西武ライオンズ2020開幕予想スタメンオーダー(データ予測)

スポンサーリンク

【埼玉西武ライオンズ】2020年開幕予想スタメンオーダー、開幕戦データ、外国人枠予想、個人的オーダー&戦力評価、年齢・血液型・出身地、データ予測等、まとめて紹介。「投低打高(!?)」リーグトップの打線もチーム防御率は2年連続リーグワースト

西武2020予想スタメンオーダー

西武2020予想スタメンオーダー

埼玉西武ライオンズ2020開幕戦予想オーダー
1.(中)金子侑司■
2. 遊 源田壮亮△
3. 捕 森友哉△
4. 三 中村剛也
5. (-) 外崎修汰
6. 一 山川穂高
7. ― ― ― ―
8. ― ― ― ―
9. ― ― ― ―

※△は左打ち、■は両打ち
赤字は2020東京オリンピック(侍ジャパン)代表候補と予想
オレンジは2020東京五輪代表候補に選ばれる可能性あり、は穴と予想(赤字=本命、オレンジ=対抗、緑=穴)

2019年シーズンはエース菊池雄星が抜け、主軸の浅村栄斗が抜け、それでも終わってみれば2年連続のリーグ優勝。
2020年、秋山翔吾が抜けるとなると更なる戦力ダウンとなるだろう。

【外崎修汰】
センター秋山翔吾のメジャー移籍により外野コンバートの可能性もある外崎。
外崎本人は「正直、内野で出たいです」とコメント。
希望は内野での出場だが、「外野で出た方が強いなら外野」、「内野で出た方が強いなら内野」とチーム状況によって対応する事を発言した。

【森友哉】
パ・リーグMVP、首位打者を獲得した森友哉捕手が今季年俸8000万円→来季2億円でサイン。
高卒7年目・捕手での2億円は史上最高額。
(城島健司の1億8000万円超え)
※金額は推定

週刊ベースボール予想オーダー

週刊ベースボールが予想する西武2020オーダー
1.中 金子侑司■
2.遊 源田壮亮△
3.捕 森友哉△
4.一 山川穂高
5.三 中村剛也
6.二 外崎修汰
7.左 栗山巧△
8.指 メヒア
9.右 木村文紀

西武2020外国人枠予想

投手 野手
ニール (スパンジェンバーグ△)
– – – (メヒア)
– – –

※外国人枠は4
※ニールは開幕投手最有力であると辻監督が明言。残りの3枠をスパンジェンバーグらで競う事が予想される。
ギャレット投手、ノリン投手△、スパンジェンバーグ選手△は20年新加入
※△=投手の場合左投げ、野手の場合左打ち

西武今季開幕スタメン

西武今季開幕戦スターティングラインナップ
1.左 金子侑司 (29)■
2.遊 源田壮亮 (26)△
3.中 秋山翔吾 (31)△
4.一 山川穂高 (28)
5.捕 森友哉 (24)△
6.二 外崎修汰 (27)
7.指 栗山巧 (36)△
8.三 中村剛也 (36)
9.右 木村文紀 (31)
開幕一軍メンバー(野手16名)

【捕手(3名)】
10 森友哉 (24)△
37 岡田雅利 (30)
62 駒月仁人 (26)

【内野手(6名)】
0 水口大地 (30)△
5 外崎修汰 (27)
6 源田壮亮 (26)△
31 佐藤龍世 (22) ※NEW
33 山川穂高 (28)
60 中村剛也 (36)

【外野手(7名)】
1 栗山巧 (36)△
8 金子侑司 (29)■
9 木村文紀 (31)
46 鈴木将平 (21)△
53 愛斗 (22)
55 秋山翔吾 (31)△
58 熊代聖人 (30)

※数字は背番号
※( )内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち、■は両打ち
※佐藤龍世は19年新加入

西武今季CSスタメン

【西武2019スターティングラインナップ(比較)】

打順 開幕戦 オールスター後 CS第4戦
1 (左)金子侑■ (中)秋山△ (中)秋山△
2 (遊)源田△ (遊)源田△ (遊)源田△
3 (中)秋山△ (二)外崎 (捕)森△
4 (一)山川 (一)山川 (三)中村
5 (捕)森△ (捕)森△ (二)外崎
6 (二)外崎 (三)中村 (一)山川
7 (指)栗山△ (指)栗山△ (左)栗山△
8 (三)中村 (右)金子侑■ (指)メヒア
9 (右)木村 (左)鈴木△ (右)金子侑■

※開幕戦=3月29日
※オールスター後=7月15日
※CS第4戦(西武最終戦)=10月13日

今季CS第4戦ベンチ入りメンバー(15名)
対ソフトバンク先発:バンデンハーク

【投手(9名)】
榎田大樹△
佐野泰雄△
國場翼
平井克典
平良海馬
松本航
ヒース
増田達至
小川龍也△

【捕手(1名)】
中田祥多

【内野手(3名)】
山野辺翔
永江恭平△
水口大地△

【外野手(2名)】
木村文紀
熊代聖人

西武2019ドラフト指名選手

2年連続でリーグワーストの防御率だった西武の補強ポイントは何と言っても「投手」。
19年ドラフトでは当然、投手を中心に指名。(9人中6人が投手。※育成含む)

×(外れクジ) 佐々木朗希 投手 大船渡高
1位 宮川哲△ 投手 東芝
2位 浜屋将太△ 三菱日立パワーシステムズ
3位 松岡洸希 埼玉武蔵ヒートベアーズ
4位 川野涼多■ 内野手 九州学院高
5位 柘植世那 捕手 Honda鈴鹿
6位 井上広輝 日大三高
7位 上間永遠 徳島インディゴソックス
8位 岸潤一郎 外野手 徳島インディゴソックス
育成1位 出井敏博 神奈川大

※投手の場合△は左投げ
※打者の場合△は左打ち

指名:8人 ※育成除く
合計:9人 (育成1人含む)

【投手野手別】
投手:5 (1)
野手:3

【ポジション別】
投手:5 (1)
捕手:1
内野:1
外野:1

【投手左右別】
右投げ:3 (1)
左投げ:2

【野手左右別】
右打ち:1
左打ち:1
両打ち:1

※()内の数値は育成契約選手

年齢・血液型・出身地データ

選手名 年齢 血液型 出身地
金子侑司 30 B 京都
源田壮亮 27 O 大分
森友哉 25 A 大阪
中村剛也 37 O 大阪
外崎修汰 28 O 青森
山川穂高 29 A 沖縄
栗山巧 37 O 兵庫
メヒア 35 不明 ベネズエラ
木村文紀 32 O 東京

※年齢=2020年の満年齢

スポンサーリンク

個人的2020西武オーダー

個人的な2020山賊打線
1.左 外崎修汰
2.捕 森友哉△
3.一 山川穂高
4.三 中村剛也
5.指 岡田雅利
6.二 スパンジェンバーグ△
7.遊 源田壮亮△
8.右 木村文紀
9.中 金子侑司■

 
【チーム打撃成績(規定打席到達選手)】
※規定打席=試合数×3.1 (端数は四捨五入)
※今季規定打席=443 (143×3.1=443.3 =443)

選手 打率 本塁打 打点 得点圏 長打率 出塁率 OPS 盗塁 盗塁死 失策
.329 23 105 .411 .547 .413 .959 3 2 9
秋山 .303 20 62 .244 .471 .392 .864 12 8 5
中村 .286 30 123 .350 .528 .359 .887 2 1 13
源田 .274 2 41 .297 .350 .324 .674 30 9 9
外崎 .274 26 90 .270 .493 .353 .846 22 6 15
山川 .256 43 120 .261 .540 .372 .912 1 0 8
栗山 .252 7 54 .250 .355 .333 .687 0 0 0
金子 .251 3 33 .252 .292 .324 .616 41 10 3

※森はパ・リーグ1位の打率.329をマークし首位打者を獲得。秋山(リーグ5位)、中村剛也(11位)、源田(13位)、外崎(14位)、山川(22位)、栗山(23位)、金子(25位)。パ・リーグ規定打席到達は30名(打率リーグ30位はロッテ中村奨吾の.232)。

西武の規定打席到達者は8名。
パ・リーグの規定打席到達が30名という事から平均(30÷6 =5名)よりも多い。つまり、レギュラーがある程度固まっているとの見方もできそうだ。

【試合 – 打席 – 打数 -安打】
森友 135 – 573 – 492 – 162
秋山 143 – 678 – 590 – 179
中村 135 – 557 – 496 – 142
源田 135 – 609 – 540 – 148
外崎 143 – 621 – 533 – 146
山川 143 – 626 – 524 – 134
栗山 123 – 466 – 409 – 103
金子 133 – 524 – 463 – 116

【OPS】
森友 .959
山川 .912
中村 .887
秋山 .864
外崎 .846
栗山 .687
源田 .674
金子 .616

戦力予測

西武2020戦力予測
投手力:11 (先発5 救援6)
打撃力:16 (長打力8 得点力8)
機動力:17
守備力:16
選手層:15

合計:76 (B+)

※最大評価=20.0
※先発=最大評価10.0、救援=最大評価10.0となり、()内の数字を足した合計が最大評価20.0となる。
※合計最大評価100.0
※最大ランク「A+」、最低ランク「C」
90~100=A+80~89=A、70~79=B+、60~69=B、50~59=C+、40~49=C

【2019パ・リーグチーム防御率】

チーム 防御率
ソフトバンク 3.63
楽天 3.74
日本ハム 3.76
ロッテ 3.90
オリックス 4.05
西武 4.35

【2019パ・リーグ打撃成績】

球団 打率 本塁打 打点 盗塁 長打率 出塁率
西 .265 174 718 134 .428 .344
.251 93 532 48 .365 .325
.251 183 559 113 .410 .312
.251 141 589 48 .390 .333
.249 158 613 75 .402 .330
.242 102 516 122 .353 .309

※リーグ1位の成績は赤字で表示

 
【西武18年・19年データ比較】

年度 打率 本塁打 打点 盗塁 長打率 出塁率
2018 .273 196 761 132 .454 .352
2019 .265 174 718 134 .428 .344
西武2018打撃成績
チーム打率.273、盗塁132はリーグ1位。
得点792、安打1351本はリーグ1位&球団記録
本塁打196本はリーグ2位だった。

18年パ・リーグ本塁打数1位のソフトバンクは202本、3位の日本ハムは140本と2位と3位に56本もの開きがあった。
※ソフトバンクチーム打率.266、得点685
※日本ハムチーム打率.251、得点589

18年投手陣はリーグワーストの防御率4.24、失点653。
西武というチームの特徴は何と言っても「打線」。取られたら取り返す「打ち勝つ野球」。
リーグトップの打線に、リーグワーストの投手陣という事から「投低打高」とも言えるだろう。

スパンジェンバーグ

西武は19年12月6日、
コーリー・スパンジェンバーグ選手、
ショーン・ノリン投手
との契約合意を発表。

【コーリー・スパンジェンバーグ】
コーリー・ジョセフ・スパンジェンバーグ
(Cory Joseph Spangenberg)

1991年3月16日生まれ
アメリカ出身
182cm 88kg
右投左打
ポジション:内野手(二塁、三塁、左翼など)

 「(元)MLBドラ1・ユーティリティープレイヤー」  スパンジェンバーグの特徴をざっくり言えばこのような表現だろうか。

スパンジェンバーグは
2011年MLBドラフト1巡目(全体10位)の指名を受けた選手で、ポジションは主に内野(二塁手、三塁手)での出場が多い。
今季はミルウォーキー・ブルワーズでプレーした。

【今季打撃成績】
32試合、打率.232 (95-22)、本塁打2、打点10、長打率358、出塁率277、OPS.635、盗塁3、盗塁死0

【メジャー通算成績】
419試合、打率.256 (1250-350)、本塁打29、打点119、長打率389、出塁率315、OPS.704、盗塁34、盗塁死10

今季推定年俸:120万ドル(約1億3200万円)
来季推定年俸:8000万円
来季背番号:22

まとめ

  • 投手力に不安(投低打高)
  • チームの特徴は「打線」。打ち勝つ野球
  • 秋山翔吾メジャー移籍で戦力ダウンか
  • 内外野を守れるスパンジェンバーグ獲得
  • スパンジェンバーグの本職は内野手(二塁・三塁)。外崎の外野コンバート案も浮上




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク