プロ野球2019開幕戦対戦カード、20年・パ21年開催地

スポンサーリンク

【プロ野球開幕特集】プロ野球2019年・開幕戦はセ・パ共通で3/29(金)に行われる。2019年の開幕戦対戦カードに加え、2020年のセ・パ開幕戦開催地を紹介。セ・リーグは神宮と東京ドームの東京ダブル開催。さらには2021年のパ・リーグ開幕戦開催地も紹介。

プロ野球2019年開幕カード

2019年プロ野球開幕戦は
セ・パ共通で3月29日、金曜日となる。

開幕戦の本拠地開催の条件は

セ・リーグが
2年前のペナントレースで、
Aクラスだった球団の本拠地球場
で開幕戦を行う。

パ・リーグは
3年前のペナントレースで
Aクラスだった球団の本拠地球場
で開幕戦を行う。

 
セ・リーグの2年前、
2017年の順位は
1位広島
2位阪神
3位DeNA
4位巨人
5位中日
6位ヤクルト

以上の順位から
上位3チーム(Aクラス)の本拠地球場で
開幕戦を行う。

2019年セ・リーグ開幕対戦カード
広島(1位) × 巨人(4位) マツダスタジアム 18:00
阪神(2) × ヤクルト(6) 京セラドーム 18:00
DeNA(3) × 中日(5) 横浜スタジアム 18:30

 
パ・リーグ3年前、2016年の順位は
1位日本ハム
2位ソフトバンク
3位ロッテ
4位西武
5位楽天
6位オリックス

2019年パ・リーグ開幕対戦カード
日本ハム(1) × オリックス(6) 札幌ドーム 18:30
ソフトバンク(2) × 西武(4) ヤフオクドーム 18:30
ロッテ(3) × 楽天(5) ZOZOマリン 18:30

以上が2019年の開幕戦対戦カードとなる。

プロ野球2020年・本拠地開幕戦

ここで、
2020年の開幕戦の開催地も確認しておこう。

セ・リーグの開幕戦の条件は2年前。
2020年の2年前、
2018年の順位は
1位広島
2位ヤクルト
3位巨人
4位DeNA
5位中日
6位阪神

2020年セ・リーグ開幕戦開催地
1位:広島 マツダスタジアム(仮)
2位:ヤクルト 神宮球場(仮)
3位:巨人 東京ドーム(仮)

広島、ヤクルト、巨人の上位3チームの本拠地球場で開幕戦が行われる。

2020年といえば東京オリンピックの年。

スポンサーリンク

そんな年に
セ・リーグ開幕戦が東京でダブル開催となります。

 
2021年の開幕戦開催地は
今シーズンの成績で決まります。

 
一方、
パ・リーグはというと、
条件は3年前。

2020年の3年前、
2017年の順位は
1位ソフトバンク
2位西武
3位楽天
4位オリックス
5位日本ハム
6位ロッテ

2020年パ・リーグ開幕戦開催地
1位:ソフトバンク 福岡ヤフオク!ドーム(仮)
2位:西武 メットライフドーム(仮)
3位:楽天 楽天生命パーク宮城(仮)

上位3チームが本拠地開幕戦の条件となる。

さらに、
2021年の開幕戦開催地もパ・リーグは決まっている状況となります。

2021年の3年前、
2018年の順位は
1位西武
2位ソフトバンク
3位日本ハム
4位オリックス
5位ロッテ
6位楽天

2021年パ・リーグ開幕戦開催地
1位:西武 メットライフドーム(仮)
2位:ソフトバンク 福岡ヤフオク!ドーム(仮)
3位:日本ハム 札幌ドーム(仮)

パ・リーグでは
ソフトバンクが開幕戦の常連になっている。

13年は4位だったが、
14年以降は「無双」状態。

14年1位(日本一)、
15年1位(日本一)、
16年2位(CSファイナルS敗退)
17年1位(日本一)
18年2位(日本一)

 
一方のセ・リーグ。
ここ五年間では
中日の開幕戦が遠ざかっている。
2012年の2位を最後に、
13年から18年まで6年連続Bクラスと低迷。




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク