野球名言集。プロ野球ヒーローインタビュー迷言も厳選大連発

野球名言
スポンサーリンク

【野球名言集】野球・プロ野球の名言を厳選して紹介。ヒーローインタビュー、名フレーズ、エピソードなども「まとめて」紹介。西武・山川穂高『僕はホームランを打つ人、HR以外は失敗』。近鉄・加藤哲郎『まあ打たれそうな気がしなかったんで、大したことなかったですね』

プロ野球ヒーローインタビュー名言集

中田翔の名言
申告敬遠ふたり連続であると思ってたんですけど、
実際に目の前で見たら、
すごくあの~なめてるのかなと思いまして、
すごく気合いが入りました

2019年プロ野球開幕戦
日本ハム-オリックス戦
3対3の同点でむかえた延長10回裏。
日本ハムは1アウト3塁でサヨナラのチャンスに
西川、近藤の二人を申告敬遠。
満塁となり、打席には4番中田翔。
結果は劇的なサヨナラ満塁ホームラン。
試合後のヒーローインタビューで生まれた名言であった

 

加藤哲郎の名言
まあ、打たれそうな気がしなかったんで。
まあ、大したことなかったですね。
もう明日で決めたいですね

1989年日本シリーズ第3戦
近鉄-巨人戦に先発した加藤哲郎投手の好投で近鉄が三連勝
日本一に王手となった試合後のヒーローインタビューで生まれたメイゲン。

だが、この発言後のエピソードは続く。
巨人は三連敗の後に三連勝。舞台は最終第7戦へ。

近鉄の先発は、あの発言をした加藤。
加藤の言葉にムッとしたという巨人・駒田徳広がホームランを放つなど
この試合、加藤を打ち崩し巨人が勝利。日本一となった。

当時の試合をみていたというGoingの司会・上田は
『これ覚えてますね。駒田さんがホームラン打ってサードベースまわる時、
加藤投手に向かってバーカみたいな事をね、言うのよ。
駒田さん今、否定なさいますよ。言ってないって。』

参考:Going

 

松坂大輔の名言
『今日で自信から確信に変わったと思います』

1999年5月16日
西武-オリックス戦
球界一の天才打者イチローとの初対決。
この試合でイチローを3打席連続三振に抑え、試合後のインタビューで生まれた名言

野球名言集

甲子園実況の名言
恐ろしい。甲子園は清原のためにあるのか

1985年夏・決勝
PL学園(大阪) 対 宇部商業(山口)
実況が清原和博のホームラン後に発言した名言

 

ダイヤのA・御幸一也の名言
めんどくせー奴らなんだよ。投手って生き物は。だからオモシロイ。

大人気野球漫画「ダイヤのA」に登場する青道高校・御幸一也みゆき かずや捕手の名言。

ダイヤのA(ダイヤのエース)とは
寺嶋裕二が作者の野球マンガ
週刊少年マガジン(講談社)にて連載中

山川穂高の名言

『僕はホームランを打つ人』
『ホームラン以外は失敗』

この名言はテレビ朝日・報道ステーションの山川穂高選手の特集の中のインタビューから生まれた名言。

『僕はホームランを打つ人だと思っているので、ホームランにならない以外は失敗だと思っているんですよ』

なぜホームランにこだわるとの問いには
『ホームランを打てばわかるんですけどね』

 

参考:報道ステーション

ダルビッシュ有の名言

『土、日の休みが消え。夏休みが消え。冬休みが消え。友達が遊んでる時に練習してた。だから今がある』

 
『僕はスポーツに関しては
 50%の努力と
 39%の頭脳と
 1%の才能
 が必要だと思っています』

合計で「90%」との事で、
本人が追加でツイート。

間違いだったら訂正します。でも僕は訂正してません。
残りの10%は「合計で90%にしかならないツイート」を見た皆さんがした事です。
「頭脳」は競技の中での「頭脳」。残りの10%は多くの疑問を感じられるもう1つの「頭脳」であり「考える力」であると思っています。

ダルビッシュ投手は
「努力」と「頭脳」が大事とかたっています。
特にプロ野球選手(プロスポーツ選手)を目指す、野球少年(スポーツ少年)には参考にしていただきたい名言。

「努力」なくてしてプロにはなれない。
「頭脳」なくてしてプロにはなれない。
「努力」と「頭脳」なくして一流のプロ選手にはなれないということかもしれません。

 
本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有
英語: Sefat Farid Yu Darvish

イチローの名言

『努力せずに
何かできるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうじゃない。』

『努力した結果、
何かができるようになる人のことを
「天才」というのなら、
僕はそうだと思う。』

『人が僕のことを、
努力もせずに打てるんだと思うなら、
それは間違いです。』

スポンサーリンク

 
『(寂しく感じるのは)これからでしょう。
僕は野球の研究者でいたい。
44歳でこの先どうなっていくのか
自分で見てみたいという気持ちは変わらない』
※18年シーズンは試合に出場できなくなったことについて語ったコメント

牧田和久の名言

『最近思うんです。全てはバランスとタイミング。投球も人生もそれで説明がつく』

『投手はバランスのよいフォームで投球できるか。
打者はバランス良い構え、スイングでそれに対応できるか。
そこでお互い、プレーの質が変わってくる。
だから投手は打者のバランスを崩すために、タイミングをはずしにかかる。
特に僕にとっては、そこは生命線』

出典:日刊スポーツ

 
【パドレス・牧田和久投手の投球動画】

『メジャーのボールは変化量が大きい』
(変化量が曲がりやすい。落ちやすい)

『自分の思った以上の軌道が出る』
と語っている

ミスター(長嶋茂雄)の名言

・『野球というスポーツは人生そのものです』
※「長嶋さんにとって野球とは何ですか?」という質問のこたえ。

・『キャンプというのは生き物ですからね』

野村克也・名言集

野村克也・名言集野村克也・名言集

・『野球は頭のスポーツ』
・『打撃では、技術で足りない部分は配球を読む、クセを見破るなど、頭を使って補う。
相手が何を仕掛けてくるか考える。
徹底的に相手の嫌がることをする。
野球は間違いなく、頭のスポーツ。頭脳戦だ』

・『1球投げて休憩。1球投げて休憩。休憩している間に何をするか。
次のプレーに対して備え、考える時間を与えられている。
技術は限界があるが、考えることは無限』

・『若いとき流さなかった汗は、年老いて涙に変わる』
・『「失敗」と書いて「せいちょう(成長)」と読む』
・『名捕手なきプロ野球は滅びる』
・『優勝チームに名捕手あり』
・『ひと昔前なら優勝チームに好投手あり』
・『小事、細事に気づくのは、キャッチャーの習性であり仕事だと思う』
・『ヒットの延長がホームラン』
・『ホームランなんて狙ったことないよ一回も』
※プロ野球通算歴代2位の657本塁打を記録した強打者が語った名言

 
・『先頭バッターのフォアボールの失点率は七割』
・『一流の脇役になれ』
※ヤクルト監督時代の愛弟子、宮本慎也に対し言った名言

・『鈍感は最大の罪』
・『プロセスなき成功は失敗より怖い』
※プロセス = 過程。工程。方法。

・『人生という字をどう読むか?
人として生まれる、
人として生きる、
人を生かす、
人を生む…、
それが人生なんです』

マー君神の子不思議な子

『マー君神の子不思議な子』

この名言誕生にはノムさんの考え(狙い)があったという。
当時の楽天は新球団。
創設から年数が浅く、観客動員数も大切だった。

試合後の会見(ぼやき)は定番であった。
そこで、何を話すか、いつも7回裏から考えていたという

『マスコミはハッとするような言葉に飛びつくでしょ。政治家も我々もお客さん商売で共通している。お客さん、つまり国民が何を求めているのか、どうして欲しいのかを常に考えることは大切だ』

出典:朝日新聞

楽天・嶋を正捕手にした理由

野村監督は将来性も加味して
嶋基宏をレギュラーキャッチャーとして起用することにしたのは、
嶋の「通信簿」をみたからである。

野村監督はチームスタッフに頼みレギュラー候補のキャッチャーたちの
球歴や学歴の資料(中学時代の通信簿など)を集めてもらい、
新人・嶋基宏のすべての科目がオール5の成績の通信簿を見て驚いたという。

そこで野村監督は

『野球の原点は頭であり、
キャッチャーはその象徴だとも思っている私は、
その事実を知って嶋をレギュラーで使うことに決めた』

と語っている。

 
【嶋の将来を予想】
『嶋は非常に頭のいい子なんですよ。
ですからキャッチャーに向いているんだけど、
彼は間違いななくコーチや監督になっていく人材だと思うんだけど、
辛口になってしまう。期待しているだけにね。』

星野仙一の名言

『迷ったら前へ。
苦しかったら前に。
つらかったら前に。
後悔するのはそのあと、
そのずっと後でいい』

楽天・三木谷浩史オーナーの名言

『現代社会において最大のリスクは、「人生を後悔すること」だと思うんです。
金銭的なリスクなんて、ある意味、大したことはない。
チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。
目標を決めて、逆算して行動を起こせ』



スポンサーリンク