プロ野球トップクラスのバッテリーから二塁へ盗塁できるタイムとは

プロ野球トリビア・データ
スポンサーリンク

プロ野球トップクラスのバッテリーから二盗は可能か。その目安となるタイムとは。バッテリーのミスが無い(ベストタイム)と仮定した場合、「誰も盗塁できない」という結論になる※久保康友投手 0.99秒+甲斐拓也捕手1.71秒=2.70秒に対し、赤星憲広=3.20秒=+0.50(秒)で盗塁失敗

プロ野球トップクラスのバッテリーから二盗は可能か

『プロ野球の一流バッテリーから二塁へ盗塁できるのか』
結論から言えば、バッテリーがミスをしなければ相当厳しいという事になる。

盗塁阻止=「バッテリーの共同作業」

投手がクイック(クイックタイム)がはやくても、
捕手が遅ければ盗塁を阻止する事はできない。

当然だが、逆もまたしかりである。
(投手のクイックが遅かったら、捕手がはやくても×)

 
具体的な数字で説明すると、
「スーパークイック」こと
久保康友投手(元ロッテ)のクイックタイムは0.99秒。

一方の捕手。
強肩で知られるソフトバンク・甲斐拓也捕手の二塁送球タイムは最速1.71秒

※プロの捕手では2.00秒以下で
『スローイングがはやい』、『強肩』と呼ばれる

スポンサーリンク

久保と甲斐がバッテリーを組んだと仮定した場合、
二塁送球までの(最速)タイムは2.70秒となる。
久保 0.99 + 甲斐 1.71 = 2.70

 
この数字に対し、
球界トップクラスの盗塁技術を持つ
元阪神のスピードスター、赤星憲広の盗塁タイムが(約)3.20秒。

つまり、この二人(久保・甲斐)からは誰も盗塁ができないと言う方程式ができる。
※バッテリーのミスが無い場合(ベストタイムの場合)

久保 0.99 + 甲斐 1.71 = 2.70
赤星 = 3.20
= +0.50 (秒)
=盗塁失敗

シーズン最高盗塁阻止率.644

古田敦也捕手。
彼は「ヤクルト最強捕手」、「平成最強キャッチャー」とも言われる程の名捕手。

シーズン盗塁阻止率.644は、いまだに破られていない記録(シーズン最高盗塁阻止率)

古田敦也はトップクラスのスローイングが早い捕手だった。
捕球から送球までの動作が素早いのと、
強肩の為、送球タイムは1.80秒を切っていた



スポンサーリンク