西武ライオンズまとめ。スタメン、先発ローテ2019

スポンサーリンク

【埼玉西武ライオンズ】2019投手陣・野手オーダー。先発ローテーション、オーダー、予想など。さらに西武トリビアも紹介。西武ライオンズの源田壮亮内野手が「きかんしゃトーマス」の駅員に激似と話題。チームメート山川穂高選手のインスタグラムで投稿されている。

西武先発ローテ2019

開幕ローテ
金:多和田
:今井
:高橋光
月:(移動日)
火:ニール
水:武隈△
木:本田
【開幕一軍メンバー(投手)】
11 今井達也 (21) ※開幕第二戦先発
13 髙橋光成 (22) ※開幕第三戦先発
14 増田達至 (31)
18 多和田真三郎 (26) ※開幕投手
19 齊藤大将 (24)△
23 野田昇吾 (26)△
25 平井克典 (28)
40 田村伊知郎 (25)
42 マーティン (28)
44 小川龍也 (28)△
48 武隈祥太 (30)△ ※開幕第五戦先発
54 ニール (31)※開幕第四戦先発
68 ヒース (34)

※数字は背番号
※( )内の数字は19年満年齢
※△は左投げ

 

【開幕戦データ】
2019年は多和田真三郎投手が、
自身初の開幕戦投手。
19年:多和田真三郎 4-5 ソ ●

※過去五年の勝敗
18年:菊池雄星 11-2 日 ○
17年:菊池雄星 8-1 日 ○
16年:菊池雄星 5-4 オ ○
15年:牧田和久 1-0 オ ○
14年:岸孝之 1-2 楽 ●

19年を含む過去六年の開幕戦の勝敗は
四勝二敗となった。

西武ライオンズスタメン

西武開幕戦オーダー
1番 (左) 金子侑司 (29)■
2番 (遊) 源田壮亮 (26)△
3番 (中) 秋山翔吾 (31)△
4番 (一) 山川穂高 (28)
5番 (捕) 森友哉 (24)△
6番 (二) 外崎修汰 (27)
7番 (指) 栗山巧 (36)△
8番 (三) 中村剛也 (36)
9番 (右) 木村文紀 (31)
開幕一軍メンバー(野手)

【捕手】
10 森友哉 (24)△
37 岡田雅利 (30)
62 駒月仁人 (26)

【内野】
0 水口大地 (30)△
5 外崎修汰 (27)
6 源田壮亮 (26)△
31 佐藤龍世 (22) ※NEW
33 山川穂高 (28)
60 中村剛也 (36)

【外野】
1 栗山巧 (36)△
8 金子侑司 (29)■
9 木村文紀 (31)
46 鈴木将平 (21)△
53 愛斗 (22)
55 秋山翔吾 (31)△
58 熊代聖人 (30)

※数字は背番号
※( )内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち、■は両打ち

ライオンズ2019予想

18年リーグ順位は1位
19年予想順位は2位 (個人的・現時点)
注目選手:◎山川穂高 ○森友哉

 

【西武2019先発ローテーション候補】
多和田 ※開幕投手内定
今井
髙橋光
ニール
武隈
本田
松本航
内海 ※ケガ

その他にも先発候補として
相内
郭俊麟
佐野

ら挙げられる。
注目は開幕からローテーション入りをした、
若き次世代エース候補・今井達也投手だ。

※新加入の内海は3月2日の広島戦(佐賀)で先発し、3回1安打無失点の好投を見せ、開幕ローテ入りを決めていた。
が、3月4日に「左前腕部の軽い肉離れ」と診断され、2軍に合流すると発表。
辻監督は内海の開幕ローテ入りに
「ちょっと厳しいかも」とコメント。

 

西武レギュラー
山賊打線(2018)の規定打席到達は源田、秋山、山川、森、外崎、浅村の六人。

源田、秋山、山川、森、外崎はレギュラー確定か。
中村あたりの中心選手は、ほぼ確定、開幕濃厚と予想する。

西武は昨シーズン、
開幕8連勝の好スタートを切り、一度も首位を譲らず、10年ぶり17度目の優勝を遂げた。

 
しかし、
クライマックスシリーズで2位ソフトバンクに敗退。

さらにはV西武打線の中心打者
浅村の流出は、かなりの痛手だ。

西武にとって誤算だったのは、浅村、菊池雄星、炭谷の退団だけではない。

球団外国人歴代3位となる通算124本塁打を放っている「メヒア」だ。 (1位カブレラ、2位デストラーデ)

 
【メヒア】

メヒア (今季34歳)
3年15億円の大型契約の3年目

大型契約1年目となる17年は不振。
山川の台頭もあり、先発を外れることもふえた。
続く18年も不振。
3年15億円の大型契約で気をよくしたのか、
年俸5億円は割に合わない。

今季が大型契約3年目。
今年は勝負の年。今年もダメなら後がない。

 
【大阪桐蔭コンビ】
西武の正捕手として長くチームを支えてきた炭谷がFA移籍。
炭谷は18年(近年)、森・岡田の台頭もあり出場機会が減っていた。

実は森、岡田の二人の出身高校は大阪桐蔭。
さらには、同じ西武では中村剛也も大阪桐蔭出身と、まさに「名門校」である。

 

【週刊ベースボールが選ぶ西武2019年予想オーダー】

1(二) 外崎修汰
2(遊)△源田壮亮
3(中)△秋山翔吾
4(一) 山川穂高
5(捕)△森友哉
6(三) 中村剛也
7(指)△栗山巧
8(右) 木村文紀
9(左)▲金子侑司

[その他の主な野手]
(捕) 岡田雅利
(内) 山野辺翔
(内) メヒア
(内) 山田遥楓
(外)△鈴木将平
(外)△斉藤彰吾
※△は左打ち、▲は両打ち

出典:週刊ベースボール

個人的山賊打線オーダー

【個人的なmax式・西武2019オーダー】

個人的オーダー
1番 (遊) 源田 △
2番 (中) 秋山 △
3番 (一) 山川
4番 (三) 中村
5番 (捕)   森   △
6番 (二) 外崎
7番 (指) 栗山 △
8番 (右) 木村
9番 (左) 金子 ■

※△は左打ち、■は両打ち


戦力評価
投手4.5 (先発2.5 救援2)
打撃9 (長打力4.5 得点力4.5)
機動力4.5
守備力4.5
選手層2.5

合計25 (B)

※最大評価5.0
※合計最大評価35.0
※32.0~35.0=A+、29.0~31.5=A、26.0~28.5=B+、23.0~25.5=B、20.0~22.5=C+、17.0~19.5=C

 

2018シーズン成績
チーム打率.273、盗塁132はリーグ1位。
得点792、安打1351本はリーグ1位&球団記録
本塁打196本はリーグ2位だった。
スポンサーリンク

※ソフトバンクチーム打率.266、得点685
※日本ハムチーム打率.251、得点589

 

山賊打線(さんぞくだせん)
18年、好調西武打線についた愛称は「山賊打線」。
実はこの「山賊打線」という愛称は2代目ということになる。

最初に呼ばれていたのは
1975年の「太平洋クラブライオンズ」。
本拠地は福岡県福岡市(平和台野球場)だった。

埼玉西武の「山賊打線」については
スポーツ紙よりも先にSNS等で使用されていた。
スポーツ紙で最初に山賊打線を使用したのは18年5月4日付の日刊スポーツ。

そのあたりから徐々に山賊打線の知名度が上がっていったとみられる。

山賊打線のほかにも
「獅子舞打線」、「ネオ野武士打線」
などと呼ばれることもあった。

だが、2019年は浅村FA流出で戦力ダウンは間違いない。

 
投手陣は
リーグワーストの防御率4.24、失点653。
今年はエース菊池の退団で投手力はさらに低下するとみられる。

王者・ソフトバンクの戦力は、今年も昨年と比べほぼ横ばいとみられ、リーグ制覇連覇は難しい状況か。

西武は今年も投げ勝つ、守り勝つ野球ではなく、
取られたら取り返す、「打ち勝つ野球」となりそうだ。

【ポスティング移籍の契約金データ】
田中将大 7年 約172億円
菊池雄星 7年 約120億円
ダルビッシュ有 6年 約66億円
松坂大輔 6年 約57億円

【菊池雄星・マリナーズからの提示内容】
菊池雄星の契約は最大7年で総額120億円
4年契約+オプション(延長)となり、
契約金 6億6000万円
1年目 8億8000万円
2年目 15億4000万円
3年目 16億5000万円
4年目 18億2000万円

契約延長の場合は
5年目 18億2000万円
6年目 18億2000万円
7年目 18億2000万円

となる。

※金額は推定
※1ドル110円計算

予想まとめ

  • 菊池、浅村、炭谷の退団
  • 戦力ダウン
  • 投手力に不安
  • 内海を獲得
  • 内海人気
  • パ・リーグ順位が17年2位→18年1位と安定
  • 19年、順位予想をソフトバンク1位、西武を2位と予想 ※現時点
  • キーマンは投手全員

西武選手インスタグラム

【源田壮亮・トーマス駅員に激似!?】
埼玉西武ライオンズの源田壮亮内野手が、
トーマスの駅員に似ていると話題。

インスタグラムにて
同じチームメートの山川穂高選手が投稿した画像が
トーマスの駅員に「瓜二つ」との声も。

1日目終了でーす 台風すごい! トーマスの駅員さんらしい

山川穂高さん(@aguuuuv)がシェアした投稿 –

【守備の名手】
UZR。
各ポジションのリーグ平均と比較し、どれだけ失点を多く防いだかを示す指標。

実に興味深く、選手の守備力を知れる(参考になる)データ。

遊撃手2017年の西武・源田、中日・京田は「かなり」優秀。

前年の2016 パ・遊撃手トップの中島卓也+19.4、安達+15.2に対し、

2017 源田21.6、安達7.0、中島5.1

 
2016 遊撃手セ・UZRトップ
坂本勇人 +15.6 、2位田中広輔 +8.7
に対し

2017 遊撃手セ・UZRトップ
京田14.4、2位坂本勇13.2 、3位大和7.2、4位北條1.6、5位田中広輔 -1.6

自分が監督ならショートは迷うこと無く、(日本一のショート、守備の名手)「源田」と言いたい。

山川穂高

2014年7月17日
4番(一) 3打数2安打1本塁打3打点
の活躍でフレッシュオールスター優秀選手。

 
【フレッシュオールスター2014】
長崎県営野球場 (ビッグNスタジアム)
全ウ 6 – 7 全イ

イースタン・リーグ選抜は
松井裕樹(楽天)、
森友哉捕手・山川穂高(西武)、
井上晴哉(ロッテ)
ら21選手

ウエスタン・リーグ選抜は
森唯斗投手(ソフトバンク)、
阪神ドラフト1位・岩貞祐太投手
ら21選手が選出。

イースタン監督:ヤクルト伊東昭光(2軍監督)
ウェスタン監督:ソフトバンク石渡茂(2軍監督)

 
【フレッシュオールスターデータ】
・イースタン、ウエスタンの監督は
前年のファーム各リーグ優勝チームから選出される。

・優秀選手には賞金50万円

・対戦成績はイースタン選抜は2014年終了時点で19勝27敗5分けとなった。(イースタンは8の負け越し)

西武ライオンズ




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク