千葉ロッテ投手まとめ。マリーンズ先発ローテ2019

スポンサーリンク

【千葉ロッテマリーンズ】投手陣(厳選)まとめ。2019先発ローテ&リリーフ、予想など。絶好調男は中継ぎの田中靖洋と松永昂大。松永は貴重な左腕としても欠かせない。今のロッテが上位・Aクラス入りを目指すのに必要な事は、まずは先発投手の強化・安定だろう。

千葉ロッテ投手まとめ

主な先発ローテ ※更新6/30
  • 岩下 3勝1敗 防御率2.94 試合12
  • 二木 5勝5敗 防3.62 試13
  • 種市 4勝1敗2H 防3.96 試16
  • 涌井 3勝4敗 防4.16 試13
  • 石川 3勝3敗 防5.12 試10
  • ボルシンガー 1勝3敗 防4.87 試11
  • 土肥 0勝0敗 防5.00 試2
  • 中村稔 0勝1敗 防9.00 試1
主なリリーフ ※更新6/30
  • 田中 4勝1敗0S 2H 防1.35 試29
  • 松永 1勝2敗0S 9H 防1.62 試20
  • チェン 0勝0敗0S 3H 防2.67 試23
  • 益田 2勝4敗15S 5H 防3.34 試31
  • 唐川 4勝3敗0S 12H 防3.33 試26
  • ブランドン 0勝2敗0S 3H 防3.07 試12
  • 東條 1勝0敗0S 3H 防3.18 試25
  • 西野 0勝1敗2S 4H 防3.86 試29
  • 酒居 3勝3敗0S 16H 防4.54 試32
【7/2 ベンチ入りメンバー】

19 唐川侑己 (30)
20 東條大樹 (28)
23 酒居知史 (26)
28 松永昂大 (31)△
29 西野勇士 (28)
47 田中靖洋 (32)
52 益田直也 (30)
63 種市篤暉 (21)

※△は左投げ
※数字は背番号
※( )内の数字は19年満年齢

【開幕一軍メンバー】

12 石川歩 (31)※開幕投手
19 唐川侑己 (30)
20 東條大樹 (28)
23 酒居知史 (26)
28 松永昂大 (31)△
29 西野勇士 (28)
52 益田直也 (30)
58 高野圭佑 (28)
63 種市篤暉 (21)
86 ボルシンガー (31)※開幕第2戦先発

右投手ばかりなのが印象的。
クローザー・内竜也(34)は右ひじのクリーニング手術で離脱。

 
19年開幕投手の石川歩が先発ローテから外れるなど、先発陣は安定感に欠ける。

 

  • 更新:2019/7/2

千葉ロッテ先発ローテ

開幕ローテ
1.金:石川 ※カード初戦
2.:ボルシンガー
3.:有吉
月:(移動日)
4.火:涌井 ※カード初戦
5.水:ブランドン△※新加入
6.木:小島△
【開幕データ】

2019年の開幕投手は石川歩 ※自身初

19年 石川歩 5-4 楽 ○

スポンサーリンク

過去五年の開幕戦成績
18年 涌井秀章 1-0 楽 ○
17年 涌井秀章 1-3 ソ ●
16年 涌井秀章 3-2 日 ○
15年 涌井秀章 3-1 ソ ○
14年 成瀬善久 5-11 ソ●

※19年を含む開幕戦の成績は四勝二敗となった。

千葉ロッテ投手2018

【千葉ロッテマリーンズ2018データ】

2018開幕ローテ
1.金:涌井 ※カード初戦
2.:ボルシンガー
3.:酒居
月:(移動日)
4.火: 石川 ※カード初戦
5.水: 二木
6.木: 涌井
2018中盤ローテ
1.金:涌井 ※カード初戦
2.:ボルシンガー
3.:酒居
月:(移動日)
4.火: 石川 ※カード初戦
5.水: 有吉
6.木: 渡邉
2018終盤ローテ
涌井
(ボルシンガー)※
有吉
石川
二木
種市

※ボルシンガーは9/8以降登板なし。
9/8西武戦で1回2/3を7失点で降板。再調整のため出場選手登録を外れている。

 
【2018投手データ】
18年チーム防御率:4.04 (リーグ5位)
先発防御率:4.22 (6位)
救援防御率:3.72 (5位)

ロッテは投手陣に不安が残る。
今季新加入の選手は野手が目立った。
レアード、バルガスの両外国人、
新人では藤原が加入した。

投手ではレイビン、ブランドン・マンの両外国人が加入。
新人では東妻(あづま)、小島(おじま)が加入。

即戦力投手の補強がAクラスへの近道ではないだろうか。

 
【唐川侑己】
井口監督のすすめで18年8月から中継ぎに転向。
4年ぶりのリリーフ登板となったが、
13試合連続無失点を含む
21登板で自責点1という抜群の安定感をみせた。

今季もリリーバー・唐川侑己に期待したい。




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク