プロ野球ランキング・平成最強ベストナイン。投手打者トップ7

スポンサーリンク

【平成最強は誰だ】野村克也氏が選ぶ平成最強ベストナイン(TBS・S☆1)、フジテレビ系列のスポーツニュース番組、S-PARKでは「プロ野球選手100人が選ぶ平成最強投手&打者」としてプロ野球選手が投票する平成最強投手と平成最強打者のランキングトップ7を発表

野村克也平成ベストナイン

野村克也氏が
TBS系列スポーツ情報番組「S☆1」(エスワン)
に出演し、「平成の最強ベストナイン」を発表した。

投手の先発は、ダルビッシュ有
中継ぎは、遠山奬志
抑えは、佐々木主浩を指名。

※遠山奬志(とおやま しょうじ)
※本名:遠山昭治
※阪神監督時代の在籍選手

関連記事 
▼伝説の「遠山葛西スペシャル」(遠山→葛西→遠山→葛西)
野球のオープナーとショートスターター、ブルペンデー違いとは
投手部門
先発:ダルビッシュ有
中継:遠山奬志
抑え:佐々木主浩

捕手は古田敦也※
一塁は落合博満
二塁は辻発彦※
三塁は原辰徳
遊撃は宮本慎也※

※古田、辻、宮本はヤクルト監督時代の在籍選手

外野は
レフトは松井秀喜
センターは柳田悠岐
ライトはイチローを選んだ。

野手部門
捕手:古田敦也※
一塁:落合博満
二塁:辻発彦※
三塁:原辰徳
遊撃:宮本慎也※
左:松井秀喜、
中:柳田悠岐、
右:イチロー

「誰が指揮官に?」という質問には
「そんなの聞く必要ないね。俺でしょ。俺にやらせたら最高だろうね」と語った。

野村克也厳選・平成最強ベストナイン
1番(右)イチロー
2番(二)辻発彦
3番(左)松井秀喜
4番(一)落合博満
5番(三)原辰徳
6番(中)柳田悠岐
7番(捕)古田敦也
8番(遊)宮本慎也
9番(投)ダルビッシュ有

監督:野村克也

ダルビッシュがツイート

野村克也氏厳選「平成の最強ベストナイン」
に選ばれたダルビッシュ有投手が
Twitterに感謝のコメントを投稿。

プロが選ぶ平成最強選手

【プロ野球選手100人が選ぶ平成最強投手&打者】

フジテレビ系列のスポーツニュース番組、
S-PARK (スパーク)にて
「プロ野球100人分の1位 特別編」という企画の

プロ野球選手が投票する
平成最強投手と平成最強打者のランキングが発表された。

 
S-PARKは、2018年4月1日放送開始。
番組タイトルのS-PARKには、
SPORTS PARKという意味と、
スポーツの一瞬の閃光、きらめきというイメージを重ねているという

 
【プロが選ぶ平成最強ピッチャー TOP7】
1位 松坂大輔 (25票)
2位 ダルビッシュ有 (18票)
3位 大谷翔平 (15票)
4位 斉藤和巳 (9票)
5位 田中将大 (8票)
5位 菅野智之 (8票)
7位 野茂英雄 (3票)

【プロが選ぶ平成最強バッター TOP7】
1位 イチロー (23票)
2位 松井秀喜 (18票)
3位 大谷翔平 (15票)
3位 柳田悠岐 (15票)
5位 山田哲人 (7票)
6位 松井稼頭央 (4票)
7位 松中信彦 (3票)

出典:S-PARK

 

現役選手の投票とあってか、選手の世代が若い傾向にあるようだ。

イチロー、松井秀喜、松坂大輔といった選手は、

今の現役選手たちが少年時代に憧れなどから投票されたとも思われる。

そして、このランキングで投手と打者で共に3位にランクインした大谷翔平の存在感は大きい。

投手15票+打者15票の合計30票で実質最強1位ではないかと思いながらも、さすがは大谷さんといったところである。

最強バッター部門(3位~6位)では、走攻守そろったトリプルスリー達成者・柳田悠岐、山田哲人、松井稼頭央がランクイン。

最強バッターとありながらも、走ってもよしと言う打者が続いた。

7位は平成最後の三冠王・松中信彦がランクインした。

個人的平成最強TOP7

【max式・平成最強投手&打者TOP7】

現役プロ選手たちのみの投票という事で
90年代~2000年代に活躍した選手たちの投票が少なかったようにも思える。

そこで、
個人的に思う平成最強投手&打者TOP7を様々なデータ等も考慮し発表。

 
【個人的な平成最強ピッチャー TOP7】
1位 田中将大 (楽天・ヤンキース)
2位 ダルビッシュ有 (日本ハム・レンジャーズなど)
3位 大谷翔平 (日本ハム・エンジェルス)
4位 佐々木主浩 (横浜・マリナーズ)
5位 岩隈久志 (近鉄・楽天・マリナーズ)
6位 上原浩治 (巨人・レッドソックスなど)
7位 菅野智之 (巨人)

 
結果(成績)が全てではないが、
様々なデータも考慮した結果、
平成の怪物・松坂大輔は世間の1位という評価は度外視にした。

斉藤和巳は確かに最強投手と呼ばれる時代があったかもしれないが、期間が短い。

菅野は今後の活躍、のびしろも含め下位にランクイン。

他にも
黒田博樹、前田健太、藤川球児、岩瀬、斎藤雅樹、杉内、和田毅、金子千尋、菊池雄星ら
平成最強にふさわしい投手はたくさんいるが、厳選し以上のような結果となった。

 
【忘れてはいけない「ドクターK」杉内俊哉】
杉内の凄さがわかるデータを紹介。
2014年7月12日、
プロ野球史上最速で2000奪三振を記録※
した杉内俊哉投手(当時巨人)。
そのペースはダントツであった。

2000奪三振達成最速記録
1位:杉内俊哉 1930回 2/3
2位:石井一久 1967回 2/3
3位:江夏 豊 2072回

登板イニング1930回2/3での2000奪三振到達は、
石井一久の1967回2/3を抜きプロ野球史上最速。
2000奪三振達成はプロ野球史上22人目。

1イニングに1個以上三振を奪っている計算。
ドクターKにふさわしい記録だ。

※記録は2000奪三振達成当時のもの。(2014年7月12日)

 
【max式・平成最強バッター TOP7】
1位 大谷翔平 (日本ハム・エンジェルス)
2位 イチロー (オリックス・マリナーズなど)
3位 松井秀喜 (巨人・ヤンキースなど)
4位 青木宣親 (ヤクルトなど)
5位 A.カブレラ (西武・オリックスなど)
6位 T.ローズ (近鉄・巨人など)
7位 落合博満 (ロッテ・中日・巨人など)

 
打者では、
1位に大谷翔平を入れた。
数字(成績)ではイチロー、松井秀らに敵わないかもしれないが、
おそらく、彼以上の野球センス(実力)を持った日本人選手は平成終了の時点ではいないだろう。

7位には落合博満。
これはデータ(成績)だけでは無い、技術面なども考慮しての決断である。

柳田悠岐がTOP7には入らなかったが、外国人抜きであれば6位、外国人込みであれば8位といったところで、「今後の活躍の期待も込み」という事でどうでしょう。

松井稼頭央、山田哲人は
「走攻守」込みで、もっと評価したい選手。
ここでのランキングは「最強バッター」である。

スポンサーリンク

他にもセ・リーグでは
内川、T.ウッズ、マートン、横浜のロバート・ローズ、ペタジーニ、A.ラミレス、古田、筒香、丸、坂本勇人、阿部慎之助…

パ・リーグでは
小笠原道大、中村紀洋、松中信彦、和田一浩、中村剛也、城島、谷佳知、デストラーデ、ブライアント、秋山幸二、秋山翔吾ら

名前を挙げればきりがない。

 
平成も残りわずか。
平成最後の○○
この言葉を何度耳にしたことか。

来年、2019年の5月には、平成が終わり、新元号となります。

平成に変わる新しい元号の発表は4月1日以降に公表する方針です。

そんな中での
「平成最強投手&打者ランキング」
でした。

関連記事 
▼個人的ベストナイン。様々なデータなどをもとに最強オーダーを紹介
プロ野球歴代ベストナイン・最強オーダー。オレ流打撃理論

田中将大は高校時代まで捕手

【プロ野球異例トリビア】
~知られざるマー君ヒストリー。田中将大は高2春まで捕手だった~

 
ヤンキース・田中将大投手。
田中は高校時代まで捕手をしていたという、
投手としては異色の経歴をもつ事を知っているだろうか。

自分や周囲の状況を客観的に見る視点を磨けた理由として、
田中はこう語る。
「それはやっぱり、キャッチャーやってたからですよね。捕手の経験は今の自分にすごく関係があると思います。」

【小学生から捕手】
野球を始めたのは小1。
地元・兵庫県伊丹市のチームで、
「肩が強かったし、捕手がいないからやってくれと言われて」、マスクをかぶった。

「当時は投手に憧れもあったけれど、うまくリードできたなあと思う時とか、盗塁してきた走者を刺した時とか。色んな喜びを感じながらプレーしていた。」

チームメイトには巨人の坂本勇人がいた。
当時投手だった坂本は田中とバッテリーを組んだこともある。

田中将大捕手

出典:blog.goo.ne.jp

 
【高2春まで「投手兼捕手」】
中学時代には投手も兼ねるようになった。

駒大苫小牧高2年の春の選抜大会直前までは「投手兼捕手」だった。

選抜一回戦で先発し、完投勝利を挙げた以降、投手専念となる。

 
【甲子園成績】
甲子園成績 (北海道 駒大苫小牧)
05年春 2回戦 、05年夏 優勝
06年夏 準優勝

甲子園通算
2.41 78.1 10 奪三 92 自責 21

 
【楽天・野村監督との出会い】
楽天入りした2007年。
プロ一年目から先発ローテーションの一角を任された。
野村監督からは
「鉄は熱いうちに打て、みたいな感じで、投げ終わったらちょっと来いと。捕手目線で話をしてくれた。」

野村監督の下でプレーしたのは3年だったが、
「野球が大好きで、野球や配球に関する理論を数多く持ってある方。そういう監督さんが一番最初で、色々教えてもらえたのは僕の野球人生の中でも、すごく大きなこと」

と感謝する。

 
【田中は今でも捕球を意識している】
投球練習、キャッチボールでも捕球を意識していると話す。
「キャッチングは意識している。それも、捕手だったというのは大きいと思います」

参考:読売新聞

関連記事 
▼プロ野球最強88世代ヤンキース田中将大、マエケンら
プロ野球1988世代まとめ。最強世代、昭和63年~平成元年




ホーム ページトップ  

スポンサーリンク