プロ野球 世界最速(球速)はMLBチャップマンの169キロ

スポンサーリンク

投手の(球速)世界最速記録はアロルディス・チャップマンの(約)169.1キロ (105.1マイル)※2010年に計測。NPBプロ野球最速記録もまとめて紹介。日本(日本人)の最速は大谷翔平選手の165キロ。プロ野球の球速は球場によって多少前後する!?

プロ野球世界最速・日本最速投手

【MLB・世界最高球速】
アロルディス・チャップマン 約169.1km/h (105.1マイル)
※2010年に計測。

 
▽NPB 160km/h 以上投手
大谷翔平 165km/h (札幌ドーム) NPB(日本人)最速

当時のアマチュア最高球速記録となる160km/h (花巻東高3年夏)を計測。
その後、14年7/19 オールスター第2戦(甲子園)で2度、162キロを計測。

16年6月5日(東京ドーム)163キロを計測。
その後、164キロ、165キロと記録更新。

メジャーに行っても大谷はやはり凄かった!
【18年MLB・先発投手最高球速トップ5】
1位 大谷翔平 162.7km
2位 大谷翔平 162.5km
2位 大谷翔平 162.5km
4位 大谷翔平 162.0km
5位 大谷翔平 161.9km

トップ5を大谷選手が独占!! ※18年5/31時点


マーク・クルーン 162km/h 
大谷に記録を抜かれるまでNPB最速

08年 6/1 対ソフトバンク(ヤフードーム)

計測当時の所属球団:巨人
フォークボールの最速は151キロ


由規(ヤクルト) 161km/h
10年8月26日 対横浜(神宮球場)

16年:スアレス(ソフトバンク) 161km/h
17年:ドリス(阪神) 161km/h


スコット・マシソン(巨人) 160km/h
12年7月5日(横浜スタジアム)
MLB時代に163km/hを記録した経験を持つ

スポンサーリンク

林昌勇(ヤクルト) 160km/h
09年5月15日(神宮球場)
サイドスロー(アンダースロー)
アンダースローに近いともいわれる投球フォームから160キロを計測。

16年:藤浪晋太郎(阪神) 160km/h
17年:カミネロ(巨人) 160km/h


(ダルビッシュ有 161km/h)
※09年WBC決勝で計測するも、参考記録とも

球場によって球速が違う!?

プロ野球の球速は球場によって多少前後する場合があるという。
原因はスピードガンの設置条件や気象条件(風など)

その為、特に神宮球場・甲子園球場、
Koboスタ(Kスタ)・横浜スタジアム
などは他の球場に比べ球速が出やすい傾向があるようだ。




 
ホーム ページトップ  

スポンサーリンク