高校野球「投手 最高球速データ」佐々木朗希は163キロ

スポンサーリンク

【高校野球最高球速データ】怪物投手が、またまた岩手から現れた。菊池雄星(花巻東)、大谷翔平(花巻東)、佐々木朗希 (大船渡)。佐々木は中学で最速141キロで2018年7月10日、高校野球岩手大会2回戦・岩手県営球場で、自己最速154キロを計測

高校野球・最高球速データ

【田中将大】
高校2年:150キロ
※2005年夏の決勝で(当時)「2年生初」の150キロを計測

 
【安楽智大】
高校2年:155キロ
高校3年:157キロ

 
【大谷翔平】
高校1年:147キロ
高校2年:151キロ
高校3年:160キロ
NPB最速:165キロ

 
【佐々木朗希】
高校1年:147キロ
高校2年:157キロ
高校3年:???キロ ※来年

 
【及川雅貴(横浜高校)】
高校2年:152キロ
高校3年:???キロ ※来年
及川雅貴(およかわ まさき)
高校2年生で最速152キロ左腕。日本プロ野球でも貴重な豪腕サウスポー

 
【森木大智 (高知中学)】
中学3年:150キロ(軟式球)
高校1年:???キロ ※来年

 
近年、150キロオーバーの投手が続々登場。

佐々木朗希投手、森木投手ら怪物ピッチャーが、大谷翔平超えとなる160キロオーバーなるか。という点にも注目

大船高・佐々木朗希163キロ

大船高校・佐々木朗希、最速163キロ表示

出典:日刊スポーツ

新たな怪物伝説が誕生か

2018年9月16日
高校野球秋季岩手大会1回戦
大船渡 対 盛岡三
金ケ崎野球場にて
大船渡高校のエース佐々木朗希投手(2年)が、
自己最速である、154キロから3キロ更新となる、
157キロを計測。

スポンサーリンク

1回裏2死満塁の場面で、157キロを計測。二ゴロに抑えた。

2回裏には、球場表示で163キロを計測。
果たしてこの163キロは誤計測なのか、本当なのか。

ネットの声

「誤計測」や、「嘘だろう」
と否定的な意見もあった。

大船渡高校2年・佐々木朗希

怪物投手が、またまた岩手から現れた。

菊池雄星(花巻東)、
大谷翔平(花巻東)、
佐々木朗希 (大船渡)。

2018年7月10日
高校野球岩手大会2回戦・岩手県営球場で、
自己最速154キロを計測。

試合は先発・佐々木が11奪三振の活躍で、
シード校の盛岡三に勝利。

大船渡11-2盛岡三

 

佐々木朗希プロフィール

佐々木朗希(ささき ろうき)
2001年11月3日
岩手県陸前高田市生まれ
189cm 81kg
右投右打

高田小3年から野球を始め、
11年の東日本大震災で被災後、大船渡に移住。
大船渡高では1年夏からベンチ入り。
高校2年の夏、岩手県大会2回戦、背番号20で先発し、154キロをマーク。
U18高校日本代表候補に選出。

中学生では141キロを投げていた怪物。
141キロでも物凄い数字なのだが、
中学生最速は高知中学の森木投手。
中学生3年生で150キロ。驚異的なスピードである。




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク