野球日本代表「侍ジャパン2020東京五輪予想オーダー」

スポンサーリンク

【侍ジャパン・日本代表】2019→2020東京オリンピック代表オーダー予想。西武ライオンズ・源田壮亮は守備の名手で18年のパ・リーグUZR32.9はダントツ(ゴールデングラブ獲得)。日本の四番候補・山川穂高、柳田悠岐「代表背番号22」の理由などをまとめて紹介

 

野球日本代表予想オーダー

野球日本代表(侍ジャパン)2020予想オーダー
1番 (二) 山田哲人 (27)
2番 (左) 丸佳浩 (30)△
3番 (中) 柳田悠岐 (31)△
4番 (一) 山川穂高 (28)
5番 (右) 鈴木誠也 (25)
6番 (指) 吉田正尚 (26)△
7番 (三) 宮崎敏郎 (31)
8番 (捕) 甲斐拓也 (27)
9番 (遊) 源田壮亮 (26)△
 
※△は左打ち
※数字は2019年満年齢

侍ジャパン2020野手代表候補予想
【捕手】
甲斐拓也 (ソ)
會澤翼 (広)
森友哉 (西)△
田村龍弘 (ロ)

【内野手】
山田哲人 (ヤ)
源田壮亮 (西)△
山川穂高 (西)
坂本勇人 (巨)
岡本和真 (巨)
浅村栄斗 (楽)
宮崎敏郎 (De)
中村奨吾 (ロ)
菊池涼介 (広)
外崎修汰 (西)
田中広輔 (広)△
井上晴哉 (ロ)
松田宣浩 (ソ)

【外野手】
柳田悠岐 (ソ)△
丸佳浩 (巨)△
鈴木誠也 (広)
秋山翔吾 (西)△
筒香嘉智 (De)△
吉田正尚 (オ)△
近藤健介 (日)△
西川遥輝 (日)△
平田良介 (中)
青木宣親 (ヤ)△
島内宏明 (楽)△
上林誠知 (ソ)△
大田泰示 (日)

 
19年以降の活躍次第では代表候補も期待できる野手

【捕手】
梅野隆太郎 (神)
嶋基宏 (楽)
小林誠司 (巨)
炭谷銀仁朗 (巨)
大城卓三 (巨)△

【内野手】
吉川尚輝 (巨)△
牧原大成 (ソ)△
中田翔 (日)
高橋周平 (中)△
大山悠輔 (神)
安部友裕 (広)△
中島卓也 (日)△
今宮健太 (ソ)
中村剛也 (西)

【外野手】
田中和基 (楽)■
桑原雅志 (De)
野間峻祥 (広)△
西川龍馬 (広)△
大島洋平 (中)△
中村晃 (ソ)△

 
19年以降の活躍次第では代表候補、
2020以降の代表も期待できる若手野手

【内野手】
村上宗隆 (ヤ)△
清宮幸太郎 (日)△
木浪聖也 (神)△
小園海斗 (広)△
根尾昂 (中)△

【外野手】
辰巳涼介 (楽)△
近本光司 (神)△
藤原恭大 (ロ)△

 

侍ジャパン2020先発投手予想
菅野智之 (巨)
則本昂大 (楽)
大瀬良大地 (広)
千賀滉大 (ソ)
東克樹 (De)△
小川泰弘 (ヤ)
上沢直之 (日)
岸孝之 (楽)
東浜巨 (ソ)
原樹理 (ヤ)
山岡泰輔 (オ)
西勇輝 (神)
多和田真三郎 (西)
武田翔太 (ソ)

 
19年以降の活躍次第では代表候補も期待できる先発投手

石川歩 (ロ)
山口俊 (巨)
野村祐輔 (広)
岩貞裕太 (神)△
加藤貴之 (日)△
辛島航 (楽)△
秋山拓巳 (神)
二木康太 (ロ)
涌井秀章 (ロ)

※△は左投げ

侍ジャパン2020先発投手予想
2018データ
投手 防御率 投手回 勝/負 奪三振 WAR
菅野智之(30) 2.14 202 15/8 200 7.0
東克樹(24)△ 2.45 154 11/5 155 5.1
則本昂大(29) 3.01 180.1 10/11 187 4.9
上沢直之(25) 3.16 165.1 11/6 151 4.2
大瀬良大地(28) 2.62 182 15/7 159 4.1
原樹理(26) 3.09 110.2 6/7 93 4.1
多和田真三郎(26) 3.81 172.2 16/5 102 4.0
小川泰弘(29) 2.75 108 8/5 94 3.8

※成績は2018年
※()内の数字は2019年満年齢
※△は左投げ

主な中継ぎ・抑え候補
2018データ
投手 防御率 試合 勝/負 セーブ WAR
松井裕樹(24)△ 3.65 53 5/8 5 2.5
山崎康晃(27) 2.72 57 2/4 37 2.3
三嶋一輝(29) 3.97 60 7/2 0 2.2
森唯斗(27) 2.79 66 2/4 37 1.9
増井浩俊(35) 2.49 63 2/5 35 1.9
高梨雄平(27)△ 2.44 70 1/4 1 1.9
石山泰稚(31) 2.08 71 3/2 35 2.6
中崎翔太(27) 2.71 68 4/2 32 1.2
宮西尚生(34)△ 1.80 55 4/3 0 1.2
加治屋蓮(28) 3.38 72 4/3 0 1.6
甲斐野央(23)

野球日本代表・個人的オーダー

野球日本代表(侍ジャパン)2020個人的オーダー
1番 (二) 山田哲人
2番 (中) 秋山翔吾 △
3番 (左) 柳田悠岐 △
4番 (一) 山川穂高
5番 (指) 丸佳浩 △
6番 (右) 鈴木誠也
7番 (三) 近藤健介 △
8番 (捕) 甲斐拓也
9番 (遊) 源田壮亮 △
 
※△は左打ち

 
守備を重視するのではあれば、俊足・西川遥輝(日)をセンターに守らせば鉄壁か。

プロ野球最強ショート源田

日本代表(侍ジャパン)のショートストップは源田。
巨人・坂本勇人という選択肢もあるが、個人的な意見となるが坂本勇は指名打者(二塁手)での出場ではどうだろうか。

野球というスポーツは打撃だけではなく、守備も重要。人によっては、まずは「守備」と考える人もいるだろう。
特にキャッチャー、ショートというポジションは「守備」が求められる。

この捕手、遊撃手というポジションだが、負担も大きい。
投手を除いて他のポジションに比べ、とにかく走り、動き、頭も必要だ。

捕手、遊撃手のレギュラー=まずは「守備」。野球は点を与えなければ負けないスポーツと考えれば、そこにいきつく。

 
【UZR】
UZRとは各ポジションの平均と比較し、
失点を防いだかを示す指標。
選手の守備力(の参考)データともいえる。

2018年UZRセ・リーグ
1位は坂本勇人12.1
2位は京田9.0
3位は田中広輔3.7

だが、ゴールデングラブ賞は田中広輔。

一方、パ・リーグでは
西武・源田が32.9
2位安達13.4
3位中島2.0
4位今宮-7.8

と、源田がダントツの1位。もちろん、ゴールデングラブ賞は源田。

源田が現れるまでパ・リーグゴールデングラブ賞の常連だった今宮の守備はもう昔の話だ。

これからの日本のショートストップは「源田壮亮」である。

 
【日本のショート】
源田=ショートの守備ナンバーワン。
坂本勇=ショートの守備セ・リーグ1位、ショート打撃ナンバーワン。

源田の守備範囲(走力)を含めた守備力は日本球界ナンバーワンだろう。それはデータ(UZRなど)でも明らかだ。

 
【源田壮亮プロフィール】
1993年2月16日生まれ
2019年満26歳。
2020東京オリンピックにも問題ない。
むしろ選手全盛期(といえる)年齢。

出身:大分県
大分商高→愛知学院大→トヨタ自動車→西武

大学時代から守備力には定評があり、
守備は既に「プロ級」と言われていた。

16年ドラフト3位で西武入団。
よく、ここまでの選手が(社会人)ドラフト3位まで残っていたという感想である。

そんな中で西武スカウトは、
14年1位森友哉、2位山川
15年1位高橋光成、3位外崎
16年1位今井、3位源田…

と近年、主力級を次々と上位指名。
優秀なスカウト陣といえるだろう。

坂本勇人

「打ってよし。守ってよし。」
巨人・坂本勇人、日本球界最強ショート(候補の1人)の凄さがわかるデータを紹介。

2017年シーズン終了時点の通算成績
5444打数 1559安打 165本塁打
通算打率 .286でむかえた18年シーズン。

1444試合・5552打数目にして、「20代で1600安打」に到達。
※2018/5/2 終了時点

(現)日本球界最強ショート(候補のひとり)。坂本勇人がハイペースで安打を量産中。
次に目指すは2000本安打はもちろんだが、
2000安打最小試合記録、
2000安打最年少記録にランクインも狙える位置にいる。

【2000安打 ※最小試合記録】
1位 1646試合 川上哲治
2位 1695試合 アレックス・ラミレス
3位 1708試合 長嶋茂雄

【2000安打 ※最年少記録】
1位 31歳7か月 榎本喜八
2位 32歳2か月 張本 勲
3位 33歳6か月 土井正博

 
【通算安打数記録】
1位 3085 張本 勲
2位 2901 野村克也
3位 2786 王 貞治
4位 2566 門田博光
5位 2543 衣笠祥雄
5位 2543 福本 豊
7位 2539 金本知憲
8位 2480 立浪和義
9位 2471 長嶋茂雄
10位 2452 土井正博

 
【通算成績】
坂本勇人2018年シーズン終了時点の通算成績
安打:1711
試合:1527 ×
年齢:19年12月14日で31歳0か月 ○

※○は最年少記録更新(1位)が狙えるが、余裕ではない。これまでのペースだとギリギリ。

※×は最小試合記録更新(1位)は厳しい

 
【坂本勇人】
1988年12月14日生まれ
推定年俸:3億5000万円(18年) → 5億円(19年)

18年4月25日には史上最年少(29歳4か月)で
通算300二塁打に到達。

 
【UZR】
※UZRとは各ポジションの平均と比較し、失点を防いだかを示す指標。
選手の守備力(の参考)データともいえる。

坂本勇人は18年UZRでセ・リーグ1位の12.1。
2位は京田9.0
3位は田中広輔3.7
だが、ゴールデングラブ賞は田中広輔だった。

守備でも球界トップクラスの成績を残す。

 
【野球日本代表・遊撃手レギュラー争い】
野球日本代表のショートストップは坂本勇人(総合力、打撃重視)か、源田壮亮(走力を含めた守備範囲、「守備力」を含めた総合力)かにも注目だ

日本代表四番候補・山川穂高

埼玉西武ライオンズの不動の四番「山川穂高」。

西武のムードメーカーで、愛称はアグー、おかわり二世。

得点圏の打席では肩の力を抜くルーティンを行う。
女性お笑い芸人の「ゆりやんレトリィバァ」に似ているとの事で、ホームランを打った後のパフォーマンスでゆりやんのギャグである「調子乗っちゃって」を披露する事がお決まり。

19年は顔が大相撲の御嶽海(みたけうみ)に似ているということから新パフォーマンス「どすこい」ポーズ。

山川穂高どすこいポーズ

出典:スポーツ報知

大相撲御嶽海

出典:iza

ゆりやんねーねー頑張ってた!笑

山川穂高さん(@aguuuuv)がシェアした投稿 –

 
【趣味はピアノ・特技は書道】
山川の趣味はピアノ、特技は書道(8段)。
プロ野球選手としてはあまりいないような器用さもみせる。

176cm、108kgの巨体だが、逆立ちも意図も簡単にしてみせる。

また、試合では人一倍声を出していたのが印象的だった。

実際に何百試合とプロの試合を生でみてきたが、あそこまで声を出していた選手は「山川穂高ぐらい」と言っていい程、観戦していても楽しませてくれる選手。

 
【声だけでなく、成績でも一流】
17年シーズン、規定打席に達していないながらも
242打数で23本塁打、打点61、打率.298、OPS 1.081と大活躍。
ホームでの成績がOPS 1.336と驚異的な数字を残した。

18年はパ・リーグMVPに輝く大活躍。シーズン47本塁打でホームラン王を獲得、打率.281、打点124、OPS.985で年俸は前年の3240万円から大幅アップの1億1000万円。

打撃が本格化してきたとみられ、今後、侍ジャパン日本代表の4番、クリーンアップ(中心打者)候補としても期待。

【山川穂高プロフィール】
1991年11月23日生まれ
沖縄県那覇市出身
176cm 108kg

【経歴】
沖縄県立中部商業高等学校
富士大学
2013年ドラフト2位で
埼玉西武ライオンズに入団

【森と同期入団】
富士大学では1年春から4番で、大学日本代表の常連。
13年ドラフト2位で西武から指名を受けた。

その年のドラフト1位は大阪桐蔭の森友哉だった。
今や不動の4番・山川に、打てる正捕手・森と、西武のスターコンビだ。

西武の13年のドラフトは大成功(大豊作)といえる。
森は山川に対して基本タメ口。
山川は4歳年上なのだが、同期入団という理由かららしい。

このコンビは二軍の時から「名コンビ」だった。
2014年の西武の打順に3番・森、4番・山川という今では豪華すぎるオーダーの時代があった。

二軍に出場していた14年から注目して、
実際に生でもみていたのだが、この二人は活躍するだろうと思っていた。
そして、これからも彼らの活躍に期待している。

柳田が代表背番号22の理由

【ソフトバンク柳田悠岐選手・背番号22の理由】

柳田日米野球背番号22の理由

日米野球第1戦 柳田が劇的サヨナラホームランで勝利
出典:baseballgate

「カッコいいから」
「いや、特に。ゾロ目」

と言う理由から代表の背番号を22に決めたとの事。
ギータらしいと言うような理由であった。

ソフトバンクでは背番号9のイメージが強い為か、
違和感を持ったプロ野球ファンも多いかと思われる。

だがギータの侍背番号「22」は、今回の日米野球2018で見納めかもしれない。というのも、本人が

「背番号を何番にしようかな。やめてくれと言われるまで変え続ける」
「いろんな番号があった方がみんなが喜ぶし、楽しい」

と語っており、
「侍ジャパンの背番号コレクション」も考えているようだ。

参考:スポーツ報知

 
【中田翔選手の代表背番号が13の理由と22の理由】

中田翔=日本ハムでは背番号6を付けているが、
日本代表での背番号は「13」がお馴染みとなっている。

その理由は
中田翔の憧れが「Aロッド」だから。

中田翔代表背番号13の理由

出典:dot.asahi.com

入団時に目標の選手に掲げた選手はAロッドこと、ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手。

アレックスロドリゲス Aロッド ヤンキース

「メジャーに行くなら30歳くらいで。Aロッドとかボンズとか格好いいと思う。好きな球団はヤンキース」と語っていた。

 
【過去には中田翔も日本代表背番号「22」を付けた】

中田翔代表背番号22の理由

出典:スポニチ

中田翔日本代表背番号22

出典:時事ドットコム

日本代表での復興支援試合では背番号「22」でプレーした中田翔選手。

日本ハム入団時に、希望の背番号は「22」と語っていたが、当時は建山投手が着けていた番号だった為、付けられなかった。
中田入団と入れ替わりというかたちで、長くチームを引っ張ってきた田中幸雄選手が引退し、空き番号となった「6」が中田に送られた結果となった。

今回の「ギータ背番号22」により、草野球、アマチュア選手などの背番号「22」の需要が今後も高まる事は間違いないと思われる。

大谷翔平の「17」、ギータの「22」が新たなトレンドとなるかも今後の注目です。

関連記事 
▼プロ野球89世代の代表は巨人菅野、日ハム中田翔など
1989年生まれ「プロ野球89世代オーダー」平成1~2年組

中田翔インスタ炎上!プロ野球ニュース2018裏まとめ




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク