阪神タイガースニュース。スタメン2019、選手監督情報

スポンサーリンク

【阪神タイガース】タイガース2019まとめ。野手陣スタメンオーダー、一軍メンバー、予想など。ビヤヌエバ獲得へ巨人との競合に敗れ、長打力が売りのマルテを獲得。4番候補として期待される。18年は最下位ということもあってかオフは投手の補強が積極的だった。

阪神タイガース野手まとめ

阪神タイガース開幕戦オーダー
1番 (遊) 木浪聖也 (25)△
2番 (中) 近本光司 (25)△
3番 (右) 糸井嘉男 (38)△
4番 (三) 大山悠輔 (25)
5番 (左) 福留孝介 (42)△
6番 (一) ナバーロ (33)△
7番 (二) 糸原健斗 (27)△
8番 (捕) 梅野隆太郎 (28)
9番 (投) メッセンジャー (38)

阪神は開幕戦にルーキーが1・2番でスタメン出場。
球団初の出来事。(ドラフト制以降)

開幕一軍メンバー(野手)

【捕手】
12 坂本誠志郎 (26)
44 梅野隆太郎 (28)
57 岡﨑太一 (36)

【内野】
00 上本博紀 (33)
0 木浪聖也 (25)△
1 鳥谷敬 (38)△
2 北條史也 (25)
3 大山悠輔 (25)
33 糸原健斗 (27)△
62 植田海 (23)■
99 ナバーロ (33)△

【外野】
5 近本光司 (25)△
7 糸井嘉男 (38)△
8 福留孝介 (42)△
9 髙山俊 (26)△
25 江越大賀 (26)
60 中谷将大 (26)

※数字は背番号
※( )内の数字は2019年満年齢
※△は左打ち、■は両打ち
※木浪はオープン戦最多安打

タイガース2019予想

18年リーグ順位は6位
今年は違うぞ!
19年予想順位は調子が良ければ2位、普通で4位、悪ければ5位。
注目選手:◎西勇輝 ○ガルシア

 
18年規定打席到達は
糸井、糸原、福留、梅野の四人。

 

【週刊ベースボールが選ぶ阪神2019年予想オーダー】

1(遊)△糸原健斗
2(中)△島田海吏
3(右)△糸井嘉男
4(三) 大山悠輔
5(左)△福留孝介
6(二) 上本博紀
7(一)    マルテ
8(捕) 梅野隆太郎
9(投) ――

[その他の主な野手]
(捕) 坂本誠志郎
(内)△鳥谷 敬
(内)▲植田 海
(内) 北條史也
(外)△伊藤隼太
(外)△高山 俊
(外) 中谷将大

※△は左打ち、▲は両打ち

出典:週刊ベースボール

 
【プロ野球好き、阪神ファンが予想する2019阪神オーダー】

タイガース個人的スタメン

【個人的なmax式・阪神タイガース2019オーダー】

個人的オーダー
1番(遊) 木浪 △
2番(中) 近本 △
3番(右) 糸井 △
4番(一) マルテ
5番(左) 福留 △
6番(三) 大山
7番(二) 上本
8番(捕) 梅野
9番(投) メッセンジャー

※△は左打ち
※予想ではなく、「個人的な」オーダー


戦力評価
成績データ等を数字化
投手9 (先発4.5 救援4.5)
打撃6 (長打力2.5 得点力3.5)
機動力3
守備力3
選手層4

合計25 (B)

※最大評価5.0
※合計最大評価35.0
※32.0~35.0=A+、29.0~31.5=A、26.0~28.5=B+、23.0~25.5=B、20.0~22.5=C+、17.0~19.5=C

スポンサーリンク

北條はベンチではもったいない。
守備力も考慮したら北條をスタメンでもつかいたいところだ。

外野は
糸井・福留に続く「第三の外野手」候補が誰になるのかも注目だ。

昨年はリーグ最下位だったが、
チーム防御率はリーグ2位。
先発を中心に投手力は上がった事は間違いない。

一方、打撃はというと、リーグワーストの本塁打数(85)、ワースト2位のチーム打率(.253)・得点(577)。
低投打高のシーズンだったとはいえ、勝てなかった理由はここにあるのかもしれない。

しかし、来季は投手力の大幅上昇により、
Aクラス入りどころか、14年ぶりのリーグ優勝も狙える位置にいるのではないだろうか。

前年に最下位の結果から「台風の目」大穴などと呼ばれる事もあるが、
本命◎、対抗○ として
ひょっとしたらひょっとするかもしれない。

(野球は投手。その条件はクリアしている。あとは矢野監督の采配や運なども影響する。
阪神が仮に大穴だとするならば、自分は阪神を軸にベットするかもしれない。)

ジェフリー・マルテ内野手

現役バリバリのメジャーリーガー
メジャー実績のある27歳◎

ビヤヌエバの獲得へ巨人との競合には敗れたが、
長打力が売りのマルテを獲得。

1991年6月21日生まれの27歳。
ドミニカ共和国出身。

2007年にアマチュアFAでメッツと契約してプロ入り。
アスレチックスを経て15年に移籍したタイガースでメジャーデビュー。
16年の開幕前にエンゼルスにトレードで移籍し、88試合出場で15本塁打を放ち、ブレーク。

昨季は大谷翔平と同僚で、左手首を故障しながらも90試合で打率.216、本塁打7、打点22。
9月には4番に座った、「現役バリバリのメジャーリーガー」。
打撃の特徴はプルヒッターで、引っ張ったレフト方向へ強い打球を飛ばす。
それでいて三振数が41と少ない特徴を持つ。

メジャー通算256試合、打率.222、本塁打30、打点91。

185cm、100kg。
右投げ右打ち。
年俸100ドル(約1億1000万円)。
背番号「31」

矢野監督はマルテについて
「(シーズン)30本くらいは打てるんじゃない? 理想としては4番。基本的に一塁で固定できれば」
とコメント。

さらに阪神にとっては嬉しい情報がある。
メッセンジャーは今季から日本人登録となり、
助っ人枠をより充実させることができる。

予想まとめ

  • オフに積極的に補強
  • ガルシア、西と「勝ち」が見込める投手を獲得
  • メッセンジャーが日本人登録に
  • セ界一とも言える「投手王国」に
  • 前年に比べ(大幅な)戦力アップ
  • Aクラスどころか、優勝も狙える位置へ
  • 福留、糸井、両主力ベテランの年齢
  • メッセンジャーの年齢
  • 優勝へのカギは「野手」
  • 矢野燿大・新監督(元捕手)の采配力に期待
  • 4番候補マルテを獲得
  • 藤浪・復調の予感
  • 19年のリーグ順位は2位と予想 ※現時点

阪神選手・監督雑学

【鉄人・金本知憲トリビア】

愛称「アニキ」でも知られる、
鉄人・金本知憲。

連続試合出場は1766。
実は、この記録は「意外な形」で連続試合出場が途切れてしまった事はご存知だろうか。

その意外な出来事とは
2011年4月15日の中日戦(ナゴヤドーム)。

1998年7月から続けてきた連続試合出場が
1766で途切れてしまう。
その理由は、
一塁走者「俊介の盗塁失敗」。

金本は八回2死一塁から代打で登場したが、
2球目に一塁走者の俊介が盗塁失敗。

ルール上、
打席に立ったことで出場自体は認められるが、
打撃の完了に至らず、
その裏の守備につかなかったため、
野球規則の連続試合出場の条件を満たせず、
記録は思わぬかたちで途切れてまった。

 
【連続フルイニング出場】
プロ野球記録の連続フルイニング出場1492は
前年の2010年4月に途切れた。




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク