プロ野球背番号エースナンバー18の理由、NPBとMLBの違い

スポンサーリンク

【プロ野球背番号】NPBエースナンバー「18」の歴史やMLB背番号の特徴をまとめて紹介。メジャーでは特定の番号=エースナンバーといった概念は薄く、せいぜいノーラン・ライアンの「34」を希望する投手が多いという程度である。近年では日本人投手が背番号10番台(特に18)の背番号をつける例が多い

プロ野球背番号(NPB)

巨人においては背番号18=「エースナンバー」として最も有名な番号。

この「18」という数字には
プロ野球初期の大投手である若林忠志、野口二郎らがこの番号を付けて活躍した事や、
歌舞伎でいう「十八番」の連想からきているともいわれる。

※カラオケの「十八番(おはこ)」も、ここからきていると言われている。

 
【読売ジャイアンツ背番号18】
前川八郎→ 中尾碩志→ 藤田元司→ 堀内恒夫→ 桑田真澄→ 杉内俊哉→ 菅野智之
と受け継がれ、18=エースのイメージが確立された。

球団史上でも、背番号18をつけた選手は
短期着用したヴィクトル・スタルヒン、
近藤貞雄を加えた9名のみである

MLB背番号の特徴

アメリカ・メジャーリーグでは、特定の番号がエースナンバーといった概念は薄く、
せいぜいノーラン・ライアンの「34」を希望する投手が多いという程度である

 
メジャーでは移籍が多く、特定の選手の番号という意識が残りにくいのと
永久欠番が多いため特定の番号が継承されにくいことが要因と考えられている。

スポンサーリンク

MLBで背番号10番代は野手がつけていた傾向があったが、
近年では日本人投手が背番号10番台の背番号をつける例が多い。

・野茂英雄投手(背番号16、11など)
・石井一久投手(17)
・ダルビッシュ有投手 (11)
など

特に(日本でのエースナンバー)背番号18を希望する日本人投手が多い。
松坂、桑田、黒田、五十嵐亮太、岩隈、和田らが
メジャー進出を果たした際に背番号18をつけているが、日本人以外の投手の中では、
サンフランシスコ・ジャイアンツの投手「マット・ケイン」が18番をつけているぐらいで未だに10番台の投手は珍しい

※初回投稿年:2014

MLB歴史

メジャーリーグベースボール(MLB)は、
「アメリカンリーグ」と「ナショナルリーグ」の2リーグ制。

アメリカ合衆国に本拠地を置く29球団と、
カナダに本拠地を置く1球団・ブルージェイズ
の全30球団から構成。

過去には
「モントリオール・エクスポス」と
「トロント・ブルージェイズ」
のカナダを本拠地とする2チームが存在したが、
2005年、エクスポスがワシントンD.C.に本拠地を移転し、球団名を「ワシントン・ナショナルズ」に変更している。

各チームはリーグごとに
「東地区」、「中地区」、「西地区」のいずれかに所属する。

【ナショナルリーグ(15球団)】
開始年:1876
指名打者制:なし

【アメリカンリーグ(15球団)】
開始年:1901
指名打者制:あり

【MLB最多優勝チーム】
ニューヨークヤンキース:27回

※初回投稿年:2014




 
ホーム ページトップ  

スポンサーリンク