野球守備比較。ノーバウンドとワンバウンド送球違い、メリット

スポンサーリンク

【野球守備実戦知識】ワンバウンド・バウンド送球のメリットを紹介 。巨人の坂本勇人内野手は打者の走力、状況に合わせてワンバウンド送球か、ノーバウンド送球かを考え、使い分けている。ワンバウンド送球、バウンド送球のメリットは、「ノーバウンドよりも正確」な点。

野球ワンバン・ノーバン

野球は点を取られなければ負けないスポーツ。
(野球はノーヒットでも点が取れるスポーツ。)

野球というスポーツは守備が重要である。

 
トップレベルではない
アマチュア野球をみていると、
ほとんどの選手は「ノーバウンド送球だけ」をしている。

結果、
悪送球をして打者が出塁してしまう。(記録はエラー)
アウトを取れたと思った投手から言わせてもらうと、たまったものではない。

 
ではプロ野球、
その中でもトップクラスの選手となるとどうだろうか。

西武・源田選手が出現するまでは
日本の守備No.1ショート、ショートといえば巨人の坂本勇人選手というイメージを持つ野球経験者は多いと思います。

そんな坂本内野手は
打者の走力、状況に合わせて
ワンバウンド送球か、ノーバウンド送球か
を考え使い分けている。

 
坂本内野手以外にも
プロではワンバウンド送球をする選手をよくみかける。

プロの世界、トップレベルの世界での
打者の一塁到達タイムは3秒台後半~4秒台前半
の俊足と呼ばれる打者がたくさん存在する。

そんな環境の中で打者、
状況に合わせて送球をわけているのだ。

ワンバウンド送球のメリット

ワンバウンド送球、
バウンド送球のメリットは、
「ノーバウンドよりも正確」な点である。

ノーバウンド送球は
対象の的(横)+高さ(縦)が必要となる。

ワンバウンド・バウンド送球は
横のみである。

 
極論をいえば、
トップレベルを除くアマチュア選手は
無難に、堅実に「ワンバウンド送球だけ」をしていれば悪送球となる確率が減るだろう。

打者が左打ちで俊足となれば、
強く低めにワンバウンドスロー。

余裕を持ってアウトがとれると思えば、
横だけを意識して堅実にバウンドスロー

これでOKである。

これは内野手に限った事ではなく、
全ポジションでいえる事。

ノーバウンド送球しかしない選手が悪送球をするということは、おそらくまた悪送球をするだろう。
それは何故か。
ノーバウンド送球しか知らないからである。(ほとんどはこのケース)

指導者やアドバイスをするような選手がいれば、
知るきっかけがあると思うが、
なかなかワンバウンドを意識しているアマチュア選手(トップレベル、トップチームを除く)をあまりみたことがない。

スポンサーリンク

打者、状況に合わせて送球とかではなく、
ノーバウンド送球しかしない選手(選択肢がノーバウンド1つ)がほとんどなのである。

 
たまに、アマチュア選手で
「ワンバウンド送球しかない選手がいた。」
と思ったら三塁ベースから一塁ベースまで届かない肩の三塁手であった。

 
悪送球をするということは
・ボールが上手く握れていない
・体勢が悪い状態でのノーバウンドスロー
・そもそもがコントロールが悪い(実力不足)

のいずれかが主な原因かと思われます。
ワンバウンド送球については賛否両論あるようだが、悪送球が改善しないようであれば、
ワンバウンド送球、バウンド送球を参考にしていただければと思います。

いままでもノーバウンド送球のみで、
たまに悪送球をしてしまうという選手でも
ワンバウンド送球・バウンド送球の選択肢を増やすのも良いかと思います。

 
(実戦するかしないかはアナタ次第です)

守備の名手・小坂誠

守備職人・小坂誠選手(元ロッテ)
の守備力は伝説です。

「守備力・平成最強ショート」
「プロ野球史上最高の守備力」
との呼び声が高い
小坂誠選手の職人芸も忘れてはいけません。




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク