プロ野球歴代本塁打数ランキングベスト10の血液型OかB

スポンサーリンク

【歴代本塁打数ランキング】O型かB型しかいないこのデータ。無視はできない興味深い結果。ゴリラの血液型はB型かO型しかいないという点も少なからず関係があるのか疑問だ。(ゴリラのA型は数少ないが存在する)そんなゴリラの平均握力は500kgほどあるといわれる。

プロ野球HRランキング

日本プロ野球、
歴代ホームランランキングベスト10は以下の通り。

NPB本塁打数ランキング
1位 O型 王貞治(巨) 868本
2位 B 野村克也(南) 657
3位 B 門田博光(南) 567
4位 B 山本浩二(広) 536
5位 B 清原和博(西) 525
6位 O 落合博満(中) 510
7位 O 張本勲(東) 504
7位 O 衣笠祥雄(広) 504
9位 O 大杉勝男(日) 486
10位 O 金本知憲(広) 476

※所属は出場試合数が最も多い球団

 
歴代本塁打数ベスト10全員の血液型が
O型もしくはB型しかいない。

この結果は偶然だけですまされるだろうか。

人間の筋力をはるかに越えた動物界最強、霊長類最強ともいわれる「ゴリラ」の血液型はB型かO型しかいない。

そんなモンスター(ゴリラ)の
平均握力は500kgほどあるとされ、
握力1トン説もあるほどの怪物。

ゴリラ血液型

(筋力では)とても人間がかなうような相手ではありません。

血液型と筋力の関係。
この血液型データは(パワー等と)何かしらの関係はあると考えられる。

 

さらに選手データは続く。

2014年に事実上の引退となった、ミスターフルスイング・中村紀洋は当時の現役トップとなる、
通算404本塁打を誇るスラッガー。
血液型はO型
出身は大阪府。

現役最強のホームランアーティスト・おかわり君こと
中村剛也は
通算385本塁打。 ※18年シーズン終了時点
血液型はO型
ノリ同様、出身は大阪府。

 

ここまできたら偶然か、必然か、
仮に偶然とするのならば、できすぎである。

動物の血液型

A、B、O、AB型の4種類の血液型
チンパンジー・オランウータン等

スポンサーリンク

 

B、O型の2種類
※ゴリラ(ヒガシローランドゴリラ) 、ハマグリ等

 

B型のみ
ヒツジ、クジラ
カエル、蛇、ワニ、※ゴリラ(ニシローランドゴリラ) 等

ゴリラトリビア

「ゴリラの血液型はB型しかいない」と言う情報を聞いたことがある人もいると思いますが、
実際はそうではないらしいです。(半分合っていて、半分間違いというところでしょうか。)

というのも、ゴリラには、実は3種類が存在し
1.「ニシローランドゴリラ」、
2.「ヒガシローランドゴリラ」、
3.「マウンテンゴリラ」
に別けられます。

ゴリラの種類

「ニシローランドゴリラ」は全員B型、
「ヒガシローランドゴリラ」はB型とO型、
「マウンテンゴリラ」はA型とO型

この結果から「ゴリラの血液型は全てB型」ではありません。
なぜこのような情報が出たのかは、定かではありませんが、
おそらくゴリラの中ではメジャーとされる
「ニシローランドゴリラ」が最大で約20万頭存在するのに対し、

マイナーとされる「ヒガシローランドゴリラ」が約5000頭程、
「マウンテンゴリラ」が1000頭足らずの為、
マイナーゴリラは省略されたのかもしれません。

※ゴリラのA型は数少ないが存在するようだ。



ホーム ページトップ  

スポンサーリンク