフトバンクを日本最強馬ディープインパクトに例えると、
これまた最強馬と呼ばれるオルフェーヴルのような馬(ライバルチーム)は現時点では見当たらない状況か。

単勝オッズ:1.8

プロ野球FA獲得ランキング
1位 巨人(26人)
2位 ソフトバンク(13人)

ソフトバンクは
2013年 中田賢一、鶴岡慎也
獲得以降FAで加入した選手はいない。※2019年2月時点


日本ハム
18年3位
17年5位
16年1位 ※日本一
15年2位
14年3位

王、金子ら新加入の選手に期待。

単勝オッズ:10.0


オリックス
18年4位
17年4位
16年6位
15年5位
14年4位

金子、西の流出は大きい痛手。
ここ五年間はいいところなし。

単勝オッズ:20.0


ロッテ
18年5位
17年6位
16年3位
15年4位
14年4位

長打力不足解消のカギを握る、レアード、バルガスらが上手く機能し、マクレるか。

単勝オッズ:20.0


楽天
18年6位
17年3位
16年5位
15年6位
14年6位

則本昂の復活、浅村の活躍を期待。

単勝オッズ:10.0


 
【競馬新聞風・予想】
1位 西 10.0 ○ 前走あざやか
2位 ソ 1.8 ◎ 怪物
3位 日 10.0 ▲ CSなら
4位 オ 20.0 ☆ 一発警戒
5位 ロ 20.0 注  一発注意
6位 楽 10.0 △ 上位狙える

 

◎:本命
最も勝つ確率が高い球団。トップ評価。

○:対抗
2番手評価。

▲:単穴
3番手評価。

△:連下
2・3位(CS進出)の可能性がある球団。

☆:星
◎○▲△以外で、勝てる可能性がある穴。

注:注意
3位までの可能性があると思われる球団。

 
【戦力分析】
各球団の戦力を数字化

※最大評価5.0
※合計最大評価35.0
※32.0~35.0=A+、29.0~31.5=A、26.0~28.5=B+、23.0~25.5=B、20.0~22.5=C+、17.0~19.5=C

【ソフトバンク】
投手8.5 (先発4.25 救援4.25)
打撃9 (長打力4.5 得点力4.5)
機動力4
守備力4
選手層5

合計30.5 (A)


【西武】
投手4.5 (先発2.5 救援2)
打撃9 (長打力4.5 得点力4.5)
機動力4.5
守備力4.5
選手層2.5

合計25 (B)


【楽天】
投手8.5 (先発4 救援4.5)
打撃6.5 (長打力3 得点力3.5)
機動力2.5
守備力3
選手層3.5

合計24 (B)


【日本ハム】
投手7.5 (先発3.5 救援4)
打撃6.5 (長打力3 得点力3.5)
機動力3.5
守備力3.5
選手層2.5

合計23.5 (B)


【オリックス】
投手7.5 (先発3.5 救援4)
打撃6 (長打力3 得点力3)
機動力3
守備力3
選手層2.5

合計21.5 (C+)


【ロッテ】
投手5.5 (先発3 救援2.5)
打撃5.5 (長打力2.5 得点力3)
機動力4
守備力3
選手層2.5

合計20.5 (C+)

 

1 西 10.0 ○○
2 ソ 1.8 ◎◎
3 日 10.0 ▲△
4 オ 20.0 ☆☆
5 ロ 20.0 注注
6 楽 10.0 △▲

 
【予想結果】
以上の結果から

パ・リーグ2019予想順位
1位 ソフトバンク
2位 西武
2位 楽天
2位 日本ハム
5位 オリックス
6位 ロッテ

と順位を予想。

 

パ・リーグ「1強・3中・2弱」

というのが現時点での予想結果。

ソフトバンクを除くCS進出の残り2枠をかけて、西武、楽天、日本ハムの3チームがCS争いとなる予想した。

※現時点



ホーム ページトップ  

スポンサーリンク