大阪桐蔭・根尾昂、藤原恭大「野球部史上最強メンバー」

スポンサーリンク

【大阪桐蔭】二枚看板・根尾昂、藤原恭大。根尾は両親が共に医師、兄は医大生。スポーツウォッチャー(テレビ東京)にてプロが選ぶ甲子園ベストプレーヤーとして、ベスト3が発表された。結果は1位吉田 (金足農)、2位藤原 (大阪桐蔭)、3位根尾 (大阪桐蔭)となった。

大阪桐蔭・根尾昂

根尾昂(ねお あきら)。

この男は一言では、とても語りきれない程の
「スーパー多刀流エリート」である。

漫画のような、漫画でも描けないような輝かしい経歴。

中学までの競技歴は「スキーの方が長い」という異色の経歴も持つ。

 
岐阜県の飛騨市出身。
両親が共に医師という家庭で
飛騨高山で生まれ育つ。
兄は医大生。
エリート一家のスーパーエリート。
今秋のドラフト1位候補。

 
【プロフィール】
2000年4月19日生まれ、O型
177cm 78kg
内野手・投手
右投左打
最速148キロ
遠投115メートル
50m5秒8 (短距離走で全国5位)

飛騨高山ボーイズ
中日ドラゴンズジュニア
JUNIOR ALL JAPAN
大阪府選抜(日台国際親善野球試合)
BFA U-18アジア選手権日本代表
好きなプロ野球選手:イチロー
尊敬する人物:両親

 
【中学までの競技歴ではスキーの方が長い】
小学時代はソフトボール投げで遠投89mで歴代1位の記録。

中学時代は生徒会長や学級長を務め、
学業もオール5に近い成績。

中学2年でアルペンスキーのスラローム(回転)で中学生日本一、
中学2年時スキー・スラロームで世界大会に出場。

中学時代に146キロを記録。
「スーパー中学生」とネットでも話題になった。

 
【大阪桐蔭・西谷監督との出会い】
大阪桐蔭の西谷監督が根尾のことを知ったのは、
岐阜県飛騨市立中2年時。
飛騨高山ボーイズに所属していた根尾の才能を見抜き、
西谷監督は岐阜へ何度も足を運び、
チームの監督に大阪桐蔭の育成方針を説明。

根尾は中学3年になった6月頃に、
大阪桐蔭の練習を見学。
西谷監督は
練習環境や寮生活の事などを説明し、
「日本一を目指して一緒に頑張らないか」
「もし、医者を目指すのなら、今日でお別れにしよう。」

と進路について問いかけ、
根尾は
「僕はプロ野球選手になりたいです。よろしくお願いします」
と答えたという。

後日、両親から正式な入学の意思を伝えられたとの事。

医者とプロ野球選手という将来の選択肢から、
プロ野球選手を選択。
今秋ドラフト指名で、その夢の実現は確実とみられる。

根尾選手に限った事ではないが、プロ野球選手になった事がゴールではないと思います。
特にプロ野球選手は一軍で活躍してこそ「プロ野球選手」
一流、超一流と呼ばれてこそ「プロ野球選手」
と胸を張って言えるのではないでしょうか。
プロ野球の育成と一軍で活躍する選手との差は歴然。

年俸で言えば育成は240万ほどから、となりますが、
一流、超一流となると
日本のプロ野球では
5億や6億円にもなります。

メジャーリーグのトッププレイヤーともなると
1年で30億以上もの契約を複数年で契約するもいます。

まさに、天と地ほどの差とも言えるのです。

 
【プロの評価】
阪神の球団幹部は
根尾を「新庄みたい」。
藤原は「今うちに入ってもトップクラス。10年ぐらいレギュラーを張れるんじゃないですか」
と評価。

日本ハム・栗山英樹監督は
二刀流・根尾に対し「素晴らしかった」
とコメント。
栗山監督はテレビ番組(熱闘甲子園)の出演のため
甲子園を訪れ、
大阪桐蔭 対 沖学園を生観戦していた。

合わせて、吉村GM、大渕スカウト部長ら球団幹部も
バックネット裏から視察。
根尾は投手よりも「打者・ショート」としての評価が非常に高いようですが、
日本ハムは大谷のような二刀流として、
根尾を指名するかも今後の注目です。

大阪桐蔭・藤原恭大

2012年に春夏連覇を達成した
藤浪晋太郎投手や森友哉選手らの活躍を
テレビで観て、大阪桐蔭・野球部の入部を決意。

1年生にしてレギュラーの座を獲得。
北大阪大会では、
全6試合4番で出場
打率.636、2本塁打、15打点
(全てチームトップ)

 
藤原は50m5秒7と
とにかく足が早い。走力は既にプロ級。

そのプロでもトップクラスの走力を武器に
打撃でもチームを引っ張る中心選手。

 
【プロフィール】
藤原恭大 (ふじわら きょうた)
2000年5月6日生まれ、B型
181cm 78kg
外野手
左投左打
高校通算30本塁打
50m 5秒7

今秋ドラフト1位候補。
地元・地元ファンの多い阪神やオリックスなどを含め、
複数球団の競合も予想される、逸材。

走攻守そろった、
プロでも将来トリプルスリーも狙えるような
超高校級・外野手。

その為、プロのスカウトなどの評価は非常に高い。
昨年の清宮幸太郎 同様に「特A」ランク
とこれ以上に無い評価で、
阪神・糸井並み、糸井以上
との見方も。

左打ちの好打者(俊足巧打)
は数えきれないほどいるが、
左投げ・左打ちという「珍しさ」も目を引く。

 
大阪府豊中五中・枚方ボーイズ
オリックス・バファローズジュニア
大阪府選抜(日台国際親善野球試合)
U-18野球ワールドカップ日本代表
BFA U-18アジア選手権日本代表
好きな球団:ソフトバンク
好きな選手:柳田悠岐

根尾・藤原
今秋のドラフトでの1位指名はあるのか。
複数の球団が競合するのか。
地元・関西の球団(阪神・オリックス)はどちらの選手を獲得かそれとも他の選手か。
大阪桐蔭から何名の選手が指名されるか。
今年のドラフトも盛り上がりそうです。

 
【プロが選ぶ甲子園ベストプレーヤー】
スポーツウォッチャー(テレビ東京)
プロが選ぶ甲子園ベストプレーヤー(18年)として、
ベスト3が紹介された。

1位 吉田 (金足農)
2位 藤原 (大阪桐蔭)
3位 根尾 (大阪桐蔭)

大阪桐蔭・春夏連覇

2018年8月21日 決勝
大阪桐蔭 13-2 金足農

やはりスター軍団は強かった。
大阪桐蔭、西谷浩一監督は
甲子園・春夏通算15回の出場で
55勝を達成。

甲子園優勝回数は7回目となり、
PL学園の中村順司監督を抜き、
監督最多を記録。

スポンサーリンク

【準V金足農業・吉田】
金足農業・吉田の投球数は
甲子園6試合で881球。
この球数記録は
斎藤佑樹(早実・06年)の948球に次ぐ、
第二位の球数記録となった。

斎藤佑樹(早実・06年)は
甲子園で948球、

松坂大輔(横浜・98年)は
782球。

 
世代ナンバーワン投手・吉田輝星
高校卒業後の進路については、
「まだ、全然考えていない」と話ながらも、

好きなプロ野球球団は巨人
入団したいかを問われると「行きたいです」と回答。

プロの評価も高いので、プロ野球球団へ入団とおもわれるが、
プロ野球以外に大学進学などはあるのか。

今秋の巨人からの指名はあるのか。
この発言から巨人からの単独指名となるのか。
地元・東北の楽天からの指名はあるのか。
ドラフト1位として複数球団からの指名はあるのか
も今後の注目です。

 
【金足農・エース吉田輝星】

金足農業吉田輝星侍ポーズ

出典:日刊スポーツ

金足農業高校(秋田)
絶対的エース吉田輝星投手(よしだこうせい)。

侍ポーズ(サムライポーズ)が絵になる男だ。
こんなに投げっぷりのいい、
みていて気持ちがいい
投手は久しぶりにみた感じがする。

 
【今年こそ、優勝旗の「白河の関越え」を】
記念の夏。金農の夏。
100回目の夏・平成最後の夏
というメモリアルな大会で悲願となるか
と期待されたが、結果は準優勝に終わった。

 
【過去の東北勢・夏の記録】
過去100回の夏の大会で東北勢の優勝は一度もない。
東北勢が「最も優勝に近づいた瞬間」は、
平成元年・1989年の準優勝。

過去に26度の出場経験がある、
東北の強豪・仙台育英(宮城)である。

1989年の夏の甲子園決勝戦。
エース大越基擁する仙台育英が
相手エース吉岡雄二擁する帝京(東東京)
との試合。

両エースの投げ合いで、どちらも譲らず、
0-0のまま延長戦へ突入し、
10回に大越投手がつかまり2失点。
仙台育英は最後まで吉岡投手を攻略できず、
0-2で敗れた。
まさに激闘、伝説の試合である。

 
【仙台育英】
昨年12月、部員の飲酒と喫煙が発覚。
無期限活動停止後、
6カ月間もの対外試合禁止という処分を受けた。
これに伴い、長くチームを率いていた
佐々木順一朗監督が、引責辞任。
春の県大会に出場ができなかったため、
今年の夏はノーシードから甲子園出場を決めたが、
埼玉の強豪・浦学に9対0で完敗。
浦和学院(南埼玉) 9-0 仙台育英(宮城)

 


 
【大阪桐蔭「最大のライバル」履正社】
2018年の夏の高校野球、
一番のゲームは北大阪大会の準決勝
大阪桐蔭 対 履正社
ではないだろうか。

まさに大会史上に残る激戦で、
最も大阪桐蔭と互角に戦ったチーム、

最も大阪桐蔭を苦しめたチームとの見方もできます。

 
【起死回生。9回2死走者なしから逆転】
王者・大阪桐蔭 対 履正社

第100回全国高校野球選手権
記念北大阪大会・準決勝
大阪市此花区・大阪シティ信用金庫スタジアム

履正社は、本来は外野手で、
高校の公式戦初登板の主将、浜内が先発。
六回まで無失点と好投。
その後、9回2アウト、あとアウト1つで勝利という
名勝負を演出した。

試合は終盤に点を取り合い、
大阪桐蔭が1点を追う九回表の攻撃。
犠打に失敗し併殺で2死走者なし。

大阪桐蔭は絶体絶命の苦境に追い込まれる。
たが、大阪桐蔭は諦めなかった。その後の打者がファウルで粘るなどして「4連続四球」で同点。
(この時点で、大阪桐蔭に流れは傾いてしまったか)

最後は山田が決勝打を放つ。
結果は大阪桐蔭が履正社に6対4で競り勝ち、決勝へと進出したのであった。

 
大阪桐蔭 000000303 - 6
履正社  000000130 - 4

 
試合を振り返ると
履正社は4連続四球を出す前に
他の投手への「継投」「継投内容」
にも疑問が残る試合となった。

恐らく浜内投手はもう限界、限界に近い状態だったと思われる。
ボールが高めに浮き、コントロールが乱れ出し、
結果4連続フォアボールで同点を許した。

悔いが残る、自滅という結果である。
投手の心理からすれば、
自信のあるボールを打たれた方がまだマシである。

最後に打たれた主将は
「勝利をつかみたかったが、自分のせいで逆転されてしまった」と語っているが、
王者・大阪桐蔭に対し、見事なピッチングである。

 
実は、大阪桐蔭は履正社が隠していた
「投手・浜内」も想定内だったと言う。

その内容は北大阪大会・履正社の準々決勝
視察に訪れていたスタッフが
ブルペンで投球練習する浜内の姿を見逃さず、
「先発もありうる」との見方をしていた。

 
この試合を終えて、
改めて感じた事は「大阪の高校野球はレベルが高い」
今年に関しては「日本一高校野球のレベルが高い」と言えるだろう。

 
今大会は100回目の記念大会で大阪から2校進出
となったのだが、
今後、このような状況になった場合は
大阪桐蔭と履正社は、どうにかしてでも別地区として別ける事を提案したい。

もしくは、大阪から3校・4校進出と言うのも面白いかもしれない。

(大阪桐蔭 対 金光大阪
戦も2対1とナイスゲーム。)

 
【大阪桐蔭ゲーム結果、2018夏・甲子園】
大阪桐蔭13 – 2金足農
大阪桐蔭 5 – 2済美
大阪桐蔭11 – 2浦和学院
大阪桐蔭 3 – 1高岡商
大阪桐蔭10 – 4沖学園
大阪桐蔭 3 – 1作新学院

 
【地方大会】
大阪桐蔭23 – 2大阪学院大高
大阪桐蔭 6 – 4履正社
大阪桐蔭 2 – 1金光大阪
大阪桐蔭12 – 2常翔学園
大阪桐蔭18 – 0常翔啓光学園
大阪桐蔭 9 – 0四條畷




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク