野球速度測定まとめ。自分で球速を測る方法&軟式と硬式の球速差

スポンサーリンク

自分で球速を測る方法やスピードガン球速計測の原理などをまとめて紹介。球速はボールの違いで差が出る場合もある!? 軟式と硬式球の球速差は5~10キロともいわれるが、軟式は「投げた時にボールが変形し、力が伝わりにくい」事で硬式に比べ球速が出にくいとの事

野球(球速)速度測定方法

▽野球の(球速)速度測定方法 ※一例

  • 【スピードガン】
    投手の球速を計測する代表的な方法。
    高性能なモデルほど、正確な球速が計測可能
  • 【スピードガンアプリ】
    スマートフォンで気軽に計測が可能
  •  

  • 【スピードガン機能内蔵ボール】
    手間なく計測が可能
  •  

  • 【ストップウォッチ】
    手動でのタッチ操作により誤差が生じる可能性あり。
    あくまでも目安程度
  •  

  • 【リアルピッチング】
    ROUND1(ラウンドワン)の
    SPO-CHA(スポッチャ)にて一部店舗で計測可能

スピードガン球速計測の原理

測定する物体に向けて電磁波を照射し、
物体による反射波を測定する。

警察がスピード違反の取り締まりに使う装置と同じ原理。(ドップラー効果により反射波の周波数が変化するため、発射波の周波数を比較する。)

【身近なドップラー効果】
救急車のサイレンの聞こえ方が距離などによって違くなる現象

軟式球と硬式球による球速差

軟式ボールと硬式ボールのスピードの差は
「5~10km/h」ともいわれています。

スポンサーリンク

軟式ボールは「投げた時にボールが変形し、力が伝わりにくい」
との理由から硬式球に比べ球速が出にくいという。

草野球(軟式球)で球速100km/hを出すと『速い』などといわれる場合がありますが、この場合、軟式球で100キロなので、硬式球であれば105~110km/h
となる可能性もある。

素人や野球経験が無い人には、なかなか100キロというスピードを出すのは難しいといわれる中、
プロ野球の始球式にて、130キロオーバー、140キロ超えを記録する有名人が数多く存在している。

ヤリ投げ・世界陸上選手権銅メダリストの村上幸史氏は
2015年の始球式で144キロ (横浜スタジアム)、
2009年の始球式で142キロ (横浜スタジアム)
を計測。

球速は過去に152km/hを計測した事もあり、野球の遠投は120m超との事。
球速と遠投ともにプロ野球の中でもトップクラスである。

(体育会の)テレビ番組放送では
球速140km/hオーバーを連発し、最速145km/hを計測。
この時のボールが軟式球だった事から、硬式球であれば更に球速が出ていた可能性もある

 
※初回投稿年:2014




 
ホーム ページトップ  

スポンサーリンク