カルビーポテトチップスおまけ→プロ野球チップスカード図鑑

スポンサーリンク

【プロ野球チップスカード図鑑】好評発売中。トリビアと共に情報を紹介。プロ野球チップス(スナック)は、カルビーが1973年から製造している、ロングセラー商品。うすしおあじのポテトチップスに、プロ野球選手のトレーディングカードが「おまけ」として付いてくる。

プロ野球チップスカード

と或る(とある)日の事である。
書店に立ち寄ると
こんな本が置いてあった。
「プロ野球チップスカード図鑑」
である。

プロ野球チップスカード図鑑巨人
Callbee プロ野球チップスカード図鑑 読売ジャイアンツ

プロ野球チップスカード図鑑楽天
Callbee プロ野球チップスカード図鑑 東北楽天ゴールデンイーグルス

 
プロ野球チップス(スナック)は、
カルビーが1973年から製造している、ロングセラー商品。

うすしおあじのポテトチップスに、
プロ野球選手のトレーディングカードが「おまけ」として付いてくる。


プロ野球チップス2017 侍ジャパン 大谷翔平 金箔サインカード
プロ野球チップス2017 侍ジャパン 大谷翔平 金箔サインカード

昔、野球少年・少女だった人たちも
現在の野球少年・少女も
野球好きであれば、
一度は買ったことがあるだろう。

同じくカルビー(カルビー製菓)が製造した
「仮面ライダースナック」は、
1971年~1973年1月まで発売され、
「おまけ」の仮面ライダーカードを欲しさに、当時の少年たちは仮面ライダースナックを買いまくったのである。
中には「おまけ」のカードだけを残し、スナックを捨てるという人も現れ、
社会現象になるほどの爆発的な人気だった。

そんな大人気・仮面ライダースナックの売上げは、
1972年2月には1日100万袋を越え、
最終的には(カルビー社内のメモによると)
15か月間で6億2000万袋に達したという。

これは(平均すると)当時の男子児童1人あたり、85袋購入した計算になる。

金額換算で、約87億円を売り上げたとする資料もあるという。

仮面ライダースナックで大成功となった
カルビーは1973年から
「プロ野球スナック」を販売。
記念すべき第1号のカードは
ミスタープロ野球・長嶋茂雄。

現在のポテトチップスになる前は
サッポロポテトバーベQ味。
チップスではなく、プロ野球「スナック」だった。

珍しいカードも存在する。
1991年には野茂英雄のトルネード投法を連続写真としているカードが8枚発行されている。

限定カードとして
1992年には関西限定で「タイガースチップス」として阪神の選手のみを扱ったシリーズ、
1997年には東海限定で中日ドラゴンズの選手のみを扱ったシリーズが発行されるなど、
地域限定版も存在する。

1994年、
北海道・山陽・九州限定で
発売されたのがイチロー選手。
この年シーズン210本安打の日本記録を更新したイチローのファーストカードもあるが、
全国版ではこの年のイチロー選手のカードは発行されていない為、プレミア価格となっている。
過去には、このカードをコピーした偽物がカードショップに出回るなど、問題になった。

希少の為、現時点でネットオークションの出品は無し。
最近では18年10月に3500円で落札されている。
(ヤフオク!)

※2001年にこのカードは復刻されている。


カルビー2001 プロ野球チップス イチロー復刻カード イチロー
カルビー2001 プロ野球チップス イチロー復刻カード

スポンサーリンク

 

プロ野球チップス(スナック)を
大人になった現在でも買っている、集めているというプロ野球好きも多いのではないだろうか。

その人気は現在も続いており、
2018年には「プロ野球チップス図鑑」として書店でも販売されるほど。

プロ野球チップスカード図鑑

発売日:2018年8月25日 (読売ジャイアンツほか)
価格:1200円
出版社:ザメディアジョン

当時持っていたプロ野球チップスカードを確認することもでき、懐かしさを感じながらも楽しめる一冊。
「こんなカードもあったのか」と新たな発見もあるだろう。

1973年から現在までの各球団の選手を厳選した図鑑となっている。

選手紹介、
当時の選手データや年度の成績などカード裏面も紹介。

レギュラーカード、
スターカード、
タイトルホルダーカード、
スペシャルBOX限定カード、
チェックリストなどのレアカードも掲載。
一冊に500枚以上が収録されている。

書店によっては12球団全て揃って販売していない場合がある。
巨人、阪神などの定番・人気球団は置いてあったが、
地域、店舗によって扱っていない球団もあるようだ。

広島カープは2冊が発売

プロ野球チップス図鑑・広島東洋カープは
Vol.1とVol.2が発売されている。


プロ野球チップスカード図鑑Vol.1広島東洋カープ (FLAG!別冊)
プロ野球チップスカード図鑑Vol.1広島


Callbee プロ野球チップスカード図鑑 vol.02 広島東洋カープ
プロ野球チップスカード図鑑 vol.02 広島

プロ野球チップスカード図鑑広島カープ

出典:Amazon

発売日:
2017年7月7日 (広島Vol.1) ※FLAG!」別冊バージョン
2018年9月14日 (広島Vol.2)

出版社:ザメディアジョン

購入者の評価

購入者の中には、こんな評価をしている人もいた。

25年間カルビーの野球チップスカードを集め続けていて、大半の選手のカードが掲載されるということで買わせていただきました。ただ、90年代に主力だった落合博満や桑田真澄、2000年代の主力・清原和博の情報がすべてカットというのには納得がいかなかったです。何らかの事情があるにせよ、この3人が黒歴史扱いにされたことで★3とさせていただきます。

出典:Amazon

カルビー株式会社

カルビー株式会社はスナック菓子メーカー。
ヒット商品は
プロ野球チップス(プロ野球スナック)の他に、
かっぱえびせん、
仮面ライダースナック、
じゃがりこ
など。

シリアル食品の「グラノーラ」なども製造・販売している。

【カルビー社名の由来】
カルビーの語源は
カルシウムの「カル」と
ビタミンB1の「ビー」を合わせて
カルビーと名付けられた。

 
【かっぱえびせん】
かっぱえびせんの商品名の由来は
昭和20年代に流行した漫画「かっぱ天国」の
キャラクターを、
かっぱえびせんの前身であるお菓子「かっぱあられ」のパッケージに採用。
その後「えびせん」となりイラストは海老、
商品名の「かっぱ」が残り、
現在の「かっぱえびせん」になった。

 
【じゃがりこ】
じゃがりこの商品名の由来は
「じゃが」はじゃがいも、
「りこ」は
開発担当者の友人の名前「りかこさん」が
美味しそうに商品を食べている姿から名前を採用。

じゃがいも+りかこ
を縮めて「じゃがりこ」となった。




 
ホーム ページトップ  

スポンサーリンク