ソフトバンクホークス2019開幕予想スタメン&個人的オーダー

スポンサーリンク

【福岡ソフトバンクホークス】2019野手情報まとめ。スタメンオーダー、予想、トリビア、プロ野球フォロースルー問題など。チケット購入者への無料ユニフォーム配布は04年福岡ダイエーホークスが初めて実施。王者ソフトバンク過去5年で日本一4回。ホークス黄金期突入か

ソフトバンク開幕スタメン

ホークス2019開幕戦オーダー
1番(二) 牧原大成 (27)△
2番(遊) 今宮健太 (28)
3番(中) 柳田悠岐 (31)△
4番(指) デスパイネ (33)
5番(左) グラシアル (34)
6番(一) 内川聖一 (37)
7番(三) 松田宣浩 (36)
8番(右) 上林誠知 (24)△
9番(捕) 甲斐拓也 (27)
開幕戦一軍メンバー

【捕手】
12 髙谷裕亮 (38)△
31 栗原陵矢 (23)△
62 甲斐拓也 (27)

【内野】
0 髙田知季 (29)△
1 内川聖一 (37)
4 川島慶三 (36)
5 松田宣浩 (36)
6 今宮健太 (28)
22 西田哲朗 (28)
27 グラシアル (34)
36 牧原大成 (27)△

【外野】
9 柳田悠岐 (31)△
37 福田秀平 (30)△
51 上林誠知 (24)△
54 デスパイネ (33)
60 釜元豪 (26)△

※()内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち

新戦力は不要!?
浅村栄斗獲得失敗も戦力は球界トップクラス。

ホークス2019予想

18年リーグ順位は2位 (日本一)
19年予想順位は1位 (日本一)
注目選手:◎柳田悠岐 ○外国人選手の起用方
注目投手:
◎甲斐野央 ※18年ドラ1
○川原弘之 ※育成から支配下登録
☆奥村政稔 ※18年ドラ7

 
【ソフトバンク2019開幕予想スタメン】

ソフトバンク開幕予想オーダー
1番(右) 上林 (24)△
2番(遊) 今宮 (28)
3番(左) グラシアル (34)
4番(中) 柳田 (31)△
5番(指) デスパイネ (33)
6番(一) 内川 (37)
7番(三) 松田宣 (36)
8番(二) 牧原 (27)△
9番(捕) 甲斐 (27)

※()内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち
※外国人枠の競争もあり

【その他スタメン候補】
(二) 川島(36)、西田(28)、髙田(29)△
(右) 福田 (30)△

中村晃・離脱

中村晃 (30)△ は「自律神経失調症」と診断され、長期離脱の可能性も。

 

王者ソフトバンク
戦力は12球団一ともいえる充実ぶり

規定打席到達は上林、松田、中村晃、柳田、デスパイネの5人。

浅村がFAで加入していたら、
最強打線となっていたことであろう。

しかし、今のソフトバンクは補強はなくとも優勝候補筆頭である事は間違いない。
それを防ぐには、これまで以上に5球団が王者・ソフトバンク包囲網を張る必要がありそうだ。

仮に2位、3位となっても、
CSを勝ち上がり、日本一候補の筆頭であるともいえるだろう。

巨大戦力の為、外国人選手の起用方にも注目だ。
外国人枠は4つ。
野手ではデスパイネとグラシアル、
投手ではサファテ、バンデンハーク、ミランダ、モイネロ、スアレス

野手2人、投手5人、計7人で4つの枠を争う。
チーム状況によっては野手1人、投手3人の可能性もある。
 

過去五年間の順位

18年2位 ※日本一
17年1位 ※日本一
16年2位 
15年1位 ※日本一
14年1位 ※日本一

5年で日本一4回。
ソフトバンクの優勝(日本一)を阻止したのは、
16年、大谷翔平擁する日本ハム。

 
【プロ野球好き、ファンが予想するソフトバンク2019オーダー】

ホークス個人的オーダー

【個人的なmax式・ソフトバンク2019スタメン】

個人的 SBオーダー
1番 (右) 上林 △
2番 (一) 中村晃 △
3番 (中) 柳田 △
4番 (左) グラシアル
5番 (指) デスパイネ
6番 (三) 松田
7番 (遊) 今宮
8番 (捕) 甲斐
9番 (二) 牧原 △

※△は左打ち


戦力評価
投手8.5 (先発4.25 救援4.25)
打撃9 (長打力4.5 得点力4.5)
機動力4
守備力4
選手層5

合計30.5 (A)

※最大評価5.0
※合計最大評価35.0
※32.0~35.0=A+、29.0~31.5=A、26.0~28.5=B+、23.0~25.5=B、20.0~22.5=C+、17.0~19.5=C


 
個人的なオーダーに内川、長谷川が入らず。
もちろん内川、長谷川をスタメンでも全く問題はない。
逆にいえば内川、長谷川をスタメンにしても、誰が何番を打とうが良いともいえる打線だ。

グラシアルポーズ

出典:西日本新聞

本塁打を打った後にカメラに向かってシャドーボクシングのポーズをするグラシアル。

予想まとめ

  • ホークス黄金期突入か
  • 補強はなくとも問題なし
  • 2年連続日本一。
  • 浅村、西の獲得に失敗
  • 二塁手を固定できるか
  • サファテ抜きで日本一。実戦復帰でサファテがこれまでのような成績を今季残せるか。
  • 今季の順位は首位(1位)と予想
  • 3年連続日本一と予想
  • 「人気のセ、実力のパ」とよくいうが、人気もトップクラスで、巨人・阪神に次ぐ勢い

ホークストリビア

無料ユニフォームの配布
チケット購入者への無料ユニフォーム配布は、
2004年に福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)が初めて行ったといわれる。

現在でも
限定ユニフォーム、期間限定ユニフォーム等の配布をしている球界が当たり前のように広まっています。

 
【ネットでは割高で売買】
無料で配布となっていますが、
実際にオークションなどでは、ユニフォーム付きのチケットが他のチケットよりも割高になっているケースがほとんど。

プロ野球フォロースルー問題

【デスパイネのバットが森捕手の左手首を直撃!】
プロ野球フォロースルー問題。
フォロースルーの大きい外国人選手デスパイネ、バレンティン、里崎氏の対策法を紹介。

デスパイネのバットが森捕手の左手首を直撃

出典:スポニチ

スポンサーリンク

CSファイナルS第4戦 西武―ソフトバンク ( 10月20日 メットライフドーム )

一回2死ランナー無し
バッターは5番デスパイネ。
デスパイネが初球を空振りしたバットが
森友哉捕手の捕球した直後の左手首を直撃し、
森は初回の守備で途中交代。

結果、左手首を打撲。
ランナー無しの場面で、
カウントはノーストライク、ノーボールの初球。
この場面に関しての対策は「下がる」しかないですね。

ランナー無しの為、盗塁の心配は無い。
その為、前に出る必要は無し。

ワンバウンドなどの
パスボール、ワイルドピッチによる、
振り逃げのカウント(2ストライク)でも無いので、
後ろに下がってもリスクはありません。
逆に前にいくほど、バットに当たるリスクが上がります。

 
【西武・森捕手「僕の不注意です」】
本人は今回のプレーについて以下のようにコメント

痛みはあります。
あしたは出るつもりで行きます。
デスパイネはいつも“下がって”
と言ってくれるんですけど、僕の不注意です。

 
【野球解説者・里崎智也氏が対策法を語る】
日刊スポーツの評論家コラムにて、
「西武森の負傷交代 準備あれば防げた」
として、このプレーについて以下のように解説している。

初球の高めに浮いた直球に対して、手を伸ばして捕球した際に、空振りしたバットをよけられなかった。アクシデントに見えるかもしれないが、準備があれば防げたプレーだ。

デスパイネとの対戦は今季初めてではない。空振りのフォロースルーが大きくなる癖は分かっているはず。私もWBCでキューバ代表と対戦した際には同じようなケースが多かった。危機管理のために、ミットを前に出して捕球するのではなく、ミットを引いて捕球する「引き捕り」をした。プレースタイルを変えても、バットが直撃するリスクを回避した。デスパイネの打席では、ホームベースから少し下がって構えるのも1つの方法になる。第2回WBCの城島捕手は、キューバ戦では左腕にプロテクターをして、直撃に備えた“準備”をしていた。

「引き捕り」をすることで、例えば走者がいれば盗塁された際に送球が遅れることもあるだろう。ただ森のケースは柳田に2ランを浴びた直後で、2死走者なしの場面だ。

出典:日刊スポーツ

「引き捕り」と言う、
野球経験者でもあまり聞き慣れないワードの存在も
わかりやすく解説しています。

キャッチャーの人は特に参考にしてもらいたい情報と言えます。

 
【要注意!!バレンティンのフォロースルー。里崎智也氏が解説。】

バレンティンのフォロースルー

出典:産経ニュース

 
フォロースルーが大きい選手は
デスパイネだけではありません。

フォロースルーが大きい選手=バレンティン
と思う野球ファンも多いかと思います。

2016年8月5日、
日刊スポーツ評論家コラムにて
里崎智也氏が
「空振りのバットが捕手の頭部に当たるのは、どちらが悪いのか」
2つパターンについて解説。

【パターン1】
7月24日
中日2-5ヤクルト
ナゴヤドーム

5回2死一塁、
空振りしたバットが杉山捕手の頭部を直撃。
杉山は頭頂部から出血し、負傷退場。
救急車で愛知・長久手市内の病院へ運ばれ、
検査結果は「脳に異常はなく左頭部の打撲と切傷」と診断された。

【パターン2】
8月2日
ヤクルト4-16広島
神宮

1回2死一、三塁、
打球はバックネットへのファウルだったが、
バットが石原捕手の頭部を直撃。
石原は負傷退場。
救急車で都内の病院へ運ばれ、
検査結果は「脳振とう、後頭部打撲」と診断された。

この2つのパターンについて、里崎氏は

2人の負傷した捕手には気の毒だが、どっちかというと捕手が悪い。いずれのケースも打者にルール違反はない。もちろん、故意的にやったとなれば大問題だが。

捕手は少し後方に下がって捕球したり、グラブをはめた手を前に出して捕球するが、頭は前に出さないとかと対処しようがある。

捕手が下がれば、投手から遠くなるとか、ワンバウンドの捕球が難しくなるとか、盗塁を刺す際に不利になるなど、いろんなデメリットが考えられるかも知れない。しかし、1メートル、2メートルも下がるわけではなく、特定の打者に限定されるため、そこまで不利益はないだろう。

見たところ外角球で“事件”は起きず、打者寄りの真ん中から内角を攻めた場合に起きているようだ。

プロである以上、フォロースルーが大きく頭部に当たる可能性があると判断すれば対処しなくてはならない。

ロッテの元チームメートでバレンティンにも負けじとフォロースルーの大きいホワイトセルがいた。バレンティンと同様のアクシンデントが3度ほど起きたが、最後は捕手が対処した。

捕手はバットの当たる位置に構えておかねばいけない、というルールはない。

捕手心理に立つと少しでも前で捕球したいという気持ちは理解できる。ベースの上で捕球したいという選手もいるかも知れないが、打者に当たらない位置まで下がるのは自分で調整しなくてはいけない。

打者にしても、捕手にしてもヘルメットのおかげで、どれだけ軽傷ですんでいるのだろう。

幼いころテレビで帽子のつばを後ろに向けていた捕手を見た気もするが、冷静に考えると恐ろしい。

2009年のWBCで元マリナーズの城島はグラブを持った左手首にサッカー選手のすねあてのような防具をつけていた。バットが当たる最悪の事態を想定していたのだ。

バットが捕手に当たったという情報を少しでも伝え聞いたら、対処して当然。

WBCの私の体験談で言えば、キューバにスイングでフォロースルーの大きい選手がいたイメージがある。来年のWBCで万が一、捕手の頭部にバットが当たって負傷帰国などとなれば「やられ損」。チームにとっても痛手となり、目も当てられない。

出典:日刊スポーツ

 
【要注意人物!バレンティン数々の問題】

バレンティンタックルプレー

出典:朝日新聞デジタル

バレンティン。
この選手は数々のトラブルを起こしてきた。

フォロースルーの大きいスイングで、次々と捕手が犠牲となったり、

完全にアウトなタックルプレー、
相手チームとの乱闘問題、
チーム内での乱闘問題、
家庭内暴力の容疑で逮捕されるなど

様々な問題を起こしてきた、
プロ野球界の要注意人物だ。

 
【捕手は重要なポジションであり、危険なポジション。】
捕手。
野球という、スポーツにおいて
「かなり」重要なポジションである事は間違いない。

「優勝チームに名捕手あり」という、
名将・野村克也監督の名言も有名。

投手を支えるという意味から
「女房役」、「正妻」
守備位置から「扇の要」
と表現される事もある。

また、グラウンド内の監督(フィールド上の監督)
などとの見方もある。

防具を装備して守備につくが、
ファウルチップやクロスプレーで
故障する可能性が高いポジション。

フォロースルーが大きい選手のバットにも注意しなければならない事は頭に入れておいていただきたい。

捕手側は「やられ損」で、
打者側も故意ではないにせよ、
ケガをされては、少なくとも全力の自分のスイングがやりにくい環境になってしまう。

草野球などアマチュア捕手は、打者との距離が近いケースが多々ありえると思うが、
打者との距離が近すぎてケガをしてしまっては、自業自得と言う意識を持ってプレーしてほしい。

以上の知識があれば、
例えばランナー無しの場面で打者に近すぎる(前にいく)キャッチャーはいない事だろう。

 




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク